就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ハーブティーはママと赤ちゃんの味方!安眠や母乳によい商品を紹介

ハーブティーはママと赤ちゃんの味方!安眠や母乳によい商品を紹介

産後すぐから始まった育児。寝不足や母乳の悩みを抱えるママはたくさんいるのではないでしょうか。そんなママはハーブティーを飲んで心も体もリラックスしましょう。ようやく出会えた可愛い赤ちゃんと笑顔で毎日過ごせるように、安眠や母乳によいハーブティーを詳しく紹介しています。

授乳中のママはハーブティーを飲もう

母乳不足にハーブティーが効果的

出産したら、何もしなくても母乳があふれ出してくる。出産前はそんなイメージを持つ方が多いですが、実際は半数の方が「母乳が出ない」「母乳量が少ない気がする」と母乳の悩みを抱えているようです。

その原因は、栄養不足やホルモンバランスの崩れ、冷えなどによる血行不良などが考えられます。母乳は血液からできています。健康的な母乳を作るためには、まずはママの身体を整えることがポイントです。

きちんとした食事で栄養を取り、身体をしっかりと温め、血の巡りをよくすることで母乳の悩みも軽くなるかもしれません。

ハーブティーにはホルモンバランスを整えたり、冷え性を改善する効果があるものもあります。上手にハーブティーを活用して、授乳期の身体を整えていきましょう。

体を温め、精神的にリラックスできる

産後、休む間もなく慣れない子育てが始まり、一気に生活リズムも変わってきます。ホルモンバランスも急激に変化することにより、ママの精神面もネガティブになりやすいです。

ハーブには身体を温める作用以外にも、リラックス作用もあります。温かいハーブティーを飲むことによって、心も身体もホッとリラックスできます。

ほかにも、子宮の痛みを和らげたり女性ホルモンの分泌を助けたり、ハーブによっては母乳の質を高めたりする作用があるといわれています。ハーブは母乳不足の解消だけではなく、ネガティブになりやすい気持ちをリラックスさせ元気にしてくれます。

産後疲れ気味のママも効果的にハーブティーを飲み、いつも笑顔で赤ちゃんと楽しく過ごせるとよいですね。

飲み方やタイミングに注意しよう

産後の身体によいハーブティー。しかし成分によっては産後の身体にNGなものもたくさんあります。

例えば、キク科のアレルギーをお持ちの方は、キク科のカモミールを摂取することによりアレルギー反応が出る場合があります。アレルギーをお持ちの方は事前に確認した方がよいでしょう。

投薬治療を受けている方も、薬の効果がハーブによって薄まったり高まったりすることがあるので注意が必要です。こちらも摂取前に確認をすると安心です。

タイミングについてですが、リラックス作用があるハーブティーならリラックスしたいとき、胃腸を整える作用があるものならば食前や食後など、成分によって変わります。

どのように飲んだら薬効を生かせるのか、事前に確認してみましょう。

赤ちゃんの眠りに効果的なハーブティー

「すやねむカモミール」ってなに?

深夜、睡眠不足のママをもっとも困らす「夜泣き」。悩んでいる人も多いと思います。
そんなママの救世主になるかもしれないハーブティーがあります。

心を落ち着かせイライラや怒りを鎮めるジャーマンカモミール、不眠の緩和や咳止め作用のあるハニーブッシュ、腸内環境を改善させるルイボスの3種類のハーブを厳選し配合したハーブティー「すやねむカモミール」です。

赤ちゃんを深い眠りに誘い、睡眠の質を高め、精神的に落ち着かせる効果があるというはぐくみプラスの「すやねむカモミール」は、オーガニックハーブを使い、カフェインゼロ、香料ゼロ、着色料ゼロで赤ちゃんに与えても安心の自然派ハーブティーです。

おやすみ前に赤ちゃんとママでゆっくりティータイムなどいかがでしょうか?

赤ちゃんはいつから飲んでもいい?

