就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後のお見舞いはいつがいい?お見舞いのマナーや喜ばれる差し入れ

産後のお見舞いはいつがいい?お見舞いのマナーや喜ばれる差し入れ

親しい友人や親戚から出産報告を受けると、産後のお見舞いに行くべきか悩みますよね。お見舞いに行くタイミング、お見舞いに行くときに気をつけるべきマナー、お見舞いの品の選び方など、産後のお見舞いをするにあたり、押さえておきたいポイントについてご紹介したいと思います。

気をつけよう!産後のお見舞いのマナー

家族以外のお見舞いはいつから?

産後のお見舞いは身内の方ばかりが行くものだと思われがちですが、「友人が赤ちゃんを見にきてくれて嬉しかった」と友人のお見舞いを歓迎する声も多いもの。

はじめての育児に直面し、慣れない赤ちゃんのお世話に奮闘しているママにとって、友人と過ごすひとときがよい息抜きになることもあるのです。

とはいえ、入院中のお見舞いはなにかと気を遣うもの。出産当日や翌日はまだ出産の疲労や切開の痛みなども続いていて、身内の方のお見舞いでさえ対応できない状態であることも珍しくありません。また、退院の日もなにかとバタバタしがちですので、避けたほうがよいでしょう。友人や知人のお見舞いは、入院の中〜後半の時期に、短時間で済ませるのがよいですよ。

アポなしでのお見舞いは避けよう

産後の入院中のママはなにかと忙しいもの。出産の当日や翌日はゆっくり休むことができたとしても、退院後の赤ちゃんとの生活に向けて、入院中にはさまざまな指導が行われます。

出産当日や翌日から母子同室で過ごすことも珍しくなく、数時間ごとの授乳やミルクづくり、オムツ替えなど、はじめての育児が始まります。また、医師の問診、授乳や沐浴の指導、退院後についての指導もおこなわれます。

ママはその忙しいスケジュールの合間に食事やシャワーなどもしているため、なにかとバタバタとしがち。時間があるときには少しでも体を休ませたいことでしょう。親戚の面会の予定もあるかもしれないので、アポなしでのお見舞いは避け、事前に確認してから伺うようにしましょう。

ママの体調を考えて長居しないようにしよう

産後のママは心身ともに疲れ果て、体力の消耗も相当なものです。たとえママ本人から「ぜひお見舞いにきて」といわれたとしても長居はせず、30分程度で切り上げるようにするとよいでしょう。

また、産後はママもなにかと神経質になってピリピリしがちですので、以下のような点に気をつけましょう。
・手指の消毒やマスクの着用など、病院の面会ルールに従って行動する
・赤ちゃんを抱っこしたいときには、ママの確認をとってから
・お見舞いに行く人の人数を勝手にふやさない、大人数でおしかけない
・自分の子どもや男性を連れていかない
・お見舞いのときにとった写真をママの同意なくSNSなどに勝手にアップしない
・お見舞い中に助産師の回診や授乳指導などが入ったときには席を外す

出産入院中の差し入れのポイントは?

日持ちしないものや洋菓子は避けよう

ベビー服やおむつケーキなどの出産祝い、また現金でのお祝いは、入院中に渡すと管理に手をわずらわせてしまいます。退院後に直接渡しに行くか、郵送で贈るとよいでしょう。

お見舞いのときには出産祝いは持たず、サッと顔を見るだけでもよい、とはいえ、手ぶらで行くのは気がひけるもの。手土産を選ぶときには、以下の点に注意して選ぶようにしましょう。

・生ものは食べきれないこともあるので、日持ちするものがよい
・冷蔵庫が使えない場合もあるので、常温保存ができるものにする
・母乳トラブルが起こりやすい、生クリームや甘いものは避ける
・卵など、アレルギー反応の出ないもの(ママ自身にもアレルギーがないか確認しておく)
・カフェインの入っていないものにする

喉の渇きを潤す、飲み物やゼリーがおすすめ

さまざまな手土産の種類がある中でも、産後のママに人気の高いのがジュースやゼリーなどの「飲み物」。

授乳中のママであればとにかく喉が乾くので、授乳の合間に手軽に飲める、ストロー付きの果汁100%のジュースや野菜ジュースの詰合せはよろこばれることが多いですよ。産後に食欲がわかないママにも好評です。ただし、あまり大量に持っていった場合、退院のときに荷物になってしまう恐れがあります。あくまでも入院中に飲みきれる量にしておくとよいでしょう。

乳腺炎予防のためにカロリーの高いスイーツを控えているママにはゼリーもよろこばれやすいです。食べやすいカップに入っていたり、体にやさしい素材が使われていたりするものだとより好評なようですよ。

相手が何がほしいか確認しよう!

「出産をがんばったママに何か差し入れをしたい!」という気持ちから、あれこれ悩んでしまうこともあるかとは思いますが、まず大切なのは「ママ自身が何を望んでいるか」ということ。

ほかの友人や親戚の方も同じくお見舞いの品を持ってきていて、病室がものであふれかえっていることもあります。また、ジュースよりもカフェインレスのコーヒーやハーブティーが飲みたい、果物より水ようかんの方がよいなど、ママ自身の好みもあることでしょう。

よかれと思って持参しても、本人の希望と異なる場合にはありがた迷惑になってしまう可能性があります。お見舞いのアポを取るときに何かほしいものがないか確認し、「本人がいまほしいと思っているもの」を差し入れするのがよいですよ。

差し入れにおすすめの飲み物やゼリーは?

青森県産ブレンドりんごジュース

ママ自身が一息つきたいときに気軽に水分補給ができるだけでなく、お見舞いに来てくれる身内や友人、大部屋の場合には同じ病室の方にもおすそ分けしやすいと人気が高いジュース。

たとえ病院内に自動販売機があったとしても、出産やはじめての育児で疲れた体を引きずってわざわざ移動することは、産後のママにはとても大変なことなのです。

ひろさと舎の「青森県産ブレンドりんごジュース」の詰合せなら、青森産のりんごを100%使用している無添加、無加水のストレートジュースなので、食の安全性にこだわるママにも安心して飲んでもらえ、おすすめです。180mlの飲みきりサイズのジュースが12本入っている詰合せですので、差し入れとしてちょうどよいですよ。

カフェインレスのルイボスティー

授乳中のママはつい神経質になりがち。食べ物や飲み物を差し入れたとしても、その中にアレルギー反応をおこすものやカフェインが含まれていないかを気にするママは多くいます。緑茶やウーロン茶など、微量のカフェインが入っている飲み物でさえ気にするママもいるほどなのです。

ルイボスティーはカフェインレスなので妊娠中から愛飲しているママも多く、産後の授乳中でも飲めるので、産後の差し入れとしてよろこばれることが多いようです。また、カフェインレスのコーヒーやオーガニックのハーブティーも人気です。ママの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

スティックタイプやティーパックのタイプのものだとお湯を注ぐだけで手軽に飲めるので差し入れとしておすすめですよ。

吸うタイプ 極々果実ちゅうちゅうゼリー

妊娠や出産を経て変わった体をもとの状態に戻したり、出産での疲れをいやしたりするために、ママは少なくとも産後1カ月の間は安静に過ごさなければなりません。産後すぐの時期である入院中であればなおさら、赤ちゃんのお世話以外はベッドで横になって体を休める必要があるのです。

そんな産後のママにとって、起き上がらずに食べられる食べ物や飲み物の差し入れはありがたいもの。

田那部青果の「極々果実ちゅうちゅうゼリー」であれば、甘夏、みかん、伊予柑などの愛媛県産の柑橘のおいしさをギュッと濃縮した、吸うタイプのゼリーの詰め合わせなので、ベッドから起き上がらずに食べられるのでおすすめ。季節によって異なる5種類の味が、それぞれ2個ずつ入っていて人気ですよ。

まとめ

出産の報告とともに「ぜひお見舞いに来てね」とママ本人からいわれると嬉しくなりますよね。出産を終えたママへのいたわりの気持ちや、赤ちゃんが誕生したことへのお祝いの気持ちを伝えるために、ぜひともお見舞いに伺いたくなりますよね。

この記事を通して、産後のお見舞いにいくときに気をつけておきたいマナーや、お見舞いの品を選ぶときのポイントについて学び、相手の方によろこんでいただく一助となれば幸いに思います。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018