就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産間近でドキドキのママ!体調の変化ややっておくべきこと

出産間近でドキドキのママ!体調の変化ややっておくべきこと

出産間近のママは、ちょっとした体調の変化や出産への不安、産後の育児へのプレッシャーなどでなにかとナーバスになってしまいますよね。そんなママの不安を少しでも解消するために、出産間近のときに気をつけておきたいポイントについてご紹介していきたいと思います。

出産間近のおりものや体調はどう変わる?

知っておきたい臨月のおりものの変化

臨月が近くなると、お腹が大きくなること以外にも母体にはさまざまな変化が起こり、少しずつ出産への準備がはじまっていきます。

「おりもの」の変化もその一つ。子宮や膣からの分泌物や古い細胞などがまじりあったものをおりものといいますが、妊娠後期にはこのおりものにも以下のような変化が見られます。

・量が増えてどろっとした塊になる
・半透明、茶色、黄色などに変わる
・臭いがきつくなる
・ゼリー状にならず、水っぽくなる場合もある

人によっておりものの変化はさまざまですが、臭いやかゆみがきつい場合には細菌感染症やカンジダ腟炎の可能性もありますし、血が混じる場合には「おしるし」であることも。少しでも不安な症状が見られるときには医師に相談してくださいね。

すぐにイライラしたり落ち込んだりする

待ちに待った赤ちゃんとの対面を目前にひかえた臨月。心おだやかに出産に臨みたいところですが、この時期に情緒不安定になってしまう妊婦の方は少なくありません。

・お腹が大きくなって思うように動けない
・圧迫感を感じるため仰向けで寝られず、熟睡できない
・出産への不安
・夫や上の子、里帰り先での不満

臨月の時期には上記のようなことに対してイライラが発生しがち。エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増え、イライラを誘発していることも一因だとされています。

また「子どもをきちんと育てられるだろうか」と心配したり落ち込んだりすることもよくあります。映画を観たりハーブティーを飲んだりするなど、自分なりの方法でイライラや不安を解消するとよいですよ。

もうすぐ生まれるかも!覚えておきたい兆候

出産が近づくにつれて、体にはどのような兆候があらわれるのでしょうか。出産につながる予兆としては、以下のようなものが挙げられます。

・赤ちゃんが下がってくることで、恥骨や足の付け根が痛くなる
・昼間でも強烈な眠気におそわれる
・赤ちゃんが下がると胃への圧迫感が減り、お腹がすくようになる
・便秘が解消する、下痢気味になる
・赤ちゃんが下がることで膀胱が圧迫され、頻尿になる

上記のような予兆があらわれると、「そろそろお産かな」とドキドキしますよね。出産直前には「おしるし」「前期破水」「前駆陣痛」といった前兆がおこる場合もあります。いずれの場合も、入院準備を万全にし、いつでも入院できるよう心づもりをしておくとよいでしょう。

出産まであと少し!気をつけるべきことは?

暴飲暴食はNG!高血圧や体重増加の原因に

鉄分・カルシウム・食物繊維などをバランスよく摂取する、生肉や生卵をさける、揚げ物や甘いスイーツなどのハイカロリーなものをさける、アルコール飲料やカフェインをさけるなど、妊娠期間中の食事には気をつけるべきことがたくさんありますよね。

臨月までは栄養バランスや体重増加に気をつけて生活してきたという方でも、里帰りをして気がゆるんだり、赤ちゃんが下がって胃への圧迫感が減ったりすることで、つい食欲が増してしまうことがよくあります。臨月になってから極端に体重が増えた場合、難産や産後太りにつながってしまうので暴飲暴食は避けましょう。

臨月はむくみや高血圧の症状も出やすくなる時期ですので、塩分を控えた薄口の味付けの食事を心がけましょう。

車の運転や遠出は控えよう

妊娠37週から41週の「正産期」のときは、赤ちゃんはいつ生まれてもおかしくない状態にあります。陣痛や破水が起こるタイミングを予測することは難しいため、臨月のお出かけには慎重になってしまうママは多いことでしょう。

妊娠の経過が順調であれば、気分転換や運動をかねて外出したほうがよい場合もありますが、以下の点に気をつけるようにしましょう。

・旅行や遠出をさけ、外出するなら入院予定の病院に近い場所にする
・長時間の外出をさける
・混雑した場所はさけ、風邪やインフルエンザが流行っている時期には外出をさける
・こまめに休憩をとる
・なるべくほかの家族に付き添ってもらう
・万が一のために陣痛タクシーに登録しておく

転倒などのケガに注意、家事もほどほどに

赤ちゃんがお腹の中で成長するにしたがい、ママのお腹もますます大きくなりますよね。次第に足元が見えづらくなり、バランスも取りにくくなるため、転倒する危険性が増します。

いくら注意して歩いていても、ちょっとした段差でつまづいたり転倒したりすることはよくありますが、赤ちゃんは羊水でつつまれているため、多少の衝撃では影響がないことがほとんどです。ただし、お腹の張りや痛み、破水、出血が見られる場合にはすぐに病院を受診するようにしましょう。

・かかとが低く、すべりにくいものを履く
・両手はなるべく空けておく
・ゆっくり歩く
・浴室はすべりやすいので気をつけ、掃除は家族にお願いする

以上のように転倒などのケガに注意し、家事はほどほどに過ごすようにしましょう。

無事に出産するためにやっておきたいこと

子宮口を開くための運動を心がけよう

臨月になると陣痛を促すホルモンの分泌が増え、子宮口とその周りの筋肉が次第に柔らかくなります。それにともなって子宮口が広がったり子宮頸管が短くなったりしてくると、いよいよ出産間近となります。

この状態で陣痛がきたらすぐにお産がはじまるわけではなく、あまりに子宮口が小さいと赤ちゃんは出てこられないため、子宮口が約10cmの全開大になるまではお産をはじめることはできません。人によってはなかなか開かないため、陣痛の痛みにひたすら耐えながら、子宮口が全開大になるまで待たなければならないのです。

子宮口をなるべく早く全開大にまで広げるポイントは「体を冷やさない」ことと「毎日の適度な運動」です。ウォーキングや階段の上り下りなどの運動を取り入れるようにしましょう。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事