就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳児の歩く時期や前兆は?歩くのが遅い子の為に出来ること

1歳児の歩く時期や前兆は?歩くのが遅い子の為に出来ること

まわりの子が歩き始める中で、自分の子どもだけが1歳をすぎてもなかなか歩いてくれないと心配ですよね。子どもが歩き始める平均的な時期はいつなのでしょうか。歩き始める前兆はどんなことがあるのでしょうか。歩くのが遅い子に対して親として何ができるのでしょうか。1歳児のはじめての一歩についてまとめました。

平均的な歩き始める時期と前兆は?

歩き始める平均的な時期はいつ?

赤ちゃんがハイハイで色々なところを動き回り、立てるようになると「そろそろ歩き始めるかな」と期待がふくらみますよね。赤ちゃんが歩き始める平均的な時期はいつ頃なのでしょうか?

歩く前の赤ちゃんの移動手段はハイハイですね。赤ちゃんはおおよそ8カ月頃からハイハイをするようになり、色々なところを動き回ります。全身を使ってハイハイをしますから、全身の筋力が鍛えられるのですね。

全身の筋力がついてくると、9カ月頃には物につかまって立つ「つかまり立ち」をする子も出てきはじめます。つかまり立ちが安定してくる10カ月頃には、物につかまりながら歩く「伝い歩き」をするようになるのです。1人で歩くにはまだバランス感覚が養われていないので、物につかまって歩いているのですね。

伝い歩きを繰り返しているうちに、バランス感覚も養われてきて、転んでも対応できる反射神経も発達すると、早くて10カ月で手を離して歩けるようになる子もいます。歩き始めるのが遅い子でも1歳半には歩き始める子がほとんどで、平均して1歳前後が赤ちゃんの歩き始める平均的な時期になります。

歩き始めるまえの前兆は?

赤ちゃんが歩き始めるためにはどんな前兆があるのでしょうか?その前兆を見逃さず我が子の歩き始める瞬間を見たいですよね。

赤ちゃんはつかまり立ちをしながら、テレビを見て手拍子したり、おもちゃを取ろうとして、次第につかまっている手を離しても上手に立てるようになります。つかまっていた手が離れてもしっかりと立てるようになれば、歩くのに必要な筋力とバランス感覚が養われてきたということですね。

そのうちに物につかまって歩く「伝い歩き」で歩き始めるようになりますから、1人で歩き始めるのももう少しです。赤ちゃんが怖がらなければ「はじめての一歩」がみられるかもしれません。

または、支えなく座っている状態から立つ動作を繰り返すことで、歩き始めることもあるようです。この動作を繰り返すには、バランス感覚がないとできないですから、赤ちゃんが床に座って遊んでいるときに、立とうとするのをみたら、注意してみておきましょう。

こうした動作がみられたときに注意深くみておくことで「はじめての一歩」を見ることができるかもしれませんよ。

歩くのが遅くても心配しないで!

歩き始めが1歳半より遅い子もいる

赤ちゃんが歩き始める時期が10カ月から1歳半ときいて、自分の子が1歳半過ぎているのに歩き始めないと心配になりますよね。この時期はあくまでも目安です。歩き始める時期は、赤ちゃんの性別や性格、身長、体重などが影響を受けるといわれています。

体格がよく、体や頭が重い赤ちゃんは歩き始めるのが遅くなります。体重を支えるための筋力とバランス感覚を養うのに、小柄の赤ちゃんよりも時間がかかるためです。首がすわる、寝返りをすることに関係している筋力の発達が遅い場合も、歩き始めの時期が遅くなる傾向があるようです。

体の発達だけでなく、性格が影響することもあります。怖がりの性格で、歩き始めることに怖さを感じたら一歩歩き出すまでに時間がかかってしまいます。消極的な性格であれば「歩きたい」という欲求を感じることもないでしょうから、積極的に歩こうとしないでしょう。

子どもの歩き始めが遅いと心配になる気持ちはよく分かりますが、個人差と思って気長に見守ってあげてくださいね。親が不安そうな表情をしていると子どもに伝わってしまいますよ。

歩くのが遅くても運動神経には関係ない

赤ちゃんの歩き始めるのが遅いと、何が原因で遅いのか知りたくなりますね。「私が運動神経が悪いから歩き始めるのが遅いのかな」と思っているママもいるのではないでしょうか?

「歩く」ことは運動の一つになりますから、運動神経とつなげて考えるママもいるようです。しかし、赤ちゃんの歩き始める時期と運動神経は関係ないといわれています。

赤ちゃんが早い時期に歩いたからといって、運動神経がよいともいえないですし、遅い時期に歩いても運動神経が悪いというわけではないようです。もちろん成長してからの運動神経にも歩き始める時期は関係ないですよ。歩き始めることと運動神経に関連性がないと分かったら安心ですね。

運動神経は、親からの遺伝と本人の努力で決まるようです。親でもママの方の運動神経が遺伝しやすいともいわれています。

脳と体を結びつける神経系がもっとも発達するのは、小学生の時期のようです。運動神経をよくしたい場合は、小学生の頃に運動能力が発達するように働きかける必要がありそうです。この時期に本人の努力が必要になるのですね。

1歳児の歩く練習の必要性と出来ること

歩き始めが遅い子の練習は必要なの?

歩き始めるのが遅ければ、練習したら早く歩けるようになるのでしょうか?早く歩いてほしいと、赤ちゃんの体や心の準備ができていないうちに、親が強制的に歩かせようとするのはやめましょう。バランスをくずしてケガをしたり、歩き方がおかしくなったりする可能性があります。

一度怖い思いをすると、それ以降歩こうとしなくなることもありますので、無理やりに歩かせようとしてよいことはありませんね。ですから、無理な練習は必要ありません。

しかし、自然と歩くことに興味がいくような働きかけは大事かもしれません。「歩くっておもしろいな」と赤ちゃんが思えたり、楽しみながら歩けたら、それが一番理想的です。練習というより遊びを通して自然にできるとよいですね。

遊びながら成長を促してあげよう

子どもは遊びを通して色々なことを学びます。歩けるように働きかけるのも遊びを通してなら、自然に自分から動いてくれるかもしれませんね。

まずは、手押し車を押して歩くことの楽しさを体験してもらうのもよいですね。ハイハイしていたときよりも目線が高くなり、初めて見る世界に歩くことへの興味がわいたら歩こうとするかもしれません。

そのほかにも、親の両足に赤ちゃんの足を乗せて、ペンギン歩きをしてみましょう。歩くという感覚を養うとともに、新しい感覚に喜んでくれますよ。

つかまり立ちしているときに、少し離れた場所に大好きなおもちゃを置いて歩くのをうながしてもよいですね。おもちゃで遊びたくて「はじめての一歩」が出ることがあるかもしれません。

歩くための環境づくりをしてみよう

赤ちゃんが安心して歩くために、部屋の中の環境を整えましょう。できるだけ床に置く物を少なくして広いスペースを作ってあげましょう。子どもが歩こうと思っても、物が多すぎるとすぐに物につかまって伝い歩きをしてしまいますよ。

また、歩くバランスをとりやすいように床はマットを敷くなどして滑りにくくしましょう。赤ちゃんも靴下は履かず裸足がよいですね。大人でも滑りやすいと歩きにくいですから、けが防止のためにも必要ですね。

何度も転んだり、尻もちをつきながら歩き始めるでしょうから、転んだときにけがをしないように角のある家具には保護材を付けましょう。まだまだ歩かないと思っても、突然できることがありますから、普段から環境を整えておきましょう。

まとめ

子どもの発達のスピードはその子それぞれと分かっていても、ついまわりの子と比較してしまいますよね。歩くという重要な動作であればなおさらです。

赤ちゃんが歩き始めるのは、筋力とバランス感覚と歩きたい欲求が成熟したときですので、その条件が揃うまで温かく見守る必要がありそうです。歩き始める平均年齢はあくまでも目安で、それに当てはめても仕方ありませんね。

歩き始めるのが遅くなっても、歩くのをうながす遊びをしたり、環境づくりをして、焦らず気長に赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018