就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦の自転車利用はOK?流産や逆子の危険性と気をつけたいこと

妊婦の自転車利用はOK?流産や逆子の危険性と気をつけたいこと

普段、自転車を愛用しているママも多いことでしょう。しかし妊娠中、自転車に乗ってもよいのか悩むママもいますよね。そこで今回は、妊娠中に自転車に乗ると流産や逆子の原因になるのか、自転車に乗るときに気をつけたいこと、安全を判断するポイントなどについてお話しします。

妊婦の自転車は流産や逆子の原因になる?

人によっては流産や逆子に繋がることも

妊娠中、自転車に乗るとお腹の赤ちゃんに何か影響があるのではと気になりますよね。妊婦が自転車に乗ることに関しては賛否両論ありますが、人によっては流産や逆子に繋がることもあるといわれています。

自転車に乗るとサドルを通して子宮に振動が伝わります。特に路面状態のよくない道を走ると、振動が激しいこともあるでしょう。それにより、子宮が刺激されお腹が張りやすくなってしまい、流産や早産、逆子といったトラブルを引き起こす可能性があります。

しかし妊娠中は運動不足になりがちなので、体重コントロールのためにも自転車に乗って適度な運動をしたいというママもいるかもしれません。その場合、できれば自転車以外の方法で適度な運動を心掛けた方がよいでしょう。

転倒や事故により流早産することもある

自転車に乗っていると、自分ではどんなに気をつけていても前方から突然人が飛び出してきたり、路上の障害物をよけきれなかったりして転ぶこともあるでしょう。

妊娠していないときは、ほんの擦り傷で済むような事故でも、妊娠中の転倒はお腹の赤ちゃんに悪影響をおよぼすこともあります。

普段から自転車に乗り慣れていても、妊娠中はホルモンバランスの影響で集中できず、注意力散漫になる傾向があります。転倒や事故などにより流産や早産に繋がる可能性があることを心に留め、できるだけ乗らないように心掛けましょう。

妊娠した時点で、ママの体はママだけのものではありません。お腹の中にいる赤ちゃんの安全を第一に考えるようにしてくださいね。

自転車に乗って出血などがあるときは病院へ

自転車に乗った後、お腹が張ったり、性器出血があったりした場合は速やかに病院へ行くようにしましょう。少量の出血であっても、どうして出血するのかは妊婦によっても理由が違います。

妊娠中は体内の血液量がいつもよりも増えていますし、ふとしたきっかけで腹圧がかかり、出血することもあります。比較的よくあることとはいえ、それが自転車に乗ったことが原因なのか、お腹の赤ちゃんに影響がないかはママには判断が難しいことでしょう。念のため、産婦人科医に行き診察してもらった方が安心ですよ。

出血後は自転車に乗ることは避け、できるだけ安静にして過ごしましょう。母体はもちろんのこと、お腹の赤ちゃんのためにもあまり無理をしないことが大切です。

妊婦が自転車に乗るときに気をつけたいこと

サドルを下げて足が地面につくように調整を

普段は、つま先がギリギリ地面に触れるぐらいの高さまでサドルを上げて自転車に乗っているママもいるかもしれません。しかし妊娠中はできるだけサドルを下げて、両足がきちんと地面につく高さにするように調節しましょう。

信号待ちで自転車に乗ったまま止まっているときも、両足でしっかりと体と自転車を支えることができるようにしたいですね。お腹が大きくなってくると、今まで以上に自転車のバランスがとりにくくなってくるので、走行中はもちろん停止中もバランスがとりやすい高さを見つけてみましょう。

サドルが低すぎるとこぎにくく、ハンドルを操作するのが難しくなるので、パパに横からバランスを見てもらいながらサドルの高さを合わせるのもよいですね。

悪天候の日の乗車やデコボコ道は避ける

悪天候の日、さっと近所のスーパーに行くだけだからと思って自転車に乗ると、雨でタイヤが滑って転倒することもあります。また、人をよけようと急ブレーキを掛けたのに路面が滑ってうまく停まれず、そのまま人や電柱とぶつかってしまうこともあるかもしれません。

また、路面がきれいに舗装されていないデコボコ道を走ると、いつも以上に振動が激しくお腹に影響をおよぼす可能性もありますし、タイヤが引っかかって転んでしまうこともあるでしょう。たとえ少し遠回りになったとしても、できるだけ表面の滑らかな道を走るように心掛けてくださいね。

どうしても自転車に乗らなければならない場合は、できるだけ悪天候の日やデコボコ道は避けて乗るようにしたいですね。

スピードを出すことや長時間の運転は避ける

登り坂でスピードを出すことはあまりないと思いますが、下り坂だとついスピードを出して走ってしまうこともあるでしょう。自転車で風を切りながら走行するのは気持ちがよいですし、時間の短縮にもなりますが、妊娠中はとっさの判断力が鈍りがちなので、止まりたくても急に反応できないことがあります。

さらに妊娠でお腹が大きくなってくると体重も増加するので、下り坂では今まで以上にスピードが出やすくなっています。いつもとは違う体であることを意識しましょう。

ブレーキを掛ければすぐに止まれる程度の速さで走行するようにしてくださいね。最近は自転車と自動車の接触事故も少なくありません。くれぐれも事故に巻き込まれないように注意しましょう。

妊婦の自転車は慎重に判断することが必要!

妊婦が自転車に乗って大丈夫な保証はない

妊娠中に大きなお腹で自転車をこいでいるママを見掛けることもよくありますよね。特に上の子の幼稚園などの送迎のために自転車に子どもを乗せて走っているというママもいることでしょう。

妊娠中自転車に乗ってはいけないという決まりはありませんが、妊婦が自転車に乗っても大丈夫という保証はありません。

医師によっては「妊娠初期は流産の可能性があるし、後期は破水の可能性があるから避けるべき」という意見もありますし、「安全運転なら妊娠中でも問題ない」という意見もあります。

妊娠中、自転車に乗るときは自己責任の下、注意しながら乗るようにしましょう。どうしても乗らなければならないケースを除いては、できるだけほかの交通手段を選んだ方が無難です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC