就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産直後の体重やお腹の変化。骨盤ベルトを使用して体型を戻そう

出産直後の体重やお腹の変化。骨盤ベルトを使用して体型を戻そう

妊娠、そして出産を経験したママの体は見た目も体重も大きく変化しますが、ママも一人の女性ですから、見た目のことはやっぱり気になるものですよね。産後の体重やお腹の状態はどのように変化するのか、その原因や改善方法をご紹介します。体型戻しに役立つ骨盤ベルトについてもチェックしておきましょう。

出産直後の体重はどのくらい減るの?

出産直後は平均で4~5kg体重が減る

出産直後のママの体重は、だいたい4~5kg減るとされています。妊娠中の体重は平均して7~10kg増えるのが一般的なので、産後すぐには増加した分の約半分が一気に減るということになりますね。

赤ちゃんの出生時の体重は、平均すると3,000g前後です。産後に減少する4~5kgという重さの中には、単純に赤ちゃんの重さだけではなく胎盤や羊水の重さも含まれています。

さらに、妊娠中はホルモンバランスが変化することで脂肪が増え、水分が蓄積しやすくなっていたのですが、それらも産後に少しずつ排出されていきます。そのため、出産してから退院するまでの約5日間のうちにも少しずつ体重は減ります。合計して5~6kg程度は減る人が多いようですね。

全然体重が減らないこともある

先ほど、出産直後には4~5kgの体重減少があることを説明しましたが、中にはまったくといってよいほど体重の減少が見られないママもいます。それは一体なぜなのでしょうか?

実は、出産直後のママの体はとてもむくみやすい状態になっています。それは出産時に、体から羊水や血液などの大量の水分が失われたことが原因です。水分不足になった体は、体内で水分量を保とうとする働きが過剰になり、むくみやすくなってしまうというわけです。

つまり、このまったく減っていない体重の正体は、溜め込んでしまった水分なのです。それでも、不要な水分は少しずつ排出されていくので、日が経てば出産直後には減っていなかった体重も徐々に減っていくでしょう。

ダイエットは産後1カ月以降にしよう

出産を終えたら、「早く元の体型に戻りたい!」「痩せてスッキリしたい!」と思うママも多いですよね。

ですが、産後すぐにダイエットを開始するのは避けた方がよいです。産後のママの体は、自分で実感している以上にダメージを受けているので、まずは疲れた体を癒して体力の回復を優先に考えましょう。慣れない育児もあるので、無理は禁物ですよ。

一方、ダイエットには個人差がありますが、早くはじめるほど体型も体重も元に戻りやすいそうです。産後1カ月健診で、子宮の大きさも元に戻ってきて体力も体調も安定していることを産科の医師から確認できたら、少しずつ「産後ダイエット」をはじめましょう。産後1カ月~1カ月半あたりからダイエットをはじめるママが多いですよ。

出産直後のお腹の見た目について

お腹がポッコリ膨らんだままなのはなぜ?

出産してお腹から赤ちゃんがいなくなったはずなのに、お腹がポッコリと膨らんだまま戻らない、というのは出産を終えて間もないママたちの多くが体験することです。個人によって違いがありますが、産後のお腹のサイズというのは、妊娠してお腹が目立ち始めてきた妊娠5カ月くらいの大きさの方が多いようです。

このポッコリお腹は、妊娠中についた脂肪や産後に余った皮膚のほか、「妊娠中に大きくなった子宮」も大きな原因の一つです。赤ちゃんが10カ月かけて育つ中で、子宮も一緒に大きくなっているので、出産したからといって急に元のサイズには戻れません。大きくなった子宮は、出産後にだいたい1カ月の時間をかけてゆっくりと元の大きさに戻っていきます。

出産後のお腹のシワシワたるみは治るの?

産後に自分の体を初めて鏡で見たときに、お腹のたるみ具合に衝撃を受けたママも多いのではないでしょうか?「たるんでいる上に、なんだかシワシワだし…これって元に戻るのかしら?」と心配になりますね。

このお腹のたるみは皮膚がたるんでいる状態です。先ほど、子宮は10カ月かけて大きくなっていると説明しましたが、それはお腹の皮膚や筋肉も同様です。大きくなったお腹から、出産で赤ちゃんが急にいなくなってしまうと、結果的にお腹が急激にしぼんで皮膚がたるんだままになってしまうというわけです。

結論からいうと、このお腹のたるみは自然と治ります。皮膚には再生能力があるので普段どおりの生活をしていれば、半年くらいかけて元の状態に戻るのです。

産後のお腹のたるみを改善しよう

自然に回復するのを待たずにお腹のたるみを早く改善したいなら、骨盤矯正がおすすめです。

妊娠によって開いてしまった骨盤を放っておくと、体のバランスが崩れて血流が乱れます。すると、基礎代謝も低下してしまうということになります。内臓も下がっていくので、のびてたるんだお腹が余計に垂れてしまうことも。

また、ヨガやピラティスなどのゆっくりした運動をとり入れて、お腹を意識しながらストレッチを行うのもよいですね。姿勢を正しくすることもお腹を引き締めるために効果的なので、授乳のときの姿勢なども気をつけてみましょう。

肌の乾燥もお腹のシワシワを目立たせるため、しっかりと保湿することも大切です。できることから少しずつ取り組んでみてくださいね。

出産直後から骨盤ベルトは使用できるの?

出産直後から使用OK!でも締め過ぎはNG

骨盤の開きは約6カ月ほどで元に戻っていくものですが、人によっては骨盤が開き歪んだ状態で固まってしまうこともあります。そうなると、お腹のポッコリしてたるんだ状態もそのまま…という恐ろしい事態になってしまいます。

そのため、出産で開いた骨盤が自然に戻ろうとするのをサポートするための骨盤ベルトが役に立つのです。骨盤ベルトは出産直後から使用できますし、早いタイミングで使用することでより高い効果が期待できます。ただし、早く効果を実感したいからといって、きつく締めすぎてしまうことは避けた方がよいでしょう。

締めつけすぎると血液の流れが悪くなって代謝の低下を招きます。結果的にむくみや老化を促進して逆効果になってしまうのです。

帝王切開の場合は傷が治ってから使おう

帝王切開の場合は、赤ちゃんが産道を通っていないので骨盤の開きに影響がないように思えます。しかし、実際に骨盤が開くのは赤ちゃんが産道を通ったことが原因なのではなく、妊娠中のホルモンがそうさせています。つまり、出産した女性は分娩方法に関係なく骨盤が開くので、骨盤ベルトによる骨盤矯正がおすすめです。

ですが帝王切開の場合は、まずは傷口をしっかり治すことが大切です。骨盤ベルトの使用は早い方が高い効果を期待できるのも事実ですが、傷の痛みを我慢してまで使用するのは避けましょう。

傷口の回復の程度には個人差があるので、骨盤ベルトの使用については事前に医師や看護師に相談をしてからの方が安心して使用できますよ。

正しい装着方法で使用することが大切

骨盤ベルトはただ巻けばよいというものではなく、正しい位置に正しく装着することで本来の効果を得られるものです。もしも骨盤ベルトを装着してから、腰や股関節が痛くなったり、痛みの場所が変化したりするようであれば、すぐに使用をやめて病院にかかってください。

また、骨盤ベルトは日中に使用するようにして、寝ている間は外しましょう。寝返りなどでベルトがずれるとかえって骨盤の歪みを引き起こしてしまうからです。

それから、使用期間にも注意したいですね。骨盤ベルトを長期間使用すると、体がベルトに頼ってしまって筋力の低下を引き起こす場合があります。骨盤ベルトは正しく装着して、使用期間は3カ月程度を目安にするとよいでしょう。

まとめ

出産すればすぐに元の体型に戻ると思っていたのに、全然体重が減らないと焦ってしまいますよね。ですが、赤ちゃんを育てたママのお腹は時間をかけて大きくなった分、元に戻るのにも時間がかかるものなのです。

体のゆがみやたるみを早く改善するには軽い運動や骨盤ベルトの使用がおすすめですが、まずはママの体調を整えることが重要です。産後直後は慣れない赤ちゃんのお世話もあり、思うように体を休められない時期でもあるので、無理のない範囲でダイエットに取り組んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018