就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産のための病院選びは超重要!施設の違いや里帰り出産について

出産のための病院選びは超重要!施設の違いや里帰り出産について

妊娠が判明して週数が進むと考えなくてはならないのが、「どこの病院で出産するのか」「里帰り出産をするorしない」ということです。病院によって設備やサービスに大きな違いがあるので、しっかり吟味して選びたいですね。この記事では後悔しない病院選びのポイントをまとめてご紹介します。

病院選びの基礎知識!施設の違いを知ろう

医師が常駐しているのが産婦人科

一般的に産婦人科と呼ばれるのは、産婦人科医が常駐する医療機関のことです。産婦人科のある医療機関は大きく三つに分けられます。それが、「大学病院」「総合病院」「個人病院」です。

出産は産科婦人科医が担当しますが、実際は病院勤務の助産師がつきっきりでフォローしてくれるところが多いです。もちろん医療的処置が必要であれば医師が対応しますし、健診時に医師が対処すべき分娩であると判断されるケースもあります。

ほとんどの病院で医師は日当直制となっているので、健診で診てくれていた先生と出産時の先生が違うということも珍しくありません。分娩設備は病院によって異なりますが、設備が整っていれば帝王切開や無痛分娩もできます。

自然分娩のみ対応してくれる助産院

助産院には産婦人科医は常駐していません。基本的に助産院は出産のお手伝いをする、というスタンスで、原則的にはリスクが低く健康状態がよい妊婦さんの自然分娩介助を担っています。ただし、地域の病院と提携しているので、万が一の事態には病院に緊急搬送してもらえます。

産婦人科医がいない助産院では、会陰縫合や輸血といった医療行為をすることができません。そのため、自然分娩しか対応できず、出産時まで母子ともに経過が良好である必要があります。

こうした理由から、病院よりも食事や運動指導が厳しいところが多いようです。正常な自然分娩のための努力が必要ということですね。ですが、自宅のようなアットホームな雰囲気で出産できる点が大きな魅力です。

最近増えているのが、院内助産院

院内助産院というのは、その名のとおり、病院の中にある助産院のことです。助産師が妊娠中の健診から保健指導も行い、分娩や産後のケアまで一貫して対応してくれます。特定の助産師が、妊婦さん1人ひとりに寄り添って支え続けてくれるので、信頼関係を築きやすいのが魅力です。

通院も分娩も院内助産院でしますが、緊急時には施設内の産婦人科医が対応します。家庭的でありながら、24時間医師が対応する万全の体制で出産に挑めます。なにがあるかわからないのが出産ですから、すぐに医師がサポートしてくれるというのは安心ですね。

ただし、病院内にあるとはいえ、基本的には一般の助産院とスタンスは同じ。自然分娩が可能であるローリスクの妊婦さんしか対応してもらえません。

実家の近くで病院を選ぶ、里帰り出産とは

里帰り出産の流れを知ろう

里帰り出産を希望しているなら、早めに現在通院している病院の医師に相談することをおすすめします。

もともと分娩を扱う施設が少ない地域では、選択肢がないこともあります。希望している産院がある場合には、早めに予約をして安定期に一度帰省し、受診しておきましょう。帰省する時期の目安は32〜34週ぐらいですが、病院によって方針も違います。くわしいことは里帰り先の産院に問い合わせてくださいね。

なお里帰り先が現住所のある市町村と異なる場合は、里帰り先での妊婦健診で現住所の市町村の助成券は使えないケースが多いため注意しましょう。まずは現金での支払いをして、領収書を保管しておき、後日に手続きをすれば戻ってくることが多いです。

里帰り出産をするメリットを知ろう

里帰りにはどんなメリットがあるのでしょうか?まず、第一に出産・育児を経験した先輩である母親が近くにいてくれること、これはとても心強いですね。特に初めての出産となるママにとって、妊娠&出産の不安は大きいかもしれませんが、その不安や悩みを母親に相談することができます。

ご両親が現役で共働きというママも少なくないかもしれません。それでも、いざというときに病院についてきてくれる、もしくはすぐに駆けつけてきてくれる身内がそばにいるのもメリットといえます。

また、産後はママの体力が回復する前に、育児や家事などに追われがちですが、里帰りしていれば実家のサポートを受けられるので、無理なく育児に専念できます。

里帰り出産をするデメリットとは?

