就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後に一番風呂がよいのはなぜ?産後の入浴は感染症や尿漏れに注意

産後に一番風呂がよいのはなぜ?産後の入浴は感染症や尿漏れに注意

出産するとすぐに育児が始まり、ママの体には疲労がたまりますよね。お風呂に入ってリラックスしたいところですが、産後のママの体は想像以上に弱っているんです。いつから入浴できるのか、また入浴時に気をつけることなども合わせてチェックしてくださいね。

産後は一番風呂に入るのがよい理由

産後のママの体は弱っている

産後6〜8週間は「産褥期」と呼ばれ、出産で負荷のかかった体を回復させるためにとても大切な期間です。特に床上げまでの1カ月は、布団をしきっぱなしにして赤ちゃんのお世話以外は安静にするようにいわれています。しっかり休むのが産後のママの最初の仕事です。

産後のママの体は子宮口が閉じておらず、免疫力も落ちてしまっているのでお風呂は厳禁。雑菌が体に入ってしまったり、入浴で血流がよくなることで悪露が増えてしまったりすることもあるんです。

産後の回復の仕方には個人差がありますが、1カ月健診で先生から許可が出ればお風呂に入れるようになります。毎日赤ちゃんのお世話などで大変ですが、体を大切にするためにも1カ月間はシャワーですませるようにしてくださいね。

感染症予防のためにも一番風呂に入ろう

出産して1カ月がたち、先生から許可が出たら久しぶりの入浴です。体の芯からしっかり温まってリフレッシュしたいですよね。安心して入浴を楽しむための注意点をご紹介します。

お風呂は人が入るたびにどうしても雑菌が増えてしまいます。産後のママは感染症にかかりやすくなっているので、必ず一番風呂で清潔なお湯に入ってくださいね。お湯をためる前にしっかり浴槽を洗うのも忘れないようにしましょう。

また、産後はのぼせやすくなっていたり、貧血の症状がでたりすることも多いです。なるべくぬるめのお湯につかるようにし、体への負担を減らしましょう。

入浴剤の使用は問題がないとされていますが、出産で肌が弱くなっていることもあるので、様子を見ながら使用してくださいね。

産後の入浴は短時間からはじめよう

久しぶりの入浴を心待ちにしているママも多いと思いますが、長風呂は厳禁です。産後は体の血流がよくなることで出血が増えてしまったり、貧血を起こしてしまったりすることもあるのです。

産後1カ月がたつと出血もだいぶ減り、体が回復してきたように感じることが多いと思います。しかしこのタイミングで無理をすると体調を崩してしまったり、細菌が入ると熱が出てしまったりします。そうならないためにも入浴は短時間ですませるようにしましょう。

特に寒い時期に出産したママは、熱いお湯で体をしっかり温めたい!と思うでしょうが、やはり冬でもぬるめのお湯で短時間の入浴が基本。湯船の代わりに足湯で体を温めると、むくみの解消にもなるのでおすすめです。

お風呂上がりのお湯漏れに注意しよう

産後は膣の中にお湯が入りやすくなっている

産後のママは、入浴を終えて着替えをしているときなどに、足の間からお湯が漏れてきてしまうことがあります。これは膣の中にお湯が入ってしまうことで起こる「お湯漏れ」です。

お湯漏れの原因のひとつは、「骨盤底筋」という骨盤を下からハンモックのように支える筋肉が、出産時のいきみなどでダメージを受けてゆるんでしまったことです。それにより骨盤が歪んでしまうこともあります。

骨盤底筋がゆるんでいることで膣の中にお湯が入りやすくなり、結果的にお湯漏れが起こります。お湯が入りやすいと、細菌感染の恐れもあります。骨盤底筋は鍛えないとゆるんだままなので、産褥期が終わり体力が回復してくるころからトレーニングを始めるのがおすすめです。

お湯漏れは放置しても大丈夫なの?

