就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後の不安感から抜け出せる?試してみたい産後うつの対処法

産後の不安感から抜け出せる?試してみたい産後うつの対処法

待ちに待った我が子の誕生。赤ちゃんとやっと会えて、ママはとても幸せいっぱいですよね。しかし中には、「私に子育てができるだろうか」と不安になったり、理由もなく涙がこぼれたりするママもいるのではないでしょうか?産後どうして不安な気持ちになるの?解決する方法はある?産後うつの対処法をまとめてみました。

産後の不安感の原因って何だろう

ホルモンバランスの変化による影響

妊娠中、ママの体の中では赤ちゃんが元気に育つように、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが大量に分泌されています。

特にプロゲステロンは、子宮内膜を厚くし着床を助けたり、子宮の収縮をおさえて流産のリスクから守ったりと、妊娠初期からママの体にとってとても大切なホルモンです。

ところが出産すると、子宮を収縮させる「オキシトシン」と、排卵を抑制し母乳の出を促進する「プロラクチン」というホルモンが大量に分泌されるようになります。

妊娠中と産後、急激にこれらのホルモンの分泌が変化することによって、ママは理由もなく不安になったり、泣きたくなったりするそうです。

ママは自分の変化に戸惑いますが、ホルモンの影響もあるので安心してくださいね。

メンタルの既往や環境的な要因

産後のうつには、ママのメンタル面で今までにかかった病気も、影響することがあるようです。うつにかかったことのある人や、拒食症、過食症を経験したことのある人は、うつになる可能性が高いと考えられています。

また出産すると、ママをとりまく環境や人間関係は、大きく変化します。その変化が原因で、うつを引き起こす場合もあります。

産後ママの体は安静が必要です。しかし上の子がいて、思うように休むことができないかもしれません。おっぱいが切れて授乳が辛いかもしれません。

元気なときは自分で対処できるストレスも、ママの体のあちこちが弱っていることにより、不安な気持ちを増幅させ、産後うつの原因になることがあるようです。

陥りやすい睡眠不足からの影響

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ昼と夜の区別がつきません。赤ちゃんが泣くと昼夜関係なく、おむつを替えたり、授乳やミルクをあげたり、ほとんどのママは産後、睡眠不足になるのではないでしょうか?

実は、睡眠不足から産後うつを引き起こしてしまうこともあるようなのです。

妊娠をしていないときでも、人間の体は寝不足になると、体にさまざまな影響が出てきます。イライラしたり、自分に自信がなくなったり、感情のコントロールもうまくできなくなります。ママが産後、急に涙が出るのはこのためだったのですね。

このように産後の不安感はママの体の中のホルモンや睡眠不足が影響しています。ママがわるいわけではないので、自分を責めたりしないでくださいね。

産後うつの特徴的な症状や時期って?

どういうママが産後うつになりやすいの?

ママの中には色々な性格の方がいらっしゃると思います。

明るい人、優しい人、マイペースな方など。中でも完璧主義の方は産後うつになりやすいといわれています。「赤ちゃんのお世話を完璧にやらなければならない」もしくは「育児をしながら家事も完璧にしないといけない」というママの強い思いが、ママ自身を追いこんでしまうこともあるようです。

そのほかにも

・人になかなか頼みごとをいえない方
・他人がどう考えているかとても気にする方
・自分なりの息抜きの方法がない方

このような方は、産後うつになりやすいと考えられています。

産後うつは、出産したママの10人に1人の割合で起こっているというデータもあります。とても多いですよね。

精神的、身体的症状はどんなものなの?

実際に産後うつになると、どのような症状が出てくるのでしょうか?

【表れやすい精神的症状】

・イライラ感が消えない
・常に不安を感じる
・〇〇をしようという意欲がなくなる
・無関心になる
・楽しいと思うことができない

うつ病というと、心に症状が出ると思いがちですが、精神的な症状だけでなく、身体的症状も出てきます。

【表れやすい身体的症状】

・眠れなくなる
・食欲がなくなる
・常に体がだるくて動きたくない
・頭痛や下痢
・動悸や息切れを感じる
・物忘れがひどくなる

長く続く心や体の不調により、生きるのが辛いと思うようになる方もいるようです。頭ではどうにかしないとと思っていても心がついていかない状態です。

不安感はどのくらい続くの?

産後うつを経験したママの1人は、真っ暗なトンネルの中をさまよっているような気分だった、とおっしゃっていました。

産後うつの多くは、出産してから1カ月ほどたった頃に発症しやすいといわれています。ちょうど産後、里帰りしていたママが自宅に帰ってくる頃でしょうか。実家にいるときは、しなくてよかった家事もママがすることになります。ママの負担が一気に増えたときに産後うつを発症するママが多いようです。

この不安感は個人差があり、数カ月で治ったという方もいれば、1年ほど続いた方もいます。中には2~3年続いた人もいるそうです。

産後うつは、適切なカウンセリングと薬を服用することで、早期に治る傾向があるようです。

産後に起こる不安な障害をうまく克服しよう

アロマでホルモンバランスが整う!

産後うつの原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがあげられます。そのホルモンの乱れを整え、産後うつからくる様々な不快な症状を解消してくれるものが「アロマオイル」です。

【産後うつに効果のあるアロマオイル】

・ラベンダー
・ジャスミン
・イランイラン
・ゼラニウム 
など

どれも耳にしたことのある名前ではないでしょうか。マッサージすると、とてもリラックスできます。時間の取れないママはにおいを嗅ぐだけでも効果がありますよ。

アロマオイルにはたくさんの種類がありますが、すべてのオイルが産後うつに効果的とは限りません。中には産後使わない方がよいオイルもあるので、事前にオイルの特徴を調べてから使うようにするとよいですね。

人と交流を持ち、話をして心のケア

出産してからしばらくの間は、思うように外出ができません。ママは、自然と赤ちゃんと2人きりで過ごす時間が増えていきます。必死に育児をして一日が終わる頃、今日は赤ちゃんとしか話ししてないなと思うママもいるのではないでしょうか?

産後うつを解消する方法の一つとして「人に話すこと」があります。パパや友人に育児がしんどくて辛い、寝不足で眠たいなど、今の状況やママの気持ちを声に出していうことで、気持ちがすっきりします。

地域によって差がありますが、生後1カ月を過ぎた頃に保健師さんが訪ねてくる新生児訪問があります。赤ちゃんの成長具合や育児の相談を聞いてくれます。辛いときは保健師さんにママの気持ちを聞いてもらってもよいですね。

完璧じゃなくていい!甘えることの大切さ

ママのお腹の中に10カ月いてようやく会えた我が子。とても大切で宝物のように育てたいママの気持ち、よく分かります。

初めての育児は思い通りにならないことがほとんどです。さらに1人目の子だとママも初めてのことばかりで、うまくいかなくて当然だと思います。

料理ができなくても、掃除ができずに散らかっていても大丈夫です。ママは赤ちゃんのことで、十分に頑張っています。しんどいときは、パパや周りの人に遠慮せずに甘えましょう。

周りに頼れる人がいない場合、各自治体の保健センターを通じて保健師さんに相談する方法もあるので活用するとよいと思います。

赤ちゃんにとってもママは宝物です。ママは自分で自分のことも大切にしてあげてくださいね。

まとめ

慣れない育児に思い通りに動いてくれない自分の身体。産後うつはとてもつらいですよね。

赤ちゃんを出産したあと、泣きたくなったり不安な気持ちを多くのママが体験しています。10人に1人が産後うつになる可能性があるといわれている時代。私は大丈夫と思っていてもある日突然、うつになってしまうかもしれません。

育児がしんどいなと思ったら遠慮せずに、パパや周りの人に頼ってくださいね。ご紹介したアロマオイルもぜひ試してみて下さい。

子育てで大切なことはママも赤ちゃんも笑顔でいられることです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018