就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産直前にやるべきことを知ろう!パパができることママの過ごし方

出産直前にやるべきことを知ろう!パパができることママの過ごし方

出産直前のパパやママは準備すべきことや心配ごとがたくさんありますよね。安心して出産にのぞんでいただくためにも、今回は、この時期のママの過ごし方ややるべきこと、またパパがママのためにするべきことや産後のフォローの仕方についてご紹介していきたいと思います。

いよいよ出産直前に!やるべきことは?

入院バッグの最終確認をしよう

お産がはじまるタイミングは人それぞれ。出産予定日近くになればいつお産がはじまってもおかしくありません。いつ入院しても大丈夫なように入院バッグの最終確認をしておくことが大切です。

入院バッグの準備のときには、陣痛用と入院用の大小二つのバッグに分けると便利です。小さめの陣痛用バッグには、貴重品や母子手帳、診察券、入院用の書類、陣痛の際に役立つペットボトル用ストローや飲み物、テニスボールなどを入れておきましょう。外出時に突然破水した場合でも、必要なものが揃っていれば安心ですよね。

入院用の大きなバッグには、入院中にママに必要な生活用品や退院時に必要なものなどを詰め、あとから家族に持ってきてもらいやすいよう玄関などに置いておきましょう。

退院後の準備は大丈夫?要るものを揃えよう

産後のママは体力の消耗が激しいため、産後1カ月ほどの期間は母体の回復に努め、赤ちゃんのお世話以外は横になって安静に過ごさなければなりません。

赤ちゃんも1カ月健診が終わるまではできるだけ外出を控えなければならないため、退院後の赤ちゃんとの生活に必要な以下のものは今のうちにそろえておくようにしましょう。

・肌着、ベビー服、スタイなどの衣服類
・おむつ、おしりふき、おむつバケツなどのおむつグッズ
・ミルク、哺乳瓶、消毒器などのミルクグッズ
・沐浴剤やベビーシャンプー、綿棒、つめ切り、ローション、鼻吸い器、体温計などのお世話グッズ
・ベビー布団や敷きパッドなどの寝具
・抱っこひも、ベビーカー、チャイルドシートなどのお出かけグッズ

陣痛アプリの準備も忘れずに!

出産予定日が近づき赤ちゃんが徐々に骨盤のほうに下がってくると、「陣痛間隔が◯分になったら病院に連絡して」と医師や助産師から具体的な指示をされることでしょう。経産婦さんはお産の進み方がはやまることが多いので、できるだけはやく連絡する必要がありますよね。

陣痛のような痛みを感じだしたときに時計を見ながらメモをとるという従来の方法でもかまいませんが、最近では陣痛アプリを使って陣痛間隔を測っている方が多いようです。

痛みがはじまったら「スタート」ボタンを押し、やわらいできたら「ストップ」を押すという簡単な操作で陣痛間隔を測ることができるのでおすすめですよ。お産の前兆である前駆陣痛の場合は陣痛間隔が不規則ですので、本陣痛との区別にも役立ちますよね。

出産直前にパパができることはある?

ママに無理をさせないように労ろう

妊娠中のママはホルモンの影響から、なにかと不安定になりがちです。出産直前の時期ともなるとお産への不安や産後への心配から、突然泣き出してしまったりイライラしてしまったりするママは少なくありません。

そんなママを1番近くで支えるパパには、ぜひ産前産後のサポートに関する知識を身につけていただき、頼もしくママをサポートしてあげてほしいものです。

また、お腹が大きくなったママは立ったり座ったりするだけでも一苦労。むくみもひどくなりますので、時間があるときには腰や足のマッサージをしてあげてください。入院準備や退院後の生活についてきちんと話し合い、時間がゆるすかぎりママの体調を気づかうようにしてくださいね。

ママが入院中でも家事ができるようになろう

出産準備ができたと思っていても、なにかとイレギュラーなことは起こりがち。分娩や入院中はもちろん、産後の床上げまでの期間は、ママは自分の身体の回復と赤ちゃんのことで精一杯です。産後はホルモンのバランスの関係でなにかと不安定になりがちですので、パパのサポートが欠かせません。