里帰りしている間は、必然的にパパと離れて暮らすことになってしまいます。そうなると、夫婦間でのコミュニケーションが希薄になり、結果的にすれ違いが起こり、不安が溜まってしまうケースがあります。

特に産後、ママは子育てモードになっているのに、子どもがいない生活が続いているパパは父親の自覚を持つのに時間がかかり、夫婦の間に溝ができてしまうことも。それを解消するため、仕事が休みの日にはパパに来てもらって、積極的に育児に参加してもらうことなどの工夫が必要になります。

また、ママの両親からは、孫のかわいさゆえに子育てに余計な口出しをされてしまう心配もあります。世代間で子育て方法が違うことを理解してもらわなくてはなりません。

ポイントを知って後悔しない病院選びを!

分娩予約はいつまでにすればいいの?

分娩予約は一般的に妊娠20週までに行うものとされています。多くの場合、安定期に入る妊娠12週あたりで医師から分娩予約について話が出るようです。

ただし、地域によって産婦人科の数が少ないところでは、妊娠6週ぐらいで分娩予約が満杯になってしまうケースもあります。最近は、産婦人科はあっても分娩対応はしていない病院もあるので、病院選びには注意が必要です。

人気のある産婦人科での出産を希望している場合も、分娩数の制限によって予約を受け付けてもらえないこともあるため、早めの予約が肝心です。

里帰り出産を考えている妊婦さんは、希望の病院にまずは電話で分娩予約について尋ねてみましょう。受診時期や予約の方法などを教えてくれるはずですよ。

出産のリスクを考えて病院を選ぶポイント


特別なリスクがなく経過が順調であれば、個人開業の助産院で出産することも可能です。しかし、高齢出産、多胎妊娠 持病アリといったリスクがある場合は、その程度に合わせて病院を選ぶ必要があります。

合併症や新生児の異常などのトラブルが想定される場合は、複数の科が揃っている総合病院や大学病院が安心です。緊急の帝王切開などにも対応できる医療設備や体制が整っています。

さらに医学的リスクの高い妊娠出産になる場合は、総合周産期母子医療センターや地域周産期母子医療センターを選ぶと、あらゆるトラブルに対応可能です。新生児の集中治療室があったり、最新の医療設備を揃えている病院もあります。

出産のリスクを考え、医師と相談しながら分娩する病院を選びましょう。

出産後の環境を重視して病院を選ぶ

産後は数日の入院が必要になるので、病室や育児の指導体制も気になるところですよね。

病院によって、基本的に大部屋に入ることになるところや、全室個室のところなどの違いがあります。母子同室か別室かというのも考えたい点です。「大部屋でママ友を作りたい」「自由にできる個室希望」などママの性格によるところもありますが、できるだけストレスの少ない環境を選びたいですね。

退院までは育児指導を積極的にしてくれる病院も多いです。母乳育児推奨の病院では、妊娠中から産後まで継続的に授乳支援をしてくれるので、産後間もなくでも母乳育児が確立しやすくなります。

また、食事のおいしさや産後エステを受けられるといったポイントで病院を選ぶママもいますよ。

まとめ

病院によって医療設備や分娩体制はさまざまです。万全な体制で出産できるように、早めに出産する病院を選び分娩の予約をとりましょう。

もしかしたら妊娠や出産のリスクに応じて、希望の病院での出産が不可能な場合もあるかもしれません。ですが、なにより大切なことは、安心して出産し無事に赤ちゃんに会えるように信頼できる病院を選ぶことです。

満足のいく出産になるように、あなたにぴったりな病院が見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018