就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

我が子に選びたい子ども向け雑誌。年齢別に最適な本をご紹介

我が子に選びたい子ども向け雑誌。年齢別に最適な本をご紹介

子どもに雑誌を買うとき、ついつい付録の方に目が行ってしまいますよね。今の子ども向け雑誌って、すごいです。こんな付録がついて、なんでこんな値段?と驚いてしまいます。でも付録だけで選んでいいの?雑誌の中身も考えた方がいい?知っておきたい雑誌の選び方と年齢別おすすめの雑誌をご紹介します!

子ども向けの雑誌が大人気の理由

付録が豊富でおもちゃ代わりに買える

子ども向け雑誌の付録は、クオリティが高くて、充分おもちゃの代わりになります。安上がりな上、保護者向けの読み物までついてくることもありますから、どっちがメインなのか分からなくなりますよね。しかも、1冊分の付録の量はかなりのものです。

しかし、買うときには若干の不安もよぎります。「これ、本当に最後まで作れるの?難しそう…」
ほとんどの場合、それは余計な心配に終わります。ちょっと頑張れば、誰にでも完成できるようにうまく設計してありますよね。その緻密な計算には驚かされます。

親子で作業するのがまた楽しいですよね。パーツの切り離しや差し込みは子どもで、細かくて難しそうな箇所はパパ・ママで。

大人の作業の様子を見ることで、子どももいろんな技術を学びますし「パパ、ママすご〜い!」と尊敬もしてくれます。親子のまったりした時間がゆっくり流れていくのは心地いいものですよね。

そんな時間が、子ども向け雑誌の一番の魅力なのかもしれません。子ども向け雑誌の編集者が願っているのも、きっと、そういう親子の姿なのだと思います。

知育学習要素も入っていて楽しく勉強できる

子ども向け雑誌のすごいところは、さりげなく知育学習要素が入っていることです。遊びながらいつの間にかいろんなことを学んでいるんですね。

子どもの好奇心をくすぐる技はさすがです。長年蓄積されてきた読者の声がうまく反映されているのでしょうね。

「もじのおけいこ」コーナーでは、文字に興味を持った子が遊びの延長上で文字練習ができますし、「いろぬり」や「シールはり」も指先のスキルを高めるのにピッタリです。

遊びながら、鉛筆の握り方や使い方に慣れるような工夫もありますね。折り紙を作って、のりで貼ったりする遊びは、小学校の図工の学習に役に立ちそうです。

雑誌によっては「おやこワーク」というドリルを載せていることもありますよ。自然や季節を感じさせる読み物を掲載したり、年中行事の意味などを教えたりします。親子で一緒に読むだけで、楽しく学べそうですよ。

シールを使ったパズルやクイズも、考える力を高めるのによさそうですね。親子で解きあったり、ヒントの出し合いをしたりすると楽しそうです。何より子どもは、シールや塗り絵が大好きですもんね!

乳幼児の興味をグッと引き込む幼児雑誌

【0〜2歳】NHK「いないいないばあっ!」

NHKで「おかあさんといっしょ」と並んで子どもに大人気の「いないいないばあっ!」の絵本版です。おなじみのワンワンやうーたんが、本の中から語りかけてきますよ。

いつもテレビで見ているキャラクターが本の中にいるのは、子どもにとってはちょっと不思議な体験です。きっと、何度も繰り返して読みたくなりますね。これで子どもが絵本を大好きになること間違いなしです。絵本の入門期としてはピッタリですね。

本の中では「いないいないばあっ!」の番組での遊びはもちろん、「はってはがせるシール」や「しかけページ」もありますよ。また、紙質がしっかりしているので、小さい子が少々手荒く扱っても大丈夫です。

(偶数月の15日発売 価格800円前後)

【1〜3歳】乳児に人気の「ベビーブック」

「ベビーブック」は1〜3歳児向けの雑誌です。紙に厚みがあり、小さい子でもめくりやすい構造になっていますよ。

ベビーブックは「遊びながらが読む」がコンセプトのようで、いろんなページにたくさんの仕掛けがしてあります。キャラクターのシールを貼ったりはがしたり、音の出るページもありますよ。これなら、子どもがひとりで楽しむこともできますね。

出てくるキャラクターは、アンパンマンやドラえもん、きかんしゃトーマスが多いようです。テレビにも出てくるのでよく知っていますよね。

ベビーブックには保護者向けの付録もついてきます。今から教えておきたい交通安全のためのルールや、おかずのレシピもありますよ。

(毎月1日発売 価格700円前後)

