就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

仕事中つわりを楽にする食事とは?職場でできる簡単なつわり対策

仕事中つわりを楽にする食事とは?職場でできる簡単なつわり対策

つわりの間特に気をつけておきたいこと

こまめに水分をとり脱水を予防しよう

つわりが気持ち悪くて、食べものも飲みものも喉を通らない…そのような場合は、脱水症状に注意しましょう。

妊娠すると、赤ちゃんへの酸素や栄養は血液によって運ばれます。水分が不足すると血液がドロドロになり、赤ちゃんの成長にも影響するかもしれません。

また、脱水症状になると羊水の量が減ってしまう可能性もあります。赤ちゃんを守るためにも、水分摂取が重要になります。

吐きづわりで嘔吐をくり返している場合は、水分と一緒にナトリウムなどの電解質も失われています。電解質を補給するには、スポーツドリンクを飲むのが効果的です。

水分は、一度に大量に摂取するのではなく、こまめに少しずつ摂取するようにすると、嘔吐を軽減することができますよ。

冷たいもので体を冷やさないようにする

冷たいものは喉を通りやすく、つわり中でも摂取しやすいです。しかし、摂りすぎると体を冷やしてしまいます。

妊娠中に体を冷やしてしまうと、便秘や脚のむくみなどのトラブルにつながることもあります。また、体を冷やすとお腹が張りやすくなるともいわれているため、注意が必要です。

生姜は体を温める作用があるので、温かい紅茶に入れてジンジャーティーにするとよいですね。また、酸味がほしければ、レモネードなどを飲んでみるのはいかがでしょうか。

夏はホットドリンクを飲む機会が少なくなりますが、家では常温のものを飲むようにしたり、お店では氷を抜いてもらったりして、なるべく冷たいものを飲まないように工夫するとよいでしょう。

「食べられるもの」でも、食べ過ぎない

つわりで特定のものしか食べられない、または、食べづわりで常に何か口にしていないと気持ち悪いという妊婦さんも多いですよね。食べられるものを食べておこうと、つい多めに口にしてしまうこともあると思います。

しかし、食べ過ぎることで妊娠トラブルを引き起こす可能性もあります。

妊娠中は、赤ちゃんの成長のために普段より多めの食事を必要とします。しかし、過剰に摂取していると、ママだけでなく赤ちゃんも肥満になってしまったり、妊娠糖尿病にかかったりというリスクが大きくなるのです。

一度にたくさん食べるのではなく、一回の量は少なくして食べる回数を増やすようにすると、食べ過ぎを防ぐことができますよ。また、カロリーを抑えるなどの工夫をするのもよいでしょう。

まとめ

つわりで食べものを何も口にできずにいると、「赤ちゃんに影響はないだろうか」と不安に思う妊婦さんもいるかと思います。

妊娠初期は、赤ちゃんはママの体に蓄えられた栄養をもらって成長しています。ですから、つわりで思うように食べられなくても、心配しすぎなくて大丈夫ですよ。

現代は働く女性が多く、簡単に休むことができない方も多いですよね。今回ご紹介した対策法で、つわりを和らげながら仕事を頑張ってください。

しかし、くれぐれも無理は禁物です。ママと赤ちゃんの健康が、一番大切ですよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND