就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊活中のお風呂の入り方を知ろう!男女別のポイントと入浴の注意点

妊活中のお風呂の入り方を知ろう!男女別のポイントと入浴の注意点

妊活中のお風呂の入り方で実は気をつけてほしいポイントがいくつかあります。そのポイントを押さえて正しいお風呂の入り方をすることで、妊娠力アップにもつながります。そこで、お風呂に入るときに気をつけることや実践してほしいこと、男女で違う注意点についてなども詳しく紹介しますね。

妊娠力をアップさせるお風呂の入り方

適切な温度と時間でお風呂に入ろう

妊娠しやすい体づくりのためには、冷えを予防して体を温めることが大切です。

38~40℃の少しぬるめの温度のお風呂につかることで、自律神経である副交感神経の働きが活発になります。そうすると血管が広がり体の細部まで血液が流れるようになるので、緊張がほぐれ体の芯から温まることができます。

また、半身浴をするように20分ほどゆっくりと湯船につかると、骨盤が温まって血行がよくなります。人は湯船に10分つかることで、体温が1℃あがるといわれているので20分ほどつかることで十分温まることができます。

熱すぎると逆に体を冷やしますし、長すぎると体力を消耗して疲れてしまいます。正しい入浴方法を知って妊娠力をアップしてくださいね。

シャワーではなく湯船につかろう

シャワーは素早く体を洗って清潔にできたり、水圧で肩や腰などをマッサージする効果もあったりするので簡単で便利なのですが、実は体を温める効果はほとんどありません。

シャワーは全身に浴びるので熱いお湯で体の表面は温かくなります。でも血行がよくなるほどではないので体の芯は温まらないままになります。そのままシャワーから出るとすぐに寒さを感じたりするのは、体がしっかり温まっていないからなのですね。そのことが体の冷えにつながってしまいます。

妊活中の入浴は毎日お風呂につかって温まることが大切です。湯船につかることで血行がよくなり体が芯から温まりますが、ほかにも生理痛を和らげたり、リラックスしたりなどのメリットもありますよ。

生理中などは足湯で体を温めよう

生理中は経血とともに熱も体の外に出ていくので、体温が下がりやすい状態です。冷えると血流が滞るため子宮の収縮がわるくなります。

その結果、古い子宮内膜の排除がうまくできず子宮内の環境が乱れ、妊娠の可能性が低くなる恐れがあるのです。だからこそ生理中は、より一層体を温めることが大切です。

でも、生理中は湯船につかることが難しいときもありますよね。血圧が低い人や貧血を起こしやすい人が生理中にお風呂につかると、めまいや立ち眩みなどを起こす場合もあります。

そんなときはお湯を張った洗面器に足をつけながらシャワーをすることで、下半身を温めながら入浴できます。10分程度の足湯だけでも、全身がポカポカするくらい温まるので試してみてくださいね。

妊活中のお風呂のポイントや注意点とは?

熱すぎるお風呂と長時間の入浴はNG!

適温は38~40℃ですがそれ以上の熱いお風呂につかると、熱いお湯による刺激で交感神経が興奮し血管を収縮させるので心拍数が上昇し、血圧を急に上げてしまいます。心身を活動的な状態にしてしまうので、かえってリラックス効果が得られなくなってしまいます。

また、末梢血管がギュッと縮まってしまい、体のすみずみに熱が運ばれにくくなります。そのため体の表面のみが温まるだけなので、すぐに体が冷えてしまうことになります。

熱いお湯に10分以上や、ぬるくても長時間つかってしまうと、体力の消耗も激しくなるのでかえって疲労してしまいます。体を温めることは大切ですが、だからといって熱いお風呂や長い時間つかることは逆効果になってしまうのですね。

入浴剤でリラックス効果を高めよう

入浴剤を入れることで、入浴の効果を高めることができます。

炭酸ガス系の入浴剤は毛細血管を拡げて血流をよくしてくれます。血行がよくなると体がほぐれていくので同時に心も休まります。

また、人の体はよい香りを嗅ぐと安らげるようにできています。お気に入りの香りのものならより一層リラックス効果が期待できるでしょう。

保温効果のある入浴剤であれば入浴後でも体がポカポカして温かく、質のよい睡眠をとることにもつながります。

入浴剤を入れてゆっくりと入浴することで副交感神経が優位になりやすく、体温がゆっくりと上がりリラックスした状態になるため、体への負担も少なくなります。好みの入浴剤を活用して心身ともにリラックスしてくださいね。

性交渉後のお風呂は入ってもOK

性交渉後、お風呂に入ってしまうと精子が膣から流れ出てしまったり、お湯やシャワーで膣を洗ったりしたら妊娠率が下がるのではないかと心配になることもあるようですが、これは心配しなくても大丈夫です。

射精された精液の中の精子は、すぐに自分で動いて約1分で膣から子宮の中にたどり着くといわれています。ですので、お風呂につかって精液が膣から流れ出たとしても、シャワーで洗ったとしても、精子はすでに子宮の中に十分入っているので大丈夫なのです。

体を洗う際、膣内は自浄作用があるため洗わず、流れ出た精液や膣の外側を洗い流すようにしてくださいね。

もし心配に思う人は、射精後数分のあいだは横になって体を休めていると気持ちの上でも安心かもしれませんね。

妊活の基本!男女別のポイントをおさらい

【女性】冷えすぎに注意!温める努力をして

妊娠するために理想的な高温期の基礎体温は、36.7℃といわれています。

卵巣や子宮は体の中心にあるので、手や足などほかの場所に比べて冷えにくい場所ではあります。でも体が冷えすぎていることが常態になってしまうと、冷えによって血行がわるくなり、酸素や栄養素、ホルモンが全身に十分行き渡らなくなります。

その結果、子宮や卵巣がうまく機能せず質のよい卵子が育たなかったり、排卵しにくくなったり、子宮内膜が薄くなって着床しにくくなってしまったりすることもあるそうです。

女性の場合、子宮の血流をよくすることが妊娠力アップにはとても大切なことですので、冷えに注意して常日頃から体を温めるように心がけてくださいね。

【男性】精子は熱に弱い!温めすぎはNG

精子はとてもデリケートで熱やストレスに弱いです。精巣が高温になればなるほど精子の製造機能が弱まり、精子の数が減ったり、精子の運動量が鈍ったりなどの支障をきたしてしまいます。

最近では精子のDNA損傷の原因になるともいわれていて、男性不妊の原因の一つとされています。

熱いお風呂やサウナに入ったり、体にフィットした下着をつけていたり、膝の上でノートパソコンを使用したりすることでも精巣の温度が上昇してしまうといわれています。

精巣は人の体温(36~37℃)の温度になると精子をつくれず、体温より2~3℃ほど低い温度のときに、最も機能するといわれているため、必要以上に精巣を温めてしまうことがないよう気をつけてくださいね。

【男女】妊活中のストレスは適度に解消して

妊活中はなかなか結果が出なかったり、我慢することもあったりしてストレスを感じることも多くありますよね。このストレスが女性のホルモンバランスを乱したり、男性の精子の数や運動機能に悪影響を及ぼしたりするといわれています。

ストレスをためないためにも、解消法をみつけておくといいですね。ウォーキングなどの有酸素運動なら適度に体を動かし、血行促進や代謝機能がよくなるため、男性は男性ホルモンが分泌され精子がつくられやすくなり、女性は子宮や卵巣の働きがよくなります。

好きなことや趣味に没頭したり、美味しいものを食べたり居心地のいいところに出かけたりなど、心身ともにリラックスする時間をつくることで、上手にストレス解消してくださいね。

まとめ

毎日のお風呂の時間を少し意識して変えるだけで、体を温めて妊娠しやすい体にグンと近づけることができるのは嬉しいですよね。もちろん性交渉後のお風呂も心配なく安心して入れますし、好きな入浴剤でリラックスタイムをつくって入るのも楽しめますよね。

妊活は女性だけが気をつけるだけでなく男性にも気をつけることがあり、夫婦で協力するものです。でも、お互いにプレッシャーを与えないよう、ときには休憩したりストレスを解消したりしながら、あせらずゆったりした気持ちで妊活を続けられたらいいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018