就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の予約をするには何が必要?病院の決め方や手続きの方法を解説

出産の予約をするには何が必要?病院の決め方や手続きの方法を解説

妊娠がわかり、これからのマタニティ生活に期待と不安でいっぱいのママ。特に、初産のママは出産をする病院をどうやって選べばよいのか、そもそも違いはあるのか、わからないことだらけだと思います。そこで、病院の決め方や、意外と知られていない出産の予約について、まとめてみました。

予約すべき出産の場所の決め方とは?

いざというとき安心な総合病院や大学病院

総合病院での出産のメリットは、産科以外の診療科も揃っており、何かあったときに素早い対応が可能なことです。妊娠高血圧症候群や双子妊娠など、事前にリスクのある出産だとわかっているような場合は総合病院での出産を勧められることがあります。

また、生まれた赤ちゃんに何か問題が見つかった場合も、小児科や、病院によってはNICUにそのまま移送が可能である点も、安心できるポイントの一つです。

デメリットとしては、大部屋での入院や、個人病院や助産院に比べて食事が美味しくないことが多い点が挙げられます。また、産後のママだけでなく婦人科疾患での入院患者さんと同室になる可能性もあり、赤ちゃんの泣き声など、気をつかってしまう場面も出てくるかもしれません。

至れり尽くせりの個人病院

個人病院では、産科に特化していることもあり、医師や助産師との距離が近く相談しやすいというメリットがあります。個室での入院ができ、入院中のお祝い膳やエステなど、産後のママを労るためのさまざまなサービスが整っていることが多い点もママからの人気が高い理由の一つです。

反対に、サービスが充実している分、出産・入院費用が高くなる傾向にあり、その金額も病院によって異なりますので、事前に費用についても確認をしておく必要があります。

さらに、出産時に母体や新生児に何か問題が見つかった場合は個人病院では対応しきれず、救急車で搬送されることもありえます。その場合、どうしても総合病院と比較して対応までに時間がかかってしまうことになります。

自然なお産を実感できる助産院

助産院では、助産師による出産のサポートを受けながら、希望に沿った自然なお産を行うことができます。上の子がいる場合は立ち合わせたり、出産方法などこだわりのバースプランを最大限叶えてくれるのが助産院ともいえます。妊娠期間中、助産師による親身なサポートが受けられることも魅力です。

ただし、助産師は医師ではないため「医療行為」を行うことはできません。帝王切開はもちろん、吸引分娩や会陰切開は医療行為にあたるため、助産院では行うことができません。そのため、リスクが想定される場合は助産院での出産は難しくなってしまいます。

分娩時になんらかの医療行為が必要になった場合に対応できるよう、連携している病院についてもよく確認をしておきましょう。

出産する病院はどうやって予約するの?

初診のときに一緒に予約

一番早いパターンでは、初診で妊娠が確定した時点での出産予約が必要となることがあります。近年では、出産ができる病院自体が少なく、産科医の数も減少していることから、早めに出産予約が必要な病院が増えています。

どうしても、1人の医師が一日に対応できるお産の件数は限られているので、早めに分娩数を制限しておく必要があります。ただでさえ、分娩が可能な病院は限られているので、人気の病院では妊娠5~6週で予約をしないと埋まってしまうこともあります。

妊娠の兆候に気が付いた場合は、まず早めに一度受診をしておくとよいでしょう。また、その場合は妊婦健診のために通院が可能な病院、実際に出産を検討している病院を受診するようにするとよいでしょう。

健診時の案内に従って予約

出産予約の時期については病院によって違いはありますが、妊娠確定後に妊婦健診を受診するなかで、受診している病院から出産の予約についての案内を受ける場合が多いので、その案内に従って予約を行います。

一般的には、妊婦健診を重ねるなかで、適切な時期に病院側から出産予約についての説明がされることが多いようです。しかし、妊娠確定後に病院から配布される資料に記載があるのみで特段説明がない場合もありますので、病院から配布される資料にはしっかりと目を通すようにしましょう。

