就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1人目とはまた違う?2人目の出産も一生に一度のよい思い出に!

1人目とはまた違う?2人目の出産も一生に一度のよい思い出に!

一度出産を経験していても、2人目の出産はどのようなお産になるか、誰にも分からないので不安になるママも多いですよね。2人目出産の不安のほかにも、上の子との関わり方や、これから迎える2人育児が心配な方もいます。ここでは、1人目と2人目の出産はどう違うのかや、2人育児の乗り越え方などをご紹介します。

1人目と2人目の出産、どう違うの?

2人目の出産は楽って本当?

一度出産を経験していると「2人目の妊娠や出産は1人目よりも楽だといいな」と思いますよね。経産婦のほうがつわりが軽いや、出産にかかる時間が短いので楽など、経産婦に関する噂は色々ありますが2人目の出産は本当に楽なのでしょうか?

まず、経産婦のほうがつわりが軽いという噂は、残念ですが嘘の情報です。つわりの軽い、重いには妊婦さんによって個人差が大きいですよね。1人目のつわりは軽くても、2人目のつわりは重いときもありますよ。

経産婦のほうが出産にかかる時間が短いというのは、1人目のときに赤ちゃんの通る産道が広がっているため、経産婦のほうが分娩時間が短く済むことは多いです。しかし、出産の痛みは同じなので楽と感じるかはママによって違いそうですね。

経験者だからこそ怖い?出産の痛み。

2人目の出産が近づいてくると「早く赤ちゃんに会いたい」という幸せな気持ちもありますが、「出産の痛みにもう一度耐えられるか不安」「陣痛がくるのが怖い」など、一度出産を経験しているからこそ出産に対して不安を抱えている経産婦さんも多いですよね。

友人の話では、1人目を出産したときの痛みは忘れてしまっているものの、時間もかかり大変な思いで出産したため、2人目を出産するのが怖かったそうです。「2人目のほうが、早く生まれるよ」と周りに励まされても、陣痛がくるのが怖くて不安だったと話してくれました。

実際に陣痛がきてからは何も考えられず必死だったそうなので、2人目の出産もあっという間に感じたそうですよ。

同じ出産が無いからこそ、大切な思い出に。

出産とは神秘的なもので、同じ出産を経験することはほとんど無いですよね。1人目と2人目、それぞれ違う出産だからこそ、1人1人の出産を大切な思い出にしましょう。

先輩ママの話では、1人目のときは自然分娩で安産だったそうです。2人目も「1人目と同じように出産したい」と思っていたそうですが、2人目は陣痛の途中で赤ちゃんの心拍が落ちてしまい、緊急帝王切開になって怖かったと話してくれました。赤ちゃんの元気な泣き声を聞いたときは、ホッとして涙がでたそうですよ。

安産で出産しても、帝王切開でも、どの出産も人生に一度しか経験のない大切な思い出ですよね。育児日記などをつけてそのときの気持ちを忘れないように記録するのもよいでしょう。

2人目だからこその悩みあれこれ。

里帰り出産はする?しない?

実家が遠方にある場合、妊娠すると里帰り出産をするかどうか悩むママは多いですよね。特に、上の子が幼稚園などに通っている年齢になっていると「里帰り出産したいけどできない」という方もいます。

里帰り出産をする場合、出産してからしばらくの間、ママがゆっくりすごせることがメリットですよね。しかし、上の子と一緒に里帰りする場合はよいですがママと赤ちゃんだけで里帰りする場合は、上の子のお世話を誰かに頼まなければならなくなります。

里帰り出産をしない場合、退院後すぐに元の生活に戻れる所がメリットですよね。しかし、退院後はママの体調が安定していないこともあったり、上の子と赤ちゃんのお世話で大変だったりするので、周りの人のサポートが必要でしょう。

1人目のケアはどうする?

赤ちゃんが生まれることは家族にとって幸せなことですが、上の子は今までと環境が一気に変わってしまうので、ストレスを感じてしまう子が多いです。ママは赤ちゃんのお世話で大変かもしれませんが、家族みんなで上の子のケアをすることが大切ですよ。

上の子は赤ちゃんが生まれたことによって、「ママをとられた」「ママは赤ちゃんのことばかりで、自分のことを見てくれていない」と感じてしまうことがあります。パパやママは今までどおり上の子に接していても、上の子は寂しく感じていることも…。

赤ちゃん返りがあったり、上の子の様子がいつもと違ったりするように感じたら、上の子とスキンシップをとり「大好きだよ」と言葉で伝えてあげましょう。

産後の生活、2人育児のスタート!

出産後、2人育児がスタートすると「上の子が赤ちゃん返りして大変」「上の子がイタズラばかりするので、イライラして怒ってしまう」など、2人育児がなかなかうまくいかないと悩むママも多いのではないでしょうか。2人育児はママの少しの工夫次第で、スムーズに進められることもありますよ。

まず、1番大切なのは「赤ちゃんよりも、上の子を優先すること」です。赤ちゃんと上の子が同時に泣き始めた場合は、上の子から抱っこしてあげましょう。

また、赤ちゃんのおむつ交換や授乳をするときも、上の子に「おっぱいあげてもいい?」と声かけすることが大切です。上の子が「いいよ」といってくれたあとにお世話を始めると、上の子がヤキモチを焼いて邪魔をすることも少なくなりますよ。

2人目の出産準備はこれが大事!

買い足すもの、便利なアイテムはこれ!

1人目の出産準備は一からすべてそろえていきますが、2人目の出産準備となると「何を買い足せばいいの?」「2人育児で便利な育児アイテムがほしい」と、買い足すアイテムに悩むママも多いですよね。臨月までに必要なものをリストに書き、買い忘れがないように注意しましょう。

新しく買い足すもの
・おむつ、おしり拭き
・沐浴セット(沐浴剤やベビー用保湿ミルクなど)
・ガーゼ
・哺乳瓶の乳首
・新生児用綿棒

また、上の子と生まれる季節が違う場合は、肌着やベビー服、ベビー布団や毛布なども買い足す必要がありますね。

「1人目はベビーベッドを使わなかった」というママも、2人目は赤ちゃんの安全を守るためにベビーベッドやハイローチェアがあると育児がしやすく便利ですよ。

パパもママも役割分担で環境を整えよう

2人育児をスムーズにこなしていくためには、パパとママが役割分担をして協力し合うことが大切ですよね。子どもが2人いると今まで以上にママの負担が大きくなり大変なことも多いので、パパの協力が重要になってきます。

友人の話では2人目を出産してからは、パパが休日のときに掃除や料理などの家事をしてくれたり、上の子を遊びに連れて行ってくれたりしたそうです。休日にパパがたくさん上の子と遊んでくれるので、上の子も寂しい思いをせずに済んでいると話してくれました。

平日は仕事でなかなか協力できないパパでも、休日に家事や育児に積極的に参加してくれるとママは助かりますよね。ママの負担を減らし、上の子に寂しい思いをさせないことが2人育児には大切かもしれませんね。

まとめ

出産は何回経験しても、同じ出産をすることはありません。ですから、どの出産もよい思い出になるように大切に記録しておくとよいでしょう。

2人目の出産は、上の子のケアもしっかりしなければなりません。パパとママが役割分担をし家事や育児をこなしながら、上の子との時間もなるべくとるように心がけましょう。スキンシップや「大好きだよ」と言葉で伝えることで、上の子にも愛情を伝えることが大切です。よい親子関係を築けるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018