お湯漏れを放置するということは、骨盤底筋をゆるんだままにしてしまうということです。そうすると生活に支障が出てくることもあるんです。

頻繁に膣にお湯が入ってしまうと、そこから感染症が起こる危険性があります。特に産後は免疫力が下がっています。細菌に感染すると、おりものが増えたり次の妊娠に影響を与えたりすることも。

また、骨盤がゆるんだままだと子宮が下がってしまう「子宮下垂」や、さらに子宮が膣から出てしまう「子宮脱」になってしまうことも。子宮脱は手術が必要になることもある病気です。

お湯漏れを放置することで、さらにほかの病気に繋がってしまうこともあります。そうならないためにも、しっかり骨盤底筋をトレーニングして、産後の体をケアをしてあげましょう。

入浴後は膣からお湯を出すようにしよう

入浴するたびにお湯漏れしてしまうと、リラックスできるはずのバスタイムも少し憂鬱な気分になってしまいますよね。膣にお湯が入りにくい浸かり方と、膣からお湯を出す方法を合わせて知っておくと、あまり気にならなくなりますよ。

膣にお湯を入りにくくするには、背筋を伸ばし、なるべく直角の姿勢でお湯につかるのがおすすめです。

膣に入ってしまったお湯は、浴槽から出たあとに洗い場でしゃがんで腹圧をかけるか、スクワット運動を2〜3回することでも出すことができます。また、脱衣所で足の間にタオルを挟んで腹圧をかける方法もあります。

コツをつかむまでは少し難しいかもしれませんが、やりやすい方法でしっかりお湯を出すようにしましょう。

産後は骨盤底筋体操をして漏れ対策をしよう

骨盤底筋体操はお湯漏れ以外にも効果がある

「骨盤底筋体操」はお湯漏れ以外にも、尿もれや腰痛、便秘などに効果があります。また産後のぽっこりお腹を引き締めることもできるんです。「体重は戻ったのに産前に履いていたズボンが入らない!」というママにもぜひ試してほしい体操です。

骨盤底筋体操は、経膣分娩の場合は産後1カ月ごろから、帝王切開であれば産後2カ月ごろを目安に始めるのがおすすめです。産後すぐに骨盤を締めすぎてしまうと、悪露が正常に排出されないこともあるので注意しましょう。

いくら骨盤底筋を鍛えても、日ごろの姿勢が悪いと効果が出にくくなってしまいます。抱っこや授乳のときはどうしても猫背になりがち。体操と合わせて、姿勢を見直してみるのもおすすめです。

産後ママにおすすめの骨盤底筋体操を紹介

骨盤底筋体操はハードなトレーニングではありません。産後の体調が落ち着いてきたら、まずは簡単な体操から始めてみましょう。

うつ伏せになり体をまっすぐにしたら、両足のかかととつま先をくっつけます。足全体を内側に巻き込むようにしながら、お尻をぎゅっと締めましょう。その姿勢を数秒キープし、脱力します。これを何度か繰り返しましょう。

次に産後3週間ごろからできる体操を紹介します。

あお向けの状態で左右のひざとかかとが床と平行になるように足をかかえます。息を大きく吸ったあとに、息を吐きながらひざを胸に引き寄せて10秒キープ。これを繰り返しましょう。

骨盤底筋体操は、ママの体力が回復してから無理のない範囲で行ってくださいね。

漏れが気になるときは病院を受診しよう

産後はママの体に思わぬトラブルが起こるものです。お湯漏れや尿漏れに悩むママも多いと思いますが、なかなか人には相談しにくいですよね。

トレーニングで改善できることが多いですが、セルフケアだけでは治らないこともあります。産後4カ月が経ってもお湯漏れや尿漏れが続いている場合は、迷わず病院を受診しましょう。

受診するのは、産科や婦人科、泌尿器科のいずれかがよいでしょう。赤ちゃんの健診の際に相談してみるのもおすすめです。治療が必要だと診断されると定期的な受診が必要になるので、家や駅に近く通いやすい病院を選ぶと安心ですね。

ママはどうしても赤ちゃんを優先にしがちですが、自分のケアもしっかりしてあげてくださいね。

まとめ

お風呂に入れるようになるのは、産後1カ月が経過してから。少しずつ赤ちゃんとの生活にも慣れてくるころだと思います。清潔なお湯でゆっくり体をリフレッシュしたいですよね。

出産で見た目以上にダメージを受けているママの体には思わぬトラブルが起こることもあります。赤ちゃんのお世話に大忙しだと思いますが、ママが健康でいることが赤ちゃんにとっても大切です。無理をせずに、セルフケアや治療をしっかりしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018