就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産準備にあると便利な持ち物をチェック!退院時に使う物や確認事項

出産準備にあると便利な持ち物をチェック!退院時に使う物や確認事項

出産が近づいてくると、出産や入院に必要な物を準備しないといけませんよね。「病院に持っていくと便利な持ち物はどういうもの?」「いつ頃から準備を始めたらよいの?」「赤ちゃんのものは何が必要なの?」など、出産の準備に関する疑問について調べてみました。

出産準備を始める前に確認しておきたいこと

出産準備はいつから始めるといいの?

出産のための準備は、妊娠後期にはいる妊娠28週(8カ月)ころから始めるとよいといわれています。妊娠後期にはいるころに母親学級が実施される病院であれば、母親学級に参加したあとから準備をするのもよいでしょう。

早い時期から準備をしても問題はありませんが、入院のときに持っていく荷物はいろいろあるので、まとめた荷物を置いておくのが少し邪魔に感じるかもしれません。

また遅くても臨月にはいる前の妊娠35週までには準備を終えるようにしましょう。臨月になるといつ陣痛がおきてもおかしくありません。「準備は出産予定日ギリギリでよいかな」と考えていたら、準備をする前に入院しなければいけなくなるということもありえますよ。

入院してから必要なものと、退院時に必要なものとがあるので、荷物を二つに分けておくといざ陣痛がきて病院へ向かうときの荷物は少なくてよいのでおすすめです。健診に行ってそのまま入院しなければいけないこともあるので、パパや家族に荷物の場所を伝えておくと安心できますよ。

ママの体調がよいときに少しずつ、余裕をもって準備ができるとよいですね。

病院で借りられる物を確認しておこう

多くの病院では「お産セット」が準備されています。入院してから渡されたり、病院内の売店で指定のものを購入して入院時に持って行ったりします。

病院によっても中に入っているものはさまざまですが、

・産褥パッド
・母乳パッド
・おへそ処置セット
・おしりふき
・紙おむつ
・産褥ショーツ

などが入っていることが多いようです。病院によっては、

・分娩着
・ママのパジャマ
・お箸、マグカップ
・体温計
・授乳クッション

などもセットに含まれることもありました。お産セットの中身についてはあらかじめ確認しておくようにしましょう。

爪切りや体温計など無料で貸し出しをおこなっている病院もありました。バスタオルやフェイスタオル、ストローやコップ、ティッシュペーパーやパジャマなど自身で準備しないといけないものでも、有料にはなりますが病院がレンタルをしていることもありますよ。

入院について説明を受けたときに、必要な荷物についても案内があります。そのときに病院で借りられるものにはどういうものがあるか聞いておくと、準備する荷物を減らすことができますね。

陣痛から入院中にあると便利な持ち物

陣痛中にあると便利な持ち物は?

多くのママが便利だったとあげていたものの一つが「ペットボトル用のストローキャップや曲がるストロー」です。キャップの開け閉めが不要で、寝たままでも飲み物を飲めます。直接ペットボトルに取り付けるタイプの場合、ペットボトルによっては飲み口の形が合わないこともあるので注意してください。

「テニスボール」はいきみ逃しや痛みの緩和のために使えます。痛みを感じる部分にボールを転がしたり、いきみ逃しのために肛門付近を圧迫したりすると楽になるそうです。

スマホの画面に表示されるボタンを押すだけで、陣痛間隔のメモができる「陣痛アプリ」を使っているママもいました。

「リップクリーム」「レッグウォーマー」「栄養補助ゼリー飲料」などもよく使われるアイテムです。

入院中にあると便利な持ち物は?

出産後ママの体の経過によっては、数日間シャワーをあびることができないかもしれません。そんなときは「体をふくシート」や「洗い流さないシャンプー」があるとさっぱりすることができます。

病室は乾燥していることが多く、また、おむつ替えや授乳のたびに手を洗うので「ハンドクリーム」や「目薬」「リップクリーム」があると便利です。

出生届けや赤ちゃんの検査結果、1カ月健診の案内などいろいろな書類をもらうので、「クリアファイル」や「封筒」があるとなくしたりすることもなく、退院後もすぐに探すことができます。

そのほかには「着圧ソックス」「耳栓」「イヤホン」「エコバッグ」「カーディガン」などもあると便利なアイテムですよ。

帝王切開の場合にあると便利な持ち物は?

帝王切開で出産をした場合、普通分娩で出産したママよりも母子同室になるのが遅い病院が多くあります。赤ちゃんがいない時間はすることがなく「暇つぶしグッズ」を持って行ってよかったというママがいました。

寝たきり状態が続き背中が痛いときに「マッサージグッズ」があると痛みを軽減できます。足もむくみやすくなるので、むくみをとるのにも使えますね。

「延長コード」はコンセントが近くにないときでもベッドの近くにコンセントを持ってくることができます。お腹の痛みも強く起き上がるのが辛いときに、寝たまま携帯の充電ができますよ。

そのほかには「体をふくシート」「曲がるストロー」「着圧ソックス」「電気毛布」などもあると便利なアイテムです。

退院時に使う、パパや家族にお願いする物

ベビーウェアと肌着を持っていこう

入院中は病院が用意してくれるものを赤ちゃんに着せますが、退院時の洋服は準備しないといけません。

赤ちゃんにとって初めての外出になるので、セレモニードレスなどの正装をさせることもあります。「お宮参りやお食い初めでも使えるから」とセレモニードレスを選ぶパパ・ママもいました。

少しきれいめのツーウェイオールやカバーオールなどを着て退院する赤ちゃんも多いです。帰ってから着替えさせる必要もありません。「普段着としても使えるものを選んだ」という声もありました。

暑い夏に退院する赤ちゃんもいれば、寒い冬に退院する赤ちゃんもいます。赤ちゃんの洋服に決まりはないので、「赤ちゃんが快適に過ごせる服」を基準に選ぶとよいですね。

おくるみやバスタオルで赤ちゃんを包もう

初めて外に出る赤ちゃんは、室内と室外との温度差にびっくりして泣き出してしまうことがあります。そんなときにおくるみやバスタオルなどで赤ちゃんを包んであげるとよいでしょう。おくるみに包まれた赤ちゃんはママのお腹の中にいるような安心感を感じることができます。

夏は紫外線から赤ちゃんを守る役割にもなりますし、冬は寒さから赤ちゃんを守ってくれます。

ガーゼ、パイル、綿、フリース、ボア、キルティングなどさまざまな種類のおくるみがあります。春・秋はガーゼやパイル、夏はコットンやガーゼ、冬はフリースやキルティングなど、季節に応じて生地の種類を選ぶとよいでしょう。

おくるみがない場合は、バスタオルなどをおくるみの代用として使用することもできます。

マイカーでの退院はチャイルドシートが必須

2000年4月1日に道路交通法の改正があり、6歳未満の子どもはチャイルドシートの着用が義務化されました。マイカーで退院をするときは新生児から使えるチャイルドシートを必ず装着しましょう。

違反をすれば罰則もあります。チャイルドシートがあるときとないときでは死亡率が約3倍以上も違うというデータも国土交通省で発表されています。里帰り出産などで実家の車を利用するときは、実家の車に装着しなければいけないので、あらかじめ準備をしておくとよいですね。

マイカーでも一部着用義務が免除されるケース(チャイルドシートを装着すると全員が乗れない、病気やケガで療養中など)もありますが、赤ちゃんの命を守るためにもチャイルドシートはとても大切ですよ。

まとめ

出産のときに病院に持っていく荷物はいろいろあります。陣痛が始まってから入院をすることが多いので、事前に必要なものを準備しておくと、いつ陣痛がきても安心できます。

全部の荷物を持っていくのは大変なので、退院時に必要な物はパパに持ってきてもらうとよいですよ。

必ず準備しないといけないわけではないけれど、あると便利だったという物もあります。いろいろなアイテムを利用して入院から退院までを快適に過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018