【1〜3歳】知育玩具が人気の「げんき」

「げんき」の対象年齢は「ベビ−ブック」と同じく1〜3歳です。「遊びながら読む」というところもよく似ています。両方読んでみて、好きな方を選んでいけばいいかもしれませんね。

「げんき」は付録が充実しています。小さい子どもに合わせた、小さめサイズのおもちゃが作れるようになっていますよ。「げんきあそびドリル」という能力開発ドリルがついてきたり、キャラクターのシールもいっぱいです。付録は完成しているものが多く、工作の苦手なパパ・ママでも安心です。

キャラクターはディズニーやトミカ、チャギントンなどです。ディズニー好きの人にはおすすめかもしれませんね。Eテレのキャラもそろってますよ!

(毎月1日発売 価格700円〜800円)

幼児期の好奇心を満たしてくれる良質な雑誌

【2〜4歳】人気キャラが登場する「めばえ」

「めばえ」の対象年齢は2〜4歳です。今までの雑誌とはちょっと毛色が変わってきて「遊びながら学ぶ」という方向になってきます。文字や数字を親子で一緒に練習したり分からないところは教えてもらったりできるようになっています。遊び心を忘れない楽しく学べる工夫がたくさんですよ。

紙の質は厚いところもありますが薄くなっているところもあります。「学ぶ」というコンセプトが加わってきたので書き込みのしやすい柔らかめの紙も使ってあるのでしょうね。

内容は2歳にはまだちょっと難しいかもしれません。「ベビーブック」や「げんき」に物足りなくなってきたときに「めばえ」に移行する、という程度に考えておいた方がよさそうですね。

「めばえ」にも楽しい付録がついてきますよ。プラスティック製のおもちゃや、リアルな「ごっこ遊び」ができそうなパーツまで値段以上のものが入っています。

キャラクターはアンパンマン、きかんしゃトーマスなど子どもに人気なものが中心です。工作やパズル、クイズなど知育コンテンツも充実していますよ。

(毎月1日発売 価格700円前後)

【2〜4歳】やや女の子向けの「おともだち」

「めばえ」と同じ2〜4歳対象です。「おともだち」も「遊びながら学ぶ」という点では同じです。
「はじめてのひらがな」のページがあるので、文字に興味を持ってきたときに、ちょっと練習させてみるのもいいですね。きっと、鉛筆の使い方が上手になりますよ。

お話の文字数が多いので、個人差はありますが、2歳ではちょっと難しいかもしれません。パパさん、ママさんが一緒に読んであげてくださいね。

シールは、キャラクターものから知育ページで使うものまで両方そろっています。今日は知育をするか、キャラクターと遊ぶか、その日の気分で選べそうです。

キャラクターは、女の子向けのプリキュアやサンリオの出てくるページが多いようです。男の子は使えないかというとそうでもなくて、男の子が喜びそうなヒーローも登場しますよ。

(毎月1日発売 650円前後〕

姉妹雑誌として、プリンセスものの「おともだちピンク」、ヒーローものの「おともだちゴールド」もあります。こちらは値段も高いですが、付録も豪華ですよ。お誕生日などにいかがでしょう?

男女差が出て来る時期からの幼児雑誌

【3〜6歳】男の子にぴったりな「幼稚園」

「幼稚園」は3〜6歳対象の男の子向け雑誌です。「妖怪ウォッチ」や「仮面ライダー」「ボケモン」など、主に男の子に人気のキャラクターが出てきますよ。

これまでの雑誌と比べて、対象年齢が幅広く、小学校入学へ向けての知育ページも増えてきます。対象年齢が広いだけあって、出てくるキャラクターの種類も多いんです。

「大好きなキャラクターと一緒に思いっきり遊んで学ぼう」がコンセプトで、人気のキャラクターがとにかくあちこちに出てきます。大好きなキャラクターと一緒なら、ドリル学習も苦になりませんよね!

今までと同じで付録がたくさんついてきますが、どれも知育にちょっとだけ絡んでいるところが違います。

(毎月1日発売 価格900円前後)

【4〜6歳】女子ウケ抜群「たのしい幼稚園」

「幼稚園」が主に男の子向けなら、4〜6歳の女の子を主なターゲットにしているのが「たのしい幼稚園」です。「プリキュア」や「ももくろちゃんZ」など、女の子に大人気のキャラクターが出てきますよ。女の子ウケは抜群ですね!

付録も、おしゃれに興味を持ち始めた女の子向けに、カワイイものがいっぱいです。身につけるものや持ち運べるおしゃれグッズが多いようですよ。

キャラクターばかりでなく、知育のページも充実しています。楽しく文字や数字の練習ができるよう、いろんな工夫がされていますよ。小学校に入学してから役に立ちそうなものが盛りだくさんで、さらに保護者向けの別冊冊子もついてくるので、ちょっとトクした気分です。

(毎月1日発売 価格700円前後)

【5〜6歳】年長に「入学準備学習幼稚園」

「入学準備学習幼稚園」は、5〜6歳向けに年4回だけ発行される雑誌です。その名のとおり、小学校入学準備のための雑誌です。

文字や数字、簡単な計算など、小学校入学後に必要となる力を事前に身につけることができますよ。ただ学習するのではなく、妖怪ウォッチやドラえもんなどの人気キャラクターと一緒にドリル学習を進められるところが楽しいですね。

付録も学習教材になります。学習教材といっても、楽しく遊びながら学べるものがいっぱいですから、心配はいりませんよ。

年4回の季刊誌ということで、少しずつ入学準備ができるところもよいですね!保護者向けの入学準備冊子もついてきますよ。

(3、6、9、12月の1日、年4回発売 価格1,000円前後)

テレビ好きキッズにぴったりな4歳以上向け雑誌

ヒーローがいっぱい「てれびくん」

ヒーロー好きなら「てれびくん」がおすすめです。キャッチフレーズは「日本一のヒーロー雑誌」だそうですよ!

未就学児をターゲットにしていますが、小学校低学年あたりまで読者層は広がっています。ヒーローものはファン層が広いです。

「てれびくん」は、いつもはテレビで見ているヒーローを、絵本やまんがなどに登場させてくれます。ある意味「読むテレビ」ともいえますね。ストーリーもほぼ寄せてありますので「テレビを見てから読むか、読んでからテレビを見るか」といった楽しみ方もできますよ。

付録もヒーローだらけです。子どもが大好きな「ヒーローごっこ遊び」にたくさんのヒーローが登場しそうです。親子で楽しめますね!

(毎月1日発売 価格800円前後)

男子に人気の「テレビマガジン」

「テレビマガジン」は、スーパー戦隊や仮面ライダー、ウルトラマンなどの男子に人気のヒーローキャラクターを扱う雑誌です。ターゲットは、4歳〜小学校低学年です。

テレビ以外の情報も細かく載っていますよ。ヒーローもののおもちゃの最新情報などは、特に詳しいようです。この雑誌に載っていたおもちゃをねだられて、渋々買わされたパパさん、ママさんも多いかもしれませんね。子どもたちは目ざといですからね。

テレビマガジンでしか手に入らない付録も、毎回人気のようです。すぐに遊べる完成品や、簡単に作れる工作キット、イベントやDVDなどの最新情報も分かりますよ。レアなテレビファン男子には必読の雑誌ですね。

(毎月1日発売 価格800円前後)

親子で楽しむ絵本雑誌「ね〜ね〜」

サンエックスやサンリオ系のキャラクターが登場する雑誌「ね〜ね〜」です。キャッチコピーは「親子で楽しむ絵本雑誌」です。なんだかユル〜い感じですね。ほかにも、こげぱん、ヨーグルくん、アフロ犬、はなうたくん、お茶犬、わんぽ、さらにはリラックマなど、テレビでもおなじみのキャラが満載。大人も一緒に癒やされそうですね。

キャラクター別の4コマ漫画が楽しくて何度も読み返してしまいます。ユル〜い雑誌って、読み聞かせる方も体中の力が抜けてしまって、なんだかいい感じです。夜ぐっすり眠れそう…。

対象年齢は「少しキャラクターの違い等が分かり始めた低年齢層」だそうです。これもさすがのユルさですね。

(奇数月の15日発売 価格700円前後)

まとめ

年齢別に、親子で楽しめるおすすめの子ども雑誌をまとめてきました。お役に立ちましたか?

「年齢別」と書きましたが、子どもの成長のスピードはそれぞれです。ゆっくりゆっくり育っていく子もいます。年齢にこだわらず、子どもが好きになった本を、読みたいときに、読みたいだけ読ませてあげればいいのではないかと思います。

親は一緒に読んであげたり、一緒に付録を作ってあげたりしながら、今しかない貴重な時間を楽しんでくださいね。きっと、それが、雑誌を作っている人たちの一番の願いだと思いますよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018