就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

和室で出産はできる?和室出産のメリットデメリットについて紹介

和室で出産はできる?和室出産のメリットデメリットについて紹介

期待と不安が入り混じる出産の時間は、なるべく心地よく安心できる環境で迎えたいですよね。最近は、和室で出産することに人気がでてきています。和室で出産するにはどのようなところに相談すればよいのでしょうか。また、和室で出産するメリットやデメリットを紹介します。

和室で出産分娩できるケースが増えている

助産院で出産するケース

多くの人が出産をする場所は産院や診療所ですが、助産院や自宅などで出産することを選択する人が増えています。助産院とは、お産の専門家である助産師がいる出産施設で、家庭的な雰囲気が特徴です。和室が備えてあることが多く、分娩台で出産をするよりもリラックスした気持ちでお産ができるといわれています。

助産院は、担当の助産師に妊婦健診、出産、産後ケアまでお世話になることが多いようです。同じ助産師さんとずっとお付き合いできるので、お互いに人間関係も形成でき、出産当日も安心して迎えることができるのはうれしいですね。

また、産院ほどは混みあわないため、ゆったりと時間をかけて健診や相談にのってもらうことができます。

産院でも和室が増えている

産院でも和室を備えるところが増えてきました。陣痛の間、和室で過ごすことができたり、和室で分娩までできたりとさまざまです。

病院のベッドや分娩台は、どこか冷たく怖い印象だったり、さまざまな機器が並んでいる様子に不安を感じてしまったりすることがありますね。和室であれば妊婦さんも助産師もリラックスした気持ちになれて、なおかつ、万が一のときにすぐに医師が対応できるというのは安心ですよね。

院内助産として、産院の中に助産院が設けられているところもあります。2018年には日本看護協会から「院内助産・助産師外来ガイドライン2018」が発表されました。これからさらに院内助産開設などの動きが増える可能性もあります。

自宅の和室で出産することも

和室で出産するなかでも、自宅の和室で出産することができれば、よりリラックスしてお産をすることができるでしょう。

出産前に考える不安なことの一つに、「陣痛が来てから産院や助産院に無事行くことができるか」があります。「パパがいないときに陣痛が来たらどうしよう」とか「小さい子を連れて移動できるか」などいろいろなケースがあるでしょう。しかし、自宅で出産すれば、移動することの不安はなくなります。

また、ほかのお産と重なることもありませんので、知らない人に気を遣うということがありません。

自宅出産をしたあるママの場合は、妊婦健診も助産師さんに毎回自宅に来てもらい、ゆっくりと話をしながらマッサージをしてもらったり、栄養のアドバイスを受けたりもしたそうです。

内祝いをする時に知っておきたい、おすすめギフトブック「Haresaki」

PR

出産のお祝いに対して「内祝い」をする時、何を贈ればいいのか悩みますよね。準備しようにも、出産後は赤ちゃん中心の生活で、買いに行くことも時間的・体力的に大変です。今回は「内祝い」のマナーから、自宅で購入できるお祝い返しギフト専用サイト、出産内祝いだけでなくお歳暮や入学祝いにも人気の最新カタログ情報をお伝えします。

和室で出産するメリットはなに?

フリースタイル出産ができる

通常の分娩台での出産は、妊婦さんが仰向けの姿勢で出産しますが、これは赤ちゃんを取り上げるために都合がよいスタイルといわれています。そこで、妊婦さんに無理のない姿勢や、赤ちゃんが下りてきやすい姿勢をとることができるのがフリースタイル出産です。

アクティブバースともいわれ、今では世界各国から注目されています。日本では古くから行なわれている出産方法で、和室はフリースタイル出産に適しているのです。

フリースタイル出産は、妊婦さんが受け身ではなく、「産む」という意識をもって積極的に出産ができるため、精神的に安定するといわれています。また、体勢もある程度自由に動かせるので無理な力を入れることなく体力消耗も少なくてすむことが多いようです。

付き添いの家族も楽に過ごせる

出産は時間がかかることが多いので、パパや兄弟など付き添う人もかなりの時間をその部屋で過ごすことになります。特に、小さな子どもは寝てしまったりおもちゃで遊んでいたりするので、ある程度自由に過ごせる場所が欲しいですよね。

和室であれば、疲れたときにはゴロゴロと寝ることもできますし、家と同じように靴を脱いでくつろぐことができます。出産が終わった後のひとときも、みんなで自由な姿勢でゆったりと過ごすことができるのはうれしいですよね。

和室で二人目を出産した方の話では、ゆっくりカンガルーケアができたり、パパと3歳のお姉ちゃんがへその緒を切ってくれたりして、幸せなお産をすることができてよかったということでした。

陣痛室から分娩室へ移動する必要がない

分娩台での出産の場合、一般的には陣痛室と分娩室が分かれており、陣痛の痛みがひいた間などに歩いて移動する必要があります。また、お産が重なったときには陣痛室も使えず、病室などで陣痛に耐えて分娩室までかなり歩いたという話も聞いたことがあります。

しかし、和室出産は陣痛から出産まで一つの部屋で過ごすようになっていることが多いため、途中で移動することがありません。

陣痛でつらいときに、「いつ移動するの?」などと不安になる要素もなくなりますし、陣痛が長時間続いた場合などはかなり疲れるので、なるべく動きたくないということもあります。一つの布団の上で分娩までいられることは、妊婦さんにとっては精神的に楽になるメリットといえるでしょう。

和室で出産するデメリットと注意点

和室出産ができない場合もある

和室ですべての出産ができるわけではありません。無痛分娩や、帝王切開などは医師が必要なので、助産院や自宅ではできません。

そのほかにも助産院で産むことができないケースとして日本助産師会が定めたガイドラインがありますので、その一部を紹介します。
・多胎妊娠
・切迫流早産
・妊娠中に発症や悪化するおそれがある病気の方
・出産予定日を大幅に過ぎている

また、助産院で産むことができるかもしれないけれど、医師にもかかることを勧められているケースもあります。
・不妊治療後の妊娠
・流産を経験したことがある
・今までの出産で出血など問題があった
・先天性疾患のある子を産んだことがある

さまざまなケースがありますので、医師や助産師に出産方法の希望を相談しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC