就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産記念を手元に残したい!一生の記念になるメモリアルグッズ

出産記念を手元に残したい!一生の記念になるメモリアルグッズ

赤ちゃんの出産は、パパとママにとって、人生の中でもとくに印象に残る大切なできごとでしょう。そんな思い出を記念に残しておきたいという気持ちは、誰しも理解できるのではないでしょうか。我が子が大きくなるにつれお腹が膨らむ過程や、生まれてくれた思い出を記念に残せると嬉しいですね。

出産記念の品を残したいママが多い理由

妊娠、出産とママが頑張った証を残したい

妊娠中・出産ともに、それは、そのときにしか残せない証ですよね。赤ちゃんが生まれてしまえば、お腹は小さくなりますし、出産直後の赤ちゃんの姿やママ・パパの気持ちもそのときだけのものです。

だからこそ、なにか形として残せると、月日が経っても記念の品を見るだけで、そのときの感動や喜びを思い出すことができますね。子どもにとってもまったく知らない、自分が生まれるまで、生まれた瞬間、生まれて間もないころのことを知る材料になります。

記念に残すものをなににするかを考えることも、楽しみになりますね。どのような形で証を残すかは、人それぞれですが、親にとっても、子どもにとってもよいことはあっても悪いことはなに一つないのではないでしょうか。

写真以外の方法で思い出を取っておきたい

手や足にインクをつけて、紙に手形や足形を写して残しておくものは定番としてよくありますね。手形や足形を紙ではなく、キーホルダーにして残しておくこともできます。キーホルダーには「名前・生年月日・時間・身長・体重」を刻むことができ、誕生石をつけることもできます。

また、普通の手形や足形を残しておくものより高めですが、大理石や御影石に手形・足形、出生データなどを残せるもの、抜けた乳歯を1本ずつ保存しておける容器もあります。

ママと赤ちゃんが繋がっていた証である、へその緒を保存する桐を使った気密性の高い容器もあります。名前・生年月日・誕生石が刻印できます。

ほかにも色々ありますので、探してみてはいかがでしょうか。

子どもが成長したらプレゼントしたいから

どの記念の品を選択したとしても、親にとって大切な思い出となります。子どもが大きくなってから「あなたはこんなに小さくてかわいかったのよ。パパもママも生まれてきてくれたことが嬉しくて、あなたを大切に育ててきた」と伝えられるのではないでしょうか。

生まれたばかりのことや小さかったころのことは、本人は覚えていないでしょう。しかし、形として残しておけば、子どもが愛されてこの世に生を受けたことを証明することができます。

成長していけば、反抗期なども訪れますし、ときには親の愛情が伝わらないこともあるでしょう。いつの日か、それを子どもに渡せる時期がくれば、子どももまた新たな考え方をできるようになるかもしれません。

今しかない赤ちゃんの姿を残す記念グッズ

親子手形で家族全員の絆を深める

赤ちゃんだけの手形や足形の記念品はありますが、そこにパパとママ、兄姉の手形などが加わるともっと素敵になりますね。

「ちあき工房」の親子手形にはアクリルとコルクのものがあり、3~4人用になります。もし、兄姉の人数が多く増やしたい場合は、相談になるようです。このボードには、名前・生年月日・身長体重を入れられます。

親子だけでなく兄弟だけのバージョンもありますので、兄弟が多い場合はこちらを使ってもよいですね。兄姉の名前や生年月日、身長体重も入れられます。

ほかには、絵本の1ページのように仕上がるものもあります。ゾウ・キリンなど数種類から選べます。手形をとる絵の具には、CEマーク、APマークを取得し、安全基準をクリアしたものを使用しています。

新生児の姿写真を入れたフォトフレーム

フォトフレームには、さまざまな種類があります。アクリル、ミラー、木製など素材も色々あり、写真の枚数も1枚のものから複数のものまで幅広いです。

商品により、名前・生年月日・身長体重など入れられるものは違いますが、データを刻印できるものがほとんどです。

写真と時計が一緒になっているもの、写真と手形や足形がデザインされたもの、折り畳み式のもの、誕生石がつけられるものなど、好みや置く場所によって選ぶことができます。

アクリルは透明感がありオシャレですし、ミラータイプは光沢があるのできれいです。木製は木の素材がそのまま見えるものと色を塗装したものがあり、素材感のある方は温もりを感じられ、塗装されたものはかわいく感じられます。

赤ちゃん筆が進化!色んなアレンジ商品

赤ちゃん筆をご存知の方も多いでしょう。赤ちゃんの毛ならなんでもよいというわけでなく、胎内にいるうちから生えていた胎毛の毛先を利用します。

普通の筆の形のものは、知っている方も多いと思いますので、少し違うものをご紹介します。

本水晶やスワロフスキーでできたペンダントトップの中に胎毛を入れて残すものです。これは、ペンダントだけでなく、キーホルダーやストラップにしても使うことができます。

アクリルフォトフレームの中に、写真と胎毛を入れて飾るものもあります。生まれたばかりの写真とセットにすると、思い入れもひとしおですね。ほかにも、印鑑の軸の中に入れられるもの、胎毛自体をストラップに仕上げてくれるものなど色々あります。

頑張ったママが持ちたい記念グッズ

誕生年の様々なイヤープレートなどのグッズ

赤ちゃんが生まれると提出する出生届。いったん届け出してしまうと手元には残りません。その出生届を提出用と記録用の2枚分作成し、台紙にセットするキットがあります。出生届には、医師の証明が必要ですので、事前に渡しておきましょう。

ほかには、紙に時計を見立てたものを作り、0~12の数字のところに写真を当てはめて、生まれ時間に時計の針を固定しておくものがあります。ここに名前や生年月日、身長体重を載せても素敵ですね。

また、これを誕生日ごとに作る方法もあります。0~12の数字を1カ月と見立てて、その写真を置いていくと、1年の成長がとてもよく分かりますので、このプレートを眺めるだけで幸せな気持ちがこみ上げてくるでしょう。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC