就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後のお見舞いはいつがいい?お見舞いのマナーや喜ばれる差し入れ

産後のお見舞いはいつがいい?お見舞いのマナーや喜ばれる差し入れ

カフェインレスのルイボスティー

授乳中のママはつい神経質になりがち。食べ物や飲み物を差し入れたとしても、その中にアレルギー反応をおこすものやカフェインが含まれていないかを気にするママは多くいます。緑茶やウーロン茶など、微量のカフェインが入っている飲み物でさえ気にするママもいるほどなのです。

ルイボスティーはカフェインレスなので妊娠中から愛飲しているママも多く、産後の授乳中でも飲めるので、産後の差し入れとしてよろこばれることが多いようです。また、カフェインレスのコーヒーやオーガニックのハーブティーも人気です。ママの好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

スティックタイプやティーパックのタイプのものだとお湯を注ぐだけで手軽に飲めるので差し入れとしておすすめですよ。

吸うタイプ 極々果実ちゅうちゅうゼリー

妊娠や出産を経て変わった体をもとの状態に戻したり、出産での疲れをいやしたりするために、ママは少なくとも産後1カ月の間は安静に過ごさなければなりません。産後すぐの時期である入院中であればなおさら、赤ちゃんのお世話以外はベッドで横になって体を休める必要があるのです。

そんな産後のママにとって、起き上がらずに食べられる食べ物や飲み物の差し入れはありがたいもの。

田那部青果の「極々果実ちゅうちゅうゼリー」であれば、甘夏、みかん、伊予柑などの愛媛県産の柑橘のおいしさをギュッと濃縮した、吸うタイプのゼリーの詰め合わせなので、ベッドから起き上がらずに食べられるのでおすすめ。季節によって異なる5種類の味が、それぞれ2個ずつ入っていて人気ですよ。

まとめ

出産の報告とともに「ぜひお見舞いに来てね」とママ本人からいわれると嬉しくなりますよね。出産を終えたママへのいたわりの気持ちや、赤ちゃんが誕生したことへのお祝いの気持ちを伝えるために、ぜひともお見舞いに伺いたくなりますよね。

この記事を通して、産後のお見舞いにいくときに気をつけておきたいマナーや、お見舞いの品を選ぶときのポイントについて学び、相手の方によろこんでいただく一助となれば幸いに思います。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND