就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産はいつから入院?しっかり準備をそろえて安心して出産を迎えよう

出産はいつから入院?しっかり準備をそろえて安心して出産を迎えよう

はじめての出産はどのようにはじまるのか、いつから入院となるのか不安がいっぱいですね。出産入院を乗り切るには、いざというときに慌てることがないよう、余裕をもって準備しておくことが大切です。入院に必要な持ち物や入院前の段取りなど、用意しておきたいことについて紹介していきます。

出産はいつから入院するの?

一般的な自然分娩の場合

基本的には、本陣痛がはじまったら出産する病院へ連絡をして入院となります。陣痛の目安は、初産ではお腹の痛みがだいたい10分間隔と定期的になったら、経産婦の場合は15分間隔になったら連絡をするようにしましょう。

連絡のタイミングは病院によって違う場合もあるので、事前の確認が必要です。病院に到着した途端、痛みが遠のいてしまったという人も珍しくありません。そうなると、一旦自宅へ帰ることになるでしょう。

出産が破水からはじまる場合もあります。破水の量には個人差がありますが、破水をした場合はとにかくすぐに病院へ向かってください。赤ちゃんの感染症が心配なので、破水後はお風呂やシャワーに入らないようにしましょう。

帝王切開など計画分娩の場合

陣痛を人工的に誘発して経膣分娩をする、もしくは帝王切開で出産するなど、予定日を決めた状態で出産することを計画分娩といいます。

計画分娩でいつ出産するのかは、妊娠37週以降の正期産の時期に入ってから医師と相談して決めます。家族の希望を聞き、ママの体と赤ちゃんの状態を総合的に考え、お産の準備が整うと予測される時期を判断します。

ただし、ママの体や赤ちゃんに緊急性がある場合は、希望のとおりというわけにもいかず、安全性を重視して実施されます。

計画分娩のほとんどは、予定している日の前日に入院することになります。病院によっては、予定している当日に入院になることもあるので、事前に確認しておきましょう。

一般的に何日間入院するの?

入院の期間は、出産方法や、初産なのか経産婦なのかなどによって違ってきます。

自然分娩の場合、初産だと5日前後の入院となります。同様に自然分娩でも経産婦の場合は、希望すれば1日早めての退院が可能な場合が多いです。

ただし、帝王切開で出産した場合は、初産か経産婦かに関わらず、手術の前日と当日を含めて10日前後の入院が一般的です。帝王切開はお腹を切開するため、傷口の状態などを十分に観察する必要があるので院期間が長くなります。

産後の経過がおもわしくないと判断された場合は、予定よりも入院期間が長引いてしまう可能性もあります。入院期間は病院によって多少日数に違いがあるので、あらかじめ病院に確認しておきましょう。

いつ頃から入院準備を始めるとよいの?

出産の入院準備を始める目安

出産予定日はあくまでも予定です。思いがけず出産が早まる可能性もあるので、入院準備は妊娠8カ月(妊娠28週〜31週)くらいから少しずつ始めましょう。

妊娠37週以降は正期産の時期に入ります。そうなると、赤ちゃんはいつ生まれてもおかしくありません。遅くても、妊娠37週までには入院準備を終えておくと安心です。あまりのんびりしていると、入院直前に慌てて用意することになってしまいます。

入院準備をしていると、あれもこれも必要に思えてしまいますが、一つのバッグに収まる量で、なおかつママが自分で持ち運べる量を目安にしましょう。陣痛など、出産が始まったとき、すぐに持って出られるよう玄関の近くに準備しておくと安心です。

病院で用意してくれるものをチェック!

出産入院のために必要なものは、一部、病院側で用意してもらえるものもあります。
こちらは一例です。

●清浄綿
●お産ギャザーパッド
●産褥ショーツ2枚
●産褥パッドL5枚入り
●産褥パッドM10枚入り
●産褥パッドS10枚入り

病院によって内容は違いますが、産後すぐのママに必要なものは、だいたいの病院で入院のときに渡してもらえるようです。

また、ママのパジャマやタオル、赤ちゃんの衣類、おむつといったものは病院側で用意してくれるケースも多いです。

洗面グッズや入浴セットなどの用意もあるところもあります。自分で用意する必要があるもの、病院側で用意してくれるものを事前に確認して、荷物がかさばらないように準備しておきましょう。

どこで入院準備をそろえればいいの?

出産・育児に必要なほとんどのものは、赤ちゃん用品を扱うお店で揃えられます。安定期に入ったら、運動不足解消のため、散歩を兼ねてお店に行ってみるとイメージがわきやすいですよ。買い揃えるものが多い場合には、パパや家族の付き添いがあると安心ですね。

おむつやおしりふきなど、衛生用品はドラッグストアなどでも購入できます。ママが入院中に使いたい体拭きシートや食事用の箸類など、ちょっとしたアイテムは100円ショップを活用すると、無駄な出費が抑えられそうですね。

産後すぐは必要ありませんが、おむつをまとめ買いする場合などはインターネットショッピングが便利です。玄関先まで荷物を運んでもらえるので助かりますよ。

入院中に必要なものってどのようなもの?

陣痛が始まったら持っていくバッグの用意

陣痛がはじまったり、破水をして病院に向かうときに、入院に必要な荷物をサッと持ち出せるようにバッグに用意しておきましょう。

入院用の荷物を入れるバッグは、何をどれくらい持っていくのかによって違いがありますが、パジャマやバスタオルの持参が不要であれば、小さめのキャリーバッグ程度の大きさで十分です。

キャリーバッグは持ち運びが便利になるのでおすすめです。コンパクトに納められるのであれば、肩掛けのトートバッグやボストンバッグでもよいでしょう。

すぐに使いたいもの以外は、あとからパパや家族に持ってきてもらえばよいので、すべてを持っていく必要はありません。後日持ってきてもらいたいものは、別のバッグに用意しておくとスムーズで安心です。

ママが入院中に必要なもの

入院手続きに必要なので、次のものは必ず用意しておきましょう。

●母子健康手帳、健康保険証、診察券、印鑑、現金

また、入院生活に必要なものは、パジャマや授乳用ブラジャー、産褥ショーツ、お産パッド、母乳パッド、カーディガン、スリッパ、湯のみ、お箸類、洗面&入浴グッズ、メイク用品、筆記用具、携帯電話&充電器…などです。

パジャマなどは貸し出されるのか、入院中に出た洗濯物は持ち帰る必要があるのか、産院で洗えるのか、などによって用意する量も変わってくるので、病院へ確認しておきましょう。

ゴルフボールやうちわ、ペットボトルにつけるストローなど、陣痛を乗り切るために用意したいアイテムもまとめておきましょう。

赤ちゃんが入院中に必要なもの

赤ちゃん用の肌着やウェア、おむつなどは病院側で用意してくれていることが多いです。そのため、入院中の赤ちゃんに自宅から用意する必要があるものはほとんどありません。

しかし、赤ちゃんが退院するときの洋服は必要です。セレモニードレスを用意する家庭もありますし、普通のカバーオールを着用させる家庭もあります。セレモニードレスと聞くと、男の子はどうするの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、男女兼用のセレモニードレスというのもありますよ。

おむつとおしりふきは、入院中は病院が用意したものを使えますが、退院してから家につくまでに必要な分は用意しておきましょう。なにかと使えるガーゼは複数枚用意しておくと便利です。

荷物以外にも準備しておくことはたくさん!

出産の兆候が始まったときの段どりチェック

出産の兆候のひとつにおしるしがあります。おしるしは、子宮壁から剥がれ落ちた卵膜が膣から血液として出たものです。おしるしがあれば陣痛が近いので、入院準備の確認や、パパ・家族への連絡をしておきましょう。

前駆陣痛も出産の兆候です。不規則な陣痛で、痛みの間隔が長いですが我慢できるレベルです。本陣痛に体力を残すため、できるだけ楽な姿勢でリラックスして過ごしましょう。痛みの間隔が長いうちに、シャワーや洗髪をしたり、食事もしっかりとっておくことをおすすめします。痛みの間隔が短く定期的になったら病院へ連絡しましょう。

もし、破水や急な激しい痛みが起こったら、陣痛の有無に関わらずすぐに病院へ連絡をしてください。

家族や陣痛タクシーの連絡先リストを作っておく

出産はいつ、どうやってはじまるのかは誰にもわからないものです。パパや家族に付き添ってもらって入院できれば心強いですが、日中、家にママが一人でいるときに陣痛や破水が起こるかもしれません。

そのため、いざというときにはママが自分で入院できるよう、さまざまな手配を整えておく必要があります。本陣痛がはじまったら、まずは病院へ連絡する必要があるので、出産する病院の連絡先を確認しておきましょう。土日や夜の出産になるかもしれないので、夜間や休日窓口の連絡先も忘れずに。

ほかにも、マタニティに対応しているタクシー会社を2~3社、パパの携帯や勤務先、実家などの連絡先のリストを作ったり、携帯に登録したりしておくと安心です。

入院中の自宅のことをパパに引き継ぎ

出産入院となると、約1週間程度はママが家を留守にすることになります。日頃、家のことをやり慣れているママには簡単なことでも、あまり家事をしないパパにとってはわからないことも多いでしょう。

掃除や洗濯のやり方から「ゴミはいつ出すのか」などの細かなことでも、パパが困らないようにメモしておいたり、何がどこにしまってあるかわかりやすいように、家の中を整理したりするとよいですね。

入院中にパパにこれだけはやっておいてもらいたい!ということをリスト化しておくと引継ぎがスムーズですよ。留守宅を守ってもらう場合は、自宅のことをパパにしっかりと引き継いで、パパもママもお互いにできるだけ心配や不安がないようにしておきましょう。

パパや家族がする入院準備

立ち会う場合など仕事の段どりを整える

出産に立ち会うことは、パパにとって貴重な経験です。職業柄、急に休むことは不可能だというパパも多いかもしれませんが、可能であれば、ぜひ我が子の誕生の瞬間を見届けませんか?

ある程度、業務の調整がつくお仕事についているパパは、出産予定日あたりの仕事のスケジュールを見直しておきましょう。早退したり、休んだりしても業務に支障が出ないように、可能な範囲で工夫できるとよいですね。もちろん、周囲の協力が必要なことなので、無理のない範囲で段取りを整えましょう。

また、パパがいつ、どこにいるのかを常に把握できるようにしておくとママも安心です。立ち会い出産について、わからないことや不安なことは、遠慮せず病院に確認しておいてくださいね。

出産の流れやママのサポートを確認しておく

「どういったタイミングで出産入院となるのか」「お産がはじまって赤ちゃんが誕生するまでは、どのような流れになるのか」などは、ママだけでなくパパもしっかり頭に入れておきましょう。出産や育児のアドバイスがもらえる両親教室などに参加しておくのもおすすめです。

実際に出産がはじまり、立ち合いが間に合ったらパパはママのサポートにまわりましょう。決して慌てることなく、冷静に対応してください。

出産で大変なのは、やはり陣痛を乗り切ることです。出産の進み具合に合わせて、背中をさすったりマッサージをしたり、ママの希望に合わせて臨機応変に応えてあげましょう。無事に出産したら、ママにねぎらいや感謝の言葉をかけてあげてくださいね。

産後の申請や手続きを確認しておく

出産を終えたら、すぐに提出しなくてはならない書類がいろいろあります。こうした届け出は、思うようには動けない産後のママの代わりに、パパが率先して手続きを進めていきましょう。

申請期限が短いものに、出生届と児童手当があります。出生届は出生日を含め14日以内、児童手当は出生の翌日から15日以内なので早めの準備が必要です。産後の1カ月健診までには、赤ちゃんのための健康保険加入の手続きも必要となります。

ほかにも、乳幼児医療費助成、出産育児一時金、ママが育休であればそれに関わる育児休業給付金、出産手当金などがありますし、場合によっては高額療養費の申請もあります。出産後に必要な手続きについて、申請漏れがないよう確認しておきましょう。

まとめ

入院準備は、妊娠8カ月頃から遅くても正期産の時期に入るまでに進めていきましょう。早めにしっかりと準備しておけば、安心して落ち着いた状態で出産のときを迎えられるはずですよ。

出産入院に必要なものの用意、入院中のパパへの家事の引継ぎ準備、産後に申請が必要な書類などの確認…というように、出産のためにやるべきことはたくさんあります。パパや家族に協力してもらいながら、できるところから少しずつ取り組んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018