就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産入院バッグはどう選ぶ?持ち物リストやバッグ内の収納術を紹介

出産入院バッグはどう選ぶ?持ち物リストやバッグ内の収納術を紹介

病院で用意してくれるものもチェック

事前にチェックしておくと安心

入院グッズはママが用意して持って行くものと、病院側で用意してくれるものがあります。出産入院時に持ち物を減らせるように、事前に病院側で準備してくれるものを確認しておくと安心ですよ。

最近の産婦人科や病院では、新生児用の紙おむつ、おしり拭き、入院中に赤ちゃんに着せる肌着、ベビー服、粉ミルク、哺乳瓶などを用意してくれるところが多いです。ですから、入院中の赤ちゃんのお世話グッズはガーゼぐらいでよいところがほとんどなので、入院期間は赤ちゃんのお世話グッズに困ることはないでしょう。

また、ママが入院中に使用するスリッパや、ティッシュペーパー、歯磨きセット、シャンプー、リンス、ボディソープなども病院側が準備してくれるところがあります。入院中のお風呂タイムはママのリラックスできる時間でもあるので、お気に入りのシャンプーなどを持っていくのもよいですよ。

ほかにも、赤ちゃんの授乳で使用する授乳クッションや、出産後に会陰切開などでベッドに普通に座れないママのためにドーナツクッションが置いてある病院も多いですよ。

寝具類をレンタルしてくれる病院も

出産入院期間は、初めてのお産のママで約1週間といわれています。しかし、ママの体調によっては入院が長引くことも珍しくありません。約1週間の入院生活のために、パジャマなどを入院予定の日数分持って行くのは荷物が多くなり大変ですよね。産婦人科や病院によっては、ママの寝具類をレンタルしてくれるところもありますよ。

先輩ママの話では、パパは仕事で忙しいので毎日お見舞いにくることが難しく、洗濯を頼むことができず、「入院準備物が多くなる」と困っていたそうです。病院のスタッフの方に相談してみると病院で寝具類がレンタルできることが分かったので、持ち物も減り入院生活も快適にすごすことができたと話してくれました。

病室はエアコンもきいているため、「パジャマの枚数はそんなにいらないでしょう」と思う方も多いかもしれませんが、初めての赤ちゃんのお世話に焦ってしまい、汗を大量にかく方も!とくに、赤ちゃんへの授乳はお世話のなかでも慣れるまでが大変なので、汗をかいたり、母乳でパジャマを濡らしてしまったりすることもありますよ。

バッグ内のぐちゃぐちゃ解消収納術

バッグの中がごちゃつく原因

出産入院バッグの中身と選ぶバッグのポイントが分かりましたが、大量の荷物の詰め方も大切ですよね。女性は普段から荷物が多い方もいますが、バッグの中身がぐちゃぐちゃで困っているという女性も少なくないそうです。

物が多いことがバッグがごちゃつく第一の原因になりますが、出産入院バッグとなると簡単に物を減らすわけにもいきませんよね。大きいバッグの場合は特に、仕切りがない分ポケットだけではなく小さめのポーチや巾着などを上手に使わないと、すぐにごちゃごちゃになってしまいます。

入院期間中は中に入っているものを何度となく出し入れする可能性もありますので、「元の位置に戻す」を心がけないとすぐにバッグの中が散乱してしまいますよ。

見やすくて出しやすいバッグに

出産入院バッグは二つに分けると、どこに何があるか分かりやすくなりますよね。しかし、分けたら分けたで、中の物の定位置が決まっていないとすぐにごちゃごちゃになりがちです。

バッグの中のごちゃつきを防止するアイテムに「バッグインバッグ」があり、ハンドバッグやトートバッグサイズならば効果が期待できます。バッグの中は見やすくて出しやすいことが散乱を防ぐためには大事です。

見やすい、出しやすいことは戻しやすいことにもつながりますので、ここをポイントに詰め方を考えてみましょう。透明の袋やタッパーなどは中身が見やすく、使っている人も結構いますよ。物を積み上げるのではなく、縦に立てるように詰めると出しやすくなりますので試してみましょう。

自分じゃなくても一目瞭然を目指す

「バッグの中身を見られたら恥ずかしい!」という女性は多いかもしれませんが、入院バッグは誰に見られても恥ずかしくないように整理整頓を心がけた方がよいですよ。なぜなら、陣痛のときなどはパパや看護師さんに必要なものを頼んで取り出してもらうことも考えられるからです。

そのとき、ママ自身に何がどこにあるのか分からなければ、はじめてバッグの中を見る方が分かるはずありませんよね。陣痛時に必要になるものをバッグの奥の方にしまうのも、効率的ではありません。

このとき、透明な袋やポーチに中身を表すラベルなどが貼ってあると誰が見ても一目瞭然です。ラベルは使った後元に戻すときにも役立ちますので、出産入院バッグに詰めるときに手間を惜しまず貼るようにしましょう。

まとめ

出産入院の準備は、持ち物が多くてママは準備が大変かもしれませんね。しかし、入院グッズを入れるバッグ探しは、可愛いデザインのものもたくさん売られているので、「どんなバッグにしよう?」とウキウキするはずですよ。

入院バッグとしてだけではなく、赤ちゃんとお出かけするときのマザーズバッグとしても活用できるものを見つければ、長く使えるのでよいでしょう。使いやすい入院バッグを見つけて、生まれてくる赤ちゃんと快適な入院生活をすごしてくださいね。

ママたちのできるを増やすコミュニティteo’s(テオズ)無料会員を30名募集!

teo’s(テオズ)は「小さなお子さまがいらっしゃる方」「子供が保育園、小学校に通っている時間しか働けない方」「特別な事情で外で働くことができない方」などの悩みを抱えるママたちに、仮想オフィスとしての繋がりの場の用意や、働くスキルを身につける場の提供などを通じて、在宅で働きたい全国のママを応援してまいります。

もし良かったら登録お願いいたします~!
58 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版