すやねむカモミールは離乳食に慣れた頃から飲ませることが可能です。目安として、離乳食をしっかり食べだした1歳頃から飲ませるとよいですよ。

ママには産後6カ月頃からリラックスティーとしておすすめです。まだ直接飲めない赤ちゃんには、すやねむカモミールをママが飲むことにより母乳を通して与えていることになりますよ。

ティーパック一つに対して96℃のお湯を約200~500mlそそぎ、3~4分待つとできあがりです。赤ちゃんには白湯で3倍に薄めたものを哺乳瓶やストローコップに入れて与えます。

赤ちゃんに与える際は、必ず冷ましてくださいね。赤ちゃんのハーブティーを冷ましている間にママはティータイムを楽しみましょう。

親子で飲んで、睡眠の質をアップさせよう

すやねむカモミールはハーブの作用によりリラックスして眠りにつくことができるので、深い眠りを得ることができます。そのため、赤ちゃんの夜泣きを減らし睡眠の質をぐっとアップさせる効果があります。

赤ちゃんも夜中にしっかり熟睡できたので、日中はご機嫌に過ごしてくれるでしょう。質のよい睡眠は赤ちゃんの生活リズムを整え、健やかな成長をうながします。

赤ちゃんが夜泣きしない分、ママもまとまった睡眠をとることができるので睡眠不足が軽減されます。十分睡眠を取れたことですっきりと目覚め、家事や育児に前向きになることができますよ。

ママと赤ちゃん、お互いぐっすりと睡眠がとれるよう、おやすみ前に一緒にティータイムを楽しみましょう。

母乳にいい人気のハーブティー3選

AMOMA 「ミルクアップブレンド」

まず初めに紹介するのがAMOMA「ミルクアップブレンド」です。ネトル、レモングラス、ジンジャー、たんぽぽ、フェヌグリーク、フェンネル、レモンバーベナ、クリーバースという8種類のハーブを使用したハーブティーです。

もちろんノンカフェイン、無香料無着色、無添加、オーガニック、無農薬原料のみを使用しており、助産師とハーブの専門家が共同開発しています。

フェンネルという母乳促進作用のあるハーブが入っているのでスパイシーでカレーのような味がします。血の巡りをよくし、母乳の量を増やす作用があります。

はじめは少し独特な味がしますが、温めて飲むとクセになります。ティーパックになっていて、1個で1L分作ることができるのでとても経済的ですね。

「ほほえみママミルクブレンド」

次に紹介するのは、ほほえみキラリの「ほほえみママミルクブレンド」です。全国の産院、助産院でも取り扱われている「香り」「美味しさ」「飲みやすさ」にこだわったハーブティーとなっています。

ルイボス、レモングラス、ローズヒップ、ピンクローズペタル、ラズベリーリーフ、ネトル、ファンネル、サンフラワーの9種類のハーブがブレンドされており、甘酸っぱい香りと美味しさでリラックスさせてくれるのが特徴です。母乳の分泌を促進し、身体の巡りを改善、母乳の量を増やす作用もありますよ。

ティーパックになっていて、1個で150mlと少し容量が少なめです。しかし、クセがなくとても飲みやすいので、どんなママにもおすすめのハーブティーです。

ティーライフ「たんぽぽ茶ブレンド」

最後に紹介するのがティーライフ「タンポポ茶ブレンド」です。麦茶のような風味でクセがなく飲みやすいのが特徴のお茶です。

ビタミンB、C、鉄分が豊富で母乳不足に効果があり、漢方の生薬としても使われるタンポポ根、タンパク質、カルシウム、カリウム、カロテン、ビタミンKや鉄分が豊富な発酵ギンネム、ポリフェノールやビタミン類が豊富で冷え性、便秘、ストレス、不眠、肥満を改善する作用のある黒豆の3種類がブレンドされています。黒豆の作用でダイエットにも効果的なので、産後太りを気にするママにはうれしいですね。

こちらもティーパック1個で500ml作ることができるので経済的です。冷やして飲むこともできるので、夏の暑い日などにピッタリです。

まとめ

産後、ママは慣れない育児を一生懸命頑張っていますよね。

赤ちゃんの夜泣きで睡眠不足になってしまったり、母乳が思ったように出なくて悩んでしまったり、ストレスを感じて育児がつらいと思ったりすることもあるのではないでしょうか。そんなときは、ハーブの力をほんの少し借りてみましょう。

肩の力を抜いて、ゆったりとハーブティーを飲んでリラックスしながら、可愛い我が子の顔を眺めて見てください。きっと、自然と自分の顔にも笑顔が浮かんできて、赤ちゃんのお世話を頑張ろうという前向きな気持ちになれることでしょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018