病院のHPに出産予約についての記載があることもありますが、なかなか病院からの案内がなく、不安な場合は自分から聞いてみるようにしてくださいね。

予約が必要ない場合もあり

出産の予約は、あらかじめ大体の分娩件数を把握・制限し、限られた産科医数で安全に分娩を管理するために行われています。

ごくまれに、比較的分娩受入可能件数に余裕のあるような病院の場合は、出産の予約が必要ない場合もあります。その場合でも、そこの病院で妊娠何週までに妊婦健診を受診していることが最低条件、ということもあります。

出産の予約について何も言われない場合は、自ら予約方法について問い合わせましょう。また、予約が不要な場合でも、病院が妊娠の経過を把握している方が安心なので、出産希望の病院で妊婦健診を受診するとよいですね。

里帰り出産の場合でも、妊娠何週までには受診、といったルールがあることが多いので、あわせて確認をしておきましょう。

出産の予約するときに必要なものと注意点

予約時に必要なものって?

病院によって違いはありますが、分娩の申込書等以外に、「出産育児一時金等の直接支払制度に関する書類」や「産科医療補償制度」に関する書類の提出を求められることが多いです。

「出産育児一時金等の直接支払制度」とは、出産育児一時金について直接医療機関等が請求と受け取りを行うことで、病院への支払金額が少なく済む制度です。また「産科医療補償制度」とは、分娩時に脳性麻痺等の障害を負った場合に、経済的な補償を受けられる制度です。

両制度ともに利用を推奨している病院が多いため、分娩予約のさいに希望する場合は書類を提出します。

そのほか、予約金として50,000~100,000円ほど支払うケースが多いですが、このお金は分娩の費用に充てられます。

早い時期に予約を締め切る病院もある

出産希望の病院を決め、妊婦健診を受診し、まずは一安心と、ほっと胸をなでおろしているママもいると思いますが、分娩予約が完了するまでは油断は禁物です。妊娠5週など、妊娠初期の早い段階から出産予約を受け付けている病院は、当然ながら出産予約を締め切るタイミングも早くなります。

初診の病院以外での出産を考えている場合は、出産を希望する病院に行ったときにはすでに予約は締め切り…という可能性もありますので、早めに確認をしておくようにしましょう。希望の病院で出産予約がとれなかった場合でも、その後転院等で分娩数に余裕が出たときに受付可能になることもあるので、どうしても出産を希望する病院がある場合はその点についても確認しておきましょう。

里帰り出産の場合の予約方法

里帰り出産の場合、出産をどこでするのかを早めに検討する必要があります。

その場合の対応も病院によってさまざまで、あらかじめ電話で予約をしておき、里帰り後の受診でよい病院もあります。妊娠初期のうちに一度受診したうえで予約をする必要がある病院や、一度妊婦本人または代理人が直接窓口に行き、予約をする必要がある病院もあります。

まずは、出産を検討している病院のHPを確認したり、電話で問い合わせを行うなど、早めの確認をしておきましょう。

里帰りでの出産の場合、転院にあたって今まで通っていた病院からの紹介状も必要になりますので、妊婦健診を受診している病院にも、里帰り出産を考えていることを伝えるのも忘れないように気をつけてくださいね。

まとめ

妊娠が確定し、出産までまずは身体を第一に過ごしていることと思います。出産はまだまだ先…と思いがちですが、出産の予約に関しては早い段階で病院の決定と予約手続が必要になる場合があります。

初期のつわりで体調が悪い場合は、周りの出産経験者から情報収集をしたり、家族に問い合わせをしてもらったりと、無理をしないように気をつけてくださいね。出産にあたってのバースプランや希望は人それぞれです。ご自身の考えにあった病院で無事に元気な赤ちゃんを出産できるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj