就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産記念を手元に残したい!一生の記念になるメモリアルグッズ

出産記念を手元に残したい!一生の記念になるメモリアルグッズ

赤ちゃんの出産は、パパとママにとって、人生の中でもとくに印象に残る大切なできごとでしょう。そんな思い出を記念に残しておきたいという気持ちは、誰しも理解できるのではないでしょうか。我が子が大きくなるにつれお腹が膨らむ過程や、生まれてくれた思い出を記念に残せると嬉しいですね。

出産記念の品を残したいママが多い理由

妊娠、出産とママが頑張った証を残したい

妊娠中・出産ともに、それは、そのときにしか残せない証ですよね。赤ちゃんが生まれてしまえば、お腹は小さくなりますし、出産直後の赤ちゃんの姿やママ・パパの気持ちもそのときだけのものです。

だからこそ、なにか形として残せると、月日が経っても記念の品を見るだけで、そのときの感動や喜びを思い出すことができますね。子どもにとってもまったく知らない、自分が生まれるまで、生まれた瞬間、生まれて間もないころのことを知る材料になります。

記念に残すものをなににするかを考えることも、楽しみになりますね。どのような形で証を残すかは、人それぞれですが、親にとっても、子どもにとってもよいことはあっても悪いことはなに一つないのではないでしょうか。

写真以外の方法で思い出を取っておきたい

手や足にインクをつけて、紙に手形や足形を写して残しておくものは定番としてよくありますね。手形や足形を紙ではなく、キーホルダーにして残しておくこともできます。キーホルダーには「名前・生年月日・時間・身長・体重」を刻むことができ、誕生石をつけることもできます。

また、普通の手形や足形を残しておくものより高めですが、大理石や御影石に手形・足形、出生データなどを残せるもの、抜けた乳歯を1本ずつ保存しておける容器もあります。

ママと赤ちゃんが繋がっていた証である、へその緒を保存する桐を使った気密性の高い容器もあります。名前・生年月日・誕生石が刻印できます。

ほかにも色々ありますので、探してみてはいかがでしょうか。

子どもが成長したらプレゼントしたいから

どの記念の品を選択したとしても、親にとって大切な思い出となります。子どもが大きくなってから「あなたはこんなに小さくてかわいかったのよ。パパもママも生まれてきてくれたことが嬉しくて、あなたを大切に育ててきた」と伝えられるのではないでしょうか。

生まれたばかりのことや小さかったころのことは、本人は覚えていないでしょう。しかし、形として残しておけば、子どもが愛されてこの世に生を受けたことを証明することができます。

成長していけば、反抗期なども訪れますし、ときには親の愛情が伝わらないこともあるでしょう。いつの日か、それを子どもに渡せる時期がくれば、子どももまた新たな考え方をできるようになるかもしれません。

今しかない赤ちゃんの姿を残す記念グッズ

親子手形で家族全員の絆を深める

赤ちゃんだけの手形や足形の記念品はありますが、そこにパパとママ、兄姉の手形などが加わるともっと素敵になりますね。

「ちあき工房」の親子手形にはアクリルとコルクのものがあり、3~4人用になります。もし、兄姉の人数が多く増やしたい場合は、相談になるようです。このボードには、名前・生年月日・身長体重を入れられます。

親子だけでなく兄弟だけのバージョンもありますので、兄弟が多い場合はこちらを使ってもよいですね。兄姉の名前や生年月日、身長体重も入れられます。

ほかには、絵本の1ページのように仕上がるものもあります。ゾウ・キリンなど数種類から選べます。手形をとる絵の具には、CEマーク、APマークを取得し、安全基準をクリアしたものを使用しています。

新生児の姿写真を入れたフォトフレーム

フォトフレームには、さまざまな種類があります。アクリル、ミラー、木製など素材も色々あり、写真の枚数も1枚のものから複数のものまで幅広いです。

商品により、名前・生年月日・身長体重など入れられるものは違いますが、データを刻印できるものがほとんどです。

写真と時計が一緒になっているもの、写真と手形や足形がデザインされたもの、折り畳み式のもの、誕生石がつけられるものなど、好みや置く場所によって選ぶことができます。

アクリルは透明感がありオシャレですし、ミラータイプは光沢があるのできれいです。木製は木の素材がそのまま見えるものと色を塗装したものがあり、素材感のある方は温もりを感じられ、塗装されたものはかわいく感じられます。

赤ちゃん筆が進化!色んなアレンジ商品

赤ちゃん筆をご存知の方も多いでしょう。赤ちゃんの毛ならなんでもよいというわけでなく、胎内にいるうちから生えていた胎毛の毛先を利用します。

普通の筆の形のものは、知っている方も多いと思いますので、少し違うものをご紹介します。

本水晶やスワロフスキーでできたペンダントトップの中に胎毛を入れて残すものです。これは、ペンダントだけでなく、キーホルダーやストラップにしても使うことができます。

アクリルフォトフレームの中に、写真と胎毛を入れて飾るものもあります。生まれたばかりの写真とセットにすると、思い入れもひとしおですね。ほかにも、印鑑の軸の中に入れられるもの、胎毛自体をストラップに仕上げてくれるものなど色々あります。

頑張ったママが持ちたい記念グッズ

誕生年の様々なイヤープレートなどのグッズ

赤ちゃんが生まれると提出する出生届。いったん届け出してしまうと手元には残りません。その出生届を提出用と記録用の2枚分作成し、台紙にセットするキットがあります。出生届には、医師の証明が必要ですので、事前に渡しておきましょう。

ほかには、紙に時計を見立てたものを作り、0~12の数字のところに写真を当てはめて、生まれ時間に時計の針を固定しておくものがあります。ここに名前や生年月日、身長体重を載せても素敵ですね。

また、これを誕生日ごとに作る方法もあります。0~12の数字を1カ月と見立てて、その写真を置いていくと、1年の成長がとてもよく分かりますので、このプレートを眺めるだけで幸せな気持ちがこみ上げてくるでしょう。

開けるときが楽しみ!タイムカプセル

卒業時に記念のタイムカプセルを埋めた経験がある人もいるでしょう。それを考えると、「赤ちゃんのタイムカプセルも土の中に埋めるの?うちは庭がないから無理ね」と思う人もいるかもしれませんね。

その場合は、家で保管しておける専用のカプセルを使ってみてはいかがでしょうか。どんなに思い出深いものでも、そのままなにもせず、空気に触れるところに置いておいては劣化してしまいます。本質的価値ある輸入玩具・雑貨を取り扱う「CAST JAPAN」が販売しているメイク・ヒストリー「タイムカプセル」は、さまざまな思い出の品を真空パックで閉じ込めておくことができます。

入れるものは、手形、足形、パパやママからの手紙、産着など色々なものを検討してみましょう。

将来は我が子へプレゼントも。ベビーリング

元々、ヨーロッパには「銀のスプーンをくわえて生まれてきた子は幸せになる」という伝説があります。それが転じて、シルバーリングを贈るようになったといわれています。

ベビーリングの素材は、プラチナ、各種ゴールド、シルバー、ステンレスなどがあります。飾りの石も赤ちゃん本人の誕生石だけのものや、パパ・ママ・赤ちゃん3人の誕生石をつけることができるものもあります。

また、普通のリングや王冠をデザインしたもの、石が側面についているもの、メッセージが刻印できるものなど、素材・形ともにさまざまです。

最初はパパからママへ贈り、ペンダントとして身につけ、子どもが成長したら子どもへ贈る場合と、両親から赤ちゃんへ贈る場合の二つがあるようです。

インテリアにもなるおしゃれな記念グッズ

子どものおもちゃにもなるウエイトベア

出生体重分のお米を内祝いとして贈ることがありますが、出生時の身長体重を再現したぬいぐるみを作ることも人気があります。種類は、クマ以外にもウサギ・犬・ひつじ・ミッキーなどがあります。

ぬいぐるみのどの部分かはその商品によって異なりますが、「生年月日と時間・身長体重」の刺繍をしてくれます。

子どもが成長すると、どんな重さだったか忘れがちですが、これがあれば、抱っこするたびに生まれたころを思い出すことができ、パパもママも幸せを感じるのではないでしょうか。

既製のものだけでなく、手持ちのぬいぐるみを赤ちゃんの重さにかえてくれる業者もあります。利用したいぬいぐるみがある場合は、このサービスを考えてみてはいかがでしょうか。

インテリアにも馴染むおしゃれな命名書

命名書は、お七夜の祝いの場で赤ちゃんの名前を披露するために使われます。その命名書をそのときだけのものにしておくのは、もったいないですね。できれば、奥にしまってしまうのではなく、インテリアのように飾れるものだとよいですね。

命名書には、さまざまなものが販売されています。
・掛け軸タイプ
・フォトフレームと一体になったもの
・木製台紙にアクリルでカバーできるもの
・表札のように木に彫刻するもの
・デザインを施した台紙を額縁にいれるもの
・文字を書道家に書いてもらうもの
など数多くの種類があります。

命名書一つにも、たくさんのものがあります。そのなかで、自分のイメージや自宅に合うものを考えながら決めるとよいのではないでしょうか。

本棚に飾りたい赤ちゃんが主役の絵本

赤ちゃんが主役になれる絵本にもさまざまな種類があります。名前の部分だけ変えられる本、一部フリーページにパパやママが工夫したものを挿入できる本などです。

内容は、赤ちゃんが主役でパパとママのこんな子になってほしいという願いをこめたもの、生まれてきてくれたことへの感謝を表したもの、パパ、ママがこれからあなたを守っていくよなどの決意の話など心温まるものが多いです。

絵本を読み聞かせてもらったときに、自分と同じ名前の子が出てきたり、「これはあなたのことよ」といいながら読んであげたりすると、子どもは喜ぶものです。これをきっかけに絵本が好きになることもあるでしょう。

絵本は記念になる上に、のちのちの親子の交流にも役に立ちますね。

世界に一つの宝物を準備しよう

自宅の庭に記念樹を植える

記念樹という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、実際に記念樹を植えたことがある人は、案外少ないのではないでしょうか。記念樹とは、なにかの行事や個人的なお祝いを記念して木を植えるものです。

昔から赤ちゃんの誕生を祝って、記念樹として植えていたのは、「桐」「南天」「楠」「ムラサキシキブ」「桃の木」「金木犀」でした。しかし、「うちは庭がないから記念樹はできないわ」と思う人も多いでしょう。それでは、庭がない場合はどうすればよいのでしょうか?

そのときは、植木鉢で育てられる「オリーブの木」「ムラサキシキブ」などはいかがでしょうか。室内で育てる場合は、成長したときの大きさ、害虫、植木鉢の素材などに気をつけて選びましょう。

成人したら一緒に飲めるお酒

生まれ年のワインを記念に購入する話は、よく聞くかもしれませんね。しかし、ワインの保存方法はかなり難しいものです。ワインセラーがあればよいですが、どこの家庭にもあるものではありません。

ウイスキーやブランデーは比較的長期保存に向いています。保存は、直射日光を避け、床下収納や日の当たらない場所へ保管しましょう。一番は、ボトルセラーか生産地と同じ環境・室温での保存です。

自宅での長期保存が難しい日本酒ですが、自宅で手軽に長期保存ができる商品が開発されています。清酒「達磨正宗」は、記念祝いや贈り物としても使われているようです。

どのお酒にするかは、子どもが成長したときに、どのお酒を一緒に飲んでみたいかで選んではいかがでしょうか。

子どもの印鑑をつくる

印鑑の素材に関しては、象牙や黒水牛、柘植が有名ですね。ほかにも水晶、チタン、白檀、アクリルなど多岐にわたります。

象牙は、耐久性・捺印をしたときの感覚に優れているので人気があります。しかし、希少品のため高価です。水牛には黒水牛とカラー水牛のものがあり、一般的な黒い印鑑が黒水牛で、カラー水牛は、白水牛の角を各カラーに染めたものです。

チタンは、耐久性に優れているため男性に人気があり、天然石のものは、女性に人気があります。

彫りの種類も完全手彫りと機械彫り、仕上げのみ手彫りがあります。完全手彫りは高価ですが、同じものはなく唯一の印鑑となります。

文字だけ、文字と柄、書体もさまざまですから、色々調べてみましょう。

まとめ

記念になるものが一つでもあると、何年かしたときに残しておいてよかったとしみじみと思うものでしょう。そのためには、そのときにしか残せないものをきちんと選んでおかなければなりません。

手形・足形もその大きさはそのときだけのものですし、髪の毛も切ってしまったあとに筆を作ればよかったと思ってもあとの祭りだからです。

ぬいぐるみや印鑑、お酒など後で手配しても大丈夫なものは落ち着いてからにして、先に写真やビデオ、手形・足形をとっておくようにしてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018