入院中のママに心配をかけないよう、産前のうちにママのやり方で家事が出来るように以下のポイントをマスターしておくとよいですよ。

・洗剤など、家の消耗品の銘柄を聞いておく
・カフェインゼロのお茶など、ママのこだわりを把握する
・ミルクの作り方やおむつ替え方などの知識を身につける
・産後のママのために和食メニューを作ったり、ママのやり方で洗濯や掃除などをしたりできるようにしておく

立ち会う場合はママのフォローの下調べを

立ち会い出産を予定しているパパの中には「立ち会い=見守るだけ」と思っている方もおられるかもしれませんが、パパ自身にも実は心の準備が必要なのです。

初産であればお産が長時間におよぶこともめずらしくなく、陣痛間隔が短くなるにつれて痛みが増していきます。ママはその痛みに耐えながらも、子宮口が全開大になるまでは「いきみ逃し」をしなければならないため、パパは腰をさする、テニスボールやゴルフボールで圧迫する、陣痛の痛みがひいている合間に飲み物をママに飲ませる、などのサポートをしなければならないのです。

陣痛のときにはママも余裕がないので、あらかじめ立ち会い出産のときにはママ自身がどのようなサポートを望んでいるのか、バースプランを夫婦で共有しておきましょう。

出産直前のママはどう過ごしたらいい?

適度な運動をして、子宮口を開かせよう

妊娠中はできるだけ安静に過ごしてきたというママは多いかと思いますが、臨月にもなると適度な運動を医師や助産師からすすめられるようになります。それは、出産間近の時期に運動を取り入れることで、以下のような効果が期待できるためです。

・お産に向けて体力をつけることができる
・ストレッチやヨガなどで股関節が柔軟になる
・運動をすることで赤ちゃんが徐々に下がり、子宮口が開きやすくなる

運動をしたからといって必ずしも安産につながるわけではありませんが、ママ自身の運動不足の解消やリフレッシュにもなりますよね。

大きいお腹での運動はきついとは思いますが、無理のない範囲で散歩や階段昇降、スクワット、ストレッチなどを取り入れてみてくださいね。

重たいものを持ったり無理な家事をしない

退院後の赤ちゃんとの生活のためにママはなにかと身体を動かしがち。ママ自身の入院準備だけでなく、入院中のパパの食生活を考えて料理の作り置きまでしてしまうという方もおられるかもしれません。

安産に向けて適度な運動は必要ですが、妊娠中に無理は禁物です。少しでも疲れを感じたときには横になって休むようにしましょう。

また、この時期には以下のことはできるだけ避けるようにしてくださいね。
・車の運転
・自転車に乗る
・満員電車やバスに乗る
・遠出や旅行
・温泉に入る
・お風呂掃除
・重い荷物を持つ

とくに重い荷物を持つことに関しては、痔になってしまったり産後に子宮下垂になったりする可能性がありますので、周りの方にお願いするようにしてくださいね。

ストレスをためないようにのんびりしよう

予定日近くになると、ママの身体にはさまざまなお産の予兆があらわれ、いつお産がはじまってもおかしくない状態になります。待ちに待った赤ちゃんとの対面が楽しみな一方で、体調面でも精神面でもなにかとマイナートラブルが起こりがちになります。

大きなお腹では立ったり座ったりするだけでも一苦労ですし、仰向けに寝ることもできず、お産への不安や前駆陣痛、頻尿なども合わさって睡眠不足や体調不良になってしまうママは少なくありません。

少しでも不安やイライラを感じたときには、ノンカフェインのハーブティーを飲んだり軽い運動をしたりするなど、自分なりの方法でストレスを発散させてくださいね。いつ、どのような状況でもお産に対応できるよう、心と身体の準備を万全にしておきましょう

まとめ

出産直前のママは、ちょっとしたことで不安になったり、イライラしてしまったりすることが多々あります。また、頻尿やお腹のはり、前駆陣痛などでゆっくり寝ることができていない方もおられることでしょう。

何かとナーバスになりがちな時期ではありますが、赤ちゃんとの対面は目と鼻の先です。たくさんの不安要素はあるでしょうが、軽い運動や好きなドリンクでリフレッシュをしたり、パパに不安な気持ちを聞いてもらったりサポートをお願いしたりして、できる限りリラックスして過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018