就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠初期のつわりで仕事は休職できる?症状の目安や必要なこと

妊娠初期のつわりで仕事は休職できる?症状の目安や必要なこと

妊娠初期のつわりの症状は人それぞれですが、つらくて仕事も手につかないというママもいますよね。そんなときは、つわりが治まるしばらくの期間休職することも考えてみてはいかがでしょうか。どのぐらいの症状なら休職したほうがよいのか、休職する場合の流れなどをまとめました。

つわりで仕事がつらいときのママの選択肢

つわりの種類にあわせて対処しながら働く

つわりのつらさは個人差があり、まったく感じないママもいれば、顔の血色が悪くなるほどつらいつわりになるママもいます。つわりがつらいときには、無理せず症状にあわせて対処しながら働きましょう。

たとえば、ずっとなにか食べていないと胸やけのような感じがして気持ちが悪くなる場合があります。このような場合は、仕事中でもすぐに口に入れられるような、小さな食べ物をいつも持っておくとよいですよ。

なにか食べると吐いてしまう場合は、吐きやすいように水を飲むとよいかもしれません。また、「これなら食べられる」というものがあるとよいですね。

友人ママに聞くと「吐くタイプだったけど、パイナップルは大丈夫だった」といっていました。フルーツなら水分補給にもなるのでおすすめです。

上司に相談して働き方の工夫で乗り切る

つわりでつらいときは我慢せずに、上司に相談してみてください。そうすれば、上司が働きやすいように工夫してくれる場合もあります。

たとえば「たまに気分が悪くなるけど、そのときは少し座って休んでもよいですか」「もう少しだけ勤務時間を短くしたり、遅めに出勤したりできないでしょうか」など、自分から具体的に提案をしてみるとよいかもしれませんね。

どのぐらいつらいのか、ときどきしんどくなるのか、これぐらいならできるなど、「つわりでしんどい」と伝えるだけでは、職場の仲間には分かりません。迷惑や心配をかけないためにも伝えておくと安心です。また、周りの同僚もサポートしやすくなり、みんながお互い働きやすくなるでしょう。

つわりがひどいなら落ち着くまで休職する

体調に合わせて働いたり働き方の工夫をしても、つわりがひどくて乗り切れそうにないと感じたときは、落ち着くまで休職することも考えてみてください。無理をして働いても、周りに迷惑や負担をかけてしまうことになります。

女性の妊娠やつわりなどに理解のある職場ならまだましですが、理解のない会社の場合、伝えていたとしてもずっとしんどそうにしていたり頻繁に休憩をしていると、「そんなにしんどいなら休めばいいのに」と思われるかもしれません。また、仕事の効率も悪くなりますよね。

しばらく休むと気分転換にもなりますし、つわりが治まればまた元気に働くことができます。友人ママの話では、無理して働いていたら切迫流産になりかけたそうです。ママの体を1番に考えて働き方を決めましょう。

休職となる妊娠初期のつわり症状の目安

通常の吐き気や嘔吐の度合いを超えている

つわりの症状として吐き気や嘔吐、おいしいと感じる食べ物の変化、胸やけなどが起こるママは多いですが、度合いを超えてひどくなる場合もあります。

胸やけがひどくて1日1食を食べるのも大変だったり、吐く回数が多くて水分が摂れないほど気分が悪くなったりした場合は、日常生活を送るだけでも大変ですので、休職して自宅でゆっくり過ごしてください。つわりの程度にもよりますが、つわりの時期が終わればだんだん治まってくるでしょう。

さらに悪化すると病院での治療が必要で、入院することも考えられます。つわりはホルモンバランスの変化によって起こる症状ですので、ストレスで悪化させないためにも、仕事から離れることも必要です。

水分さえ取れず急激な体重減少が見られる

つわりがひどくて食事を食べられないことに加えて、水分さえ摂れずに過ごしていると、急激な体重減少が見られることもあります。もし、1週間で4~5kg以上減少している場合は、体の状態はよくありません。

ママの体は飢餓状態かもしれませんので、病院で診てもらいましょう。また、口のなかが乾いたり、体がとてもだるく感じたり、頭痛やめまいでしんどくなったりなどの症状が出ている場合は、脱水状態かもしれません。ひどくなる前に休職して体調を整えたほうが、体調不良が長引かずにすみます。

むずかしいかもしれませんが、食べられるものを見つけて少量ずつでよいので頻繁に摂取するよう心がけてくださいね。水が飲めなくても氷なら大丈夫というママもいます。

基準はないので医師や職場と相談して決める

つわりで起こる吐き気や胸やけ、体のだるさなどは苦しいものですが、それを体験しているママにしか分からないことです。仕事ができないほど症状がよくないのか、やる気があれば耐えられる程度なのかなど、判断基準がありません。休職するかどうかは医師や職場と相談して決めましょう。

ただ、「つわりがつらすぎて職場にいても、なにも手がつかないぐらい気持ちが悪い」「仕事中に何度も吐き気がしてトイレに行っている」など、仕事の効率が悪い場合でも、休みをもらえない職場もあります。また、忙しい時期で休みづらいこともあるかもしれません。

休職の許可がでなくても、無理なく仕事ができるようなスケジュールにしてもらえないか交渉してみて、負担がかからないようにしてください。

つわりで休職するときに必要なこと

会社に提出する診断書を病院でもらう

つわりの症状には個人差があることはご説明しましたが、つわりがひどいほうだからといっても病院でお願いしたら確実にもらえるとはかぎりません。

病院で診断書をもらえるのは、放置すると危険で病院での治療や入院が必要だと判断された場合です。たとえば、飢餓状態になり尿検査でケトン体が検出されたときや、脱水症状がひどいとき、血圧が高くなったときなどはもらうことができます。

診断書をもらえない場合は「母性健康管理指導事項連絡カード」を利用して、職場に休職をお願いしてみましょう。このカードには、妊娠中の症状や医師からの指導内容が的確に書かれています。勤務時間の短縮、自宅療養が必要など、指導事項があれば休職することも可能です。

休職期間を医師や会社と相談する

つわりの症状は妊娠5~6週ぐらいからはじまり、ピークは妊娠7~9週、妊娠12~16週ぐらいには治まるママが多いといわれています。「3カ月ぐらい休職すればつわりが治まるだろう」と考えるママもいるかもしれませんが、個人差がありますので自分で決めずに、医師や会社と相談してみましょう。

症状が分かりやすいように、医師の診断書や母性健康管理指導事項連絡カードなど職場に提出して、休職期間を相談するのがよいかもしれません。

予定していた休職期間以上につわりが長引くこともありますし、短くなることもあるでしょう。そのような場合にも、休職期間はあとから延長できるのか、早めに職場復帰できるのかなど、いろいろなパターンを想定して相談するとよいですよ。

4日以上連続で休むときは傷病手当金の申請

傷病手当金は健康保険に加入している人が、病気やけがなどで会社を長期間休んで給料をもらえなかった分を日給の2/3相当で計算して支給してもらえる制度です。

受け取るためには以下のような条件があります。

・仕事中以外での病気やけがのために休業した
・医者からの診断書や業務内容によって仕事ができないと判断された
・4日以上仕事できなかった(休みはじめてから3日連続で休んだあとの場合)
・仕事を休んでいた期間に給料をもらっていない

友人ママに聞くと、この制度を知らなかったという意見もありました。つわりは病気ではありませんが、切迫早産や妊娠高血圧症候群など、治療や絶対安静が必要で医師からの診断書があれば申請することができます。

まとめ

妊娠初期はつわりによるつらさで、妊娠前のようには身軽に働くことができないことも増えるでしょう。「仕事を休みたくない」「周りに迷惑をかけないようにしなければ」などと思って、頑張る気持ちもあるかと思いますが無理をしないことが大切です。

つらいときには、医師や職場と相談して休職するという選択肢もあります。妊娠中はつわりだけでなく、ほかにもいろいろトラブルがあることも考えられますので、ママも赤ちゃんも元気に過ごせる方法を考えてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018