就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産時に叫ぶのが恥ずかしい!叫ばなかった経験談とパパができること

出産時に叫ぶのが恥ずかしい!叫ばなかった経験談とパパができること

出産予定日が近づいてくると、「出産の痛みに耐えられるのか」「痛いときに叫びそうで恥ずかしい」など、出産に対して不安なことがたくさんある妊婦さんも多いですよね。ここでは、出産時に叫ぶのはよいのかや、出産経験者から聞いた出産時のリラックス方法などをご紹介します。

出産時我慢できず叫ぶのはいいの?

叫んだ方が楽なら叫んでもいい!

出産に不安がないママはほとんどいませんよね。特に、初めての出産を控える妊婦さんは「出産はどのくらいの痛さなのか」「痛すぎて取り乱してしまったらどうしよう」など、不安なことがたくさんあるのではないでしょうか。

昔は「出産をするときに叫ぶなんて恥ずかしい」という考え方が一般的でしたが、最近の助産師さんは、「叫ぶことでイキミを逃がすことができるなら、叫んでもよい」という方が多いそうですよ。

また、「出産時叫んでしまうと、そのあとの入院生活で助産師さんに会うのが恥ずかしい」というママもいますよね。助産師さんはこれまでに叫びながら出産している方に何人も立ち会っていて慣れているので、ママが思っているほど気にしなくても大丈夫でしょう。

どんなに叫んでも助産師は気にしていない

「出産の痛みで叫んでしまうと、周りの迷惑になるのではないか」や「出産時叫んでしまうと、そのあとの入院生活で助産師さんに会うのが恥ずかしい」など、出産中や出産後のことが気になる方もいますよね。

出産に立ち会ってくれる助産師さんは退院するまでの間も顔を合わせることがあるので、「出産時に叫ぶと入院生活が気まずくなる」と思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。助産師さんは、これまでに叫んだり泣いたりしながら必死に出産している方に何十人も立ち会っているプロです。

大声で叫んでしまったからといって、そのあとの入院生活で気まずくなることはまずないでしょう。どのような出産になっても元気な赤ちゃんが生まれ、ママも健康でいることが助産師さんには大切なことですよ。

叫んだとしても呼吸することを忘れずに!

先ほどにもご紹介したように、出産時に叫ぶことは悪いことでも恥ずかしいことでもありません。しかし、叫んだとしてもしっかり呼吸をすることだけは忘れずに意識しておきましょう。

友人の話では、出産時に痛すぎて「痛い!助けて」「もう無理」など、出産の痛みにパニックになり大声で叫んでいたそうです。叫ぶだけならよかったのですが、叫びすぎて呼吸がうまくできなくなり、過呼吸になって大変だったと話してくれました。

ママがしっかり呼吸をしないとお腹の中の赤ちゃんにも酸素がいき届かないため、ママも赤ちゃんもしんどい状態になりお産もなかなか進みません。安全に赤ちゃんを出産するためにも、呼吸をすることだけは忘れないように気をつけましょう。

経験者から学ぼう!叫ばないためのコツ

お気に入りの音楽でリラックス

産婦人科や病院ではバースプランといって、赤ちゃんを出産するときにどのようなお産にしたいかを助産師さんと相談しプランを立てられる所もあります。出産はママがなるべくリラックスした状態で望むほうが安産になりやすいといわれているので、陣痛中どのようにすごしたいかを考えておくとよいでしょう。

最近では、陣痛室から分娩室までが一緒になっている個室の産婦人科や病院が増えてきています。個室の場合は自分の好きな音楽を聴くことができるので、音楽を聞きながらリラックスしている妊婦さんが多いそうです。

好きな音楽を聴くと心が落ち着いたり楽しい気分になったりしますよね。音楽は、心に与える影響だけではなく、体の緊張がほぐれリラックスさせる効果もありますよ。

楽な体勢を見つけよう

出産の痛みは体験してみないと分からないので、イメージすることが難しいですよね。陣痛がくると想像以上の痛みが襲ってきて、叫んだり、暴れたりする妊婦さんもたくさんいます。

出産をなるべく上手に乗り切る方法の一つが、ママの楽な体勢を見つけることです。しかし、楽な体勢は陣痛の痛みがこないと自分では分からないので、出産前に頭に入れておきましょう。

先輩ママの話では、陣痛中仰向けよりも、横になってベッドの柵を握る体勢のほうが、リラックスできて楽だったそうです。仰向けのときはなかなかお産が進まず大変だったのに、横の体勢になるとイキミやすくてよかったと話してくれました。

仰向けや横向きのほかにも、四つん這いや、クッションを抱くなどの姿勢をする方もいますよ。

アロマでリラックスして

「疲れたときは、アロマの香りでリラックスしている」「普段からアロマの香りが好き」など、女性はアロマが好きな方が多いですよね。大切な出産のときに、アロマグッズを産婦人科や病院に持って行く妊婦さんもいますよ。

アロマはあくまでも香りなので、痛みをなくすことは残念ながらできません。しかし、アロマをかぐことで気持ちが落ち着いたり、気分を明るくさせたりする効果があるので、痛みをごまかすことができるかもしれません。

アロマは種類がたくさんあり、イランイランやローズの香りは鎮静効果があります。ラベンダーはリラックス効果、ペパーミントは気分をスッキリさせる効果がありますよ。出産時には、いくつかのアロマを持ち込むとよいでしょう。

叫ぶ妻にパパがしてあげられることは?

妻の不安に寄り添ってあげる

昔は、男性が出産に立ち会うことはほとんどありませんでしたが、最近では、立ち会い出産をする夫婦が増えてきています。立ち会い出産をするときに一番大切なことは、ママの不安に寄り添ってあげることです。

出産は女性にとって命がけです。長い時間陣痛の痛みと戦っていると、「ちゃんと出産できるのかな」「これ以上の痛みに耐えられるのかな」など、不安になってしまうママも多いですよね。

夫婦の関係でママへの寄り添い方の方法はさまざまですが、優しく声をかけたり、手を握ったり、励ましたりするだけで、ママの不安な気持ちがやわらぎリラックスできます。出産はママがリラックスすることが大切なので、なるべくママが不安にならないように寄り添ってあげましょう。

汗拭きや水分補給など身の回りのお世話を

パパが出産に立ち会う場合、ママを気持ちの面でサポートするだけではなく、身の回りのお世話をしてあげることもパパの重要な役割です。

妊婦さんの体質によっても違いますが、出産はほとんどの方が汗をたくさんかくので、こまめに汗を拭き取ってあげましょう。また、出産には水分補給も大切です。ママが飲みやすいように飲み物を渡してあげたり、足りなくなったら買いに行ったりしましょう。

陣痛中にママがトイレに行きたくなったときも、パパがサポートしてあげるとよいでしょう。ママが転ばないようにパパが付き添ってあげると安全ですし、ママも安心ですよね。パパはママが出産に集中しやすいような環境を整えてあげることが大切ですね。

マッサージをしてあげる

出産の痛みは経験しないとイメージがしづらいですが、男性の方は特に「イメージするのが難しい」という方が多いですよね。出産は赤ちゃんを生む瞬間だけが痛いのではなく、陣痛中の定期的な痛みにもママは耐えなければなりません。

痛みをやわらげるためには音楽を聴く、楽な体勢になる、アロマをかぐなど、さまざまな方法がありますが、腰のマッサージも効果的といわれています。陣痛中は助産師さんが常につきっきりでいてくれるわけではないので、パパがママの腰をマッサージしてあげるとよいですよ。

友人の話では、陣痛と戦っている間パパが背中をマッサージしてくれていたそうです。マッサージしてもらうと痛みがやわらいで出産を頑張ることができたそうで、パパに感謝していると話してくれました。

まとめ

出産の痛みは経験したママでないと語ることはできないくらい、痛くて大変な思いをするものです。出産時に痛すぎて叫んでしまうママもいるかもしれませんが、なるべくリラックスして呼吸をしっかり整えることが大切ですよ。

出産時に少しでもリラックスできるように、アロマをかぐ、音楽を聴くなど、自分のリラックス方法を探しておくとよいでしょう。立ち会い出産の場合は、ママだけが頑張るのではなくパパのサポートも重要ですよ。

それでも叫んでしまう方もいるものです。あまり気にせず、呼吸を忘れないようにしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018