就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんは触ることで成長する!親子の触れ合いや消毒、除菌の必要性

赤ちゃんは触ることで成長する!親子の触れ合いや消毒、除菌の必要性

赤ちゃんは五感の中で触覚がいち早く発達するといわれています。ママと赤ちゃんが触れ合うスキンシップは大切だとよく聞きますが、どのような効果があるのでしょうか。どのような親子の触れ合いをすると効果的に成長を促すことになるのか、消毒や除菌は親子間で必要なのかなど親子の触れ合いについてまとめてみました。

赤ちゃんと触れ合うスキンシップの効果

触ることは赤ちゃんの成長を促す

新生児は五感の中でも触覚や皮膚感覚から発達するといわれています。触覚は人にとって基礎となる大切な感覚なのでしょうね。

赤ちゃんの体も心もバランスよく育てるには、皮膚をとおしてさまざまな情報を取り入れ、しっかりと体で感じ吸収できるようにすることが大切です。ママとスキンシップすることで赤ちゃんの肌は十分に刺激され、皮膚の感覚を活発化するのです。

赤ちゃんの脳は、人との触れ合いをとおして新しいことを効率的に学ぶことができるしくみになっているようです。体を触られるという心地よい体験が、赤ちゃんの脳の活動によい影響を与えてくれるのですね。

赤ちゃんは皮膚からさまざまな新しいものを学んで、成長しているのです。

愛情ホルモンは触れ合うことで分泌される

愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンは、愛情のこもったコミュニケーションである親とのスキンシップで最も分泌されるようです。

このオキシトシンは、人との愛情や絆を深める、信頼関係を築く、幸福感を高めるなどの働きがあります。たった5~10分のスキンシップでも脳からオキシトシンが分泌され、その効果は1時間ほど持続するのです。

子どもの頃に愛情ホルモンがよく分泌されると、大人になっても愛情や幸福感を感じやすい脳になるといわれています。それだけでなく、記憶力がよい、ストレスに強くなるなどという働きもあります。

赤ちゃんのときのスキンシップが、その後の脳の成長や能力、性格にまで影響を及ぼすのです。やっぱりスキンシップは大切なのですね。

「スマホネグレクト」に注意しよう!

赤ちゃん用品を買おう、わからないことを調べよう、などとスマホに集中してしまうことはありませんか?スマホに気をとられて夢中になり、子どもに意識がいかずに無視してしまうことを「スマホネグレクト」といいます。

ママは育児放棄をしている意識がなくても、結果的に軽度のネグレクトをしてしまっているのです。子どもの目を見て気持ちを込めて対応をしてもらうことが愛着形成には非常に重要になります。

その体験がない子は愛着が築かれにくく、軽度の愛着障害が生じてしまうといわれます。ママが意識していない間に、子どもの社会性や共感性が育ちにくくなったり、不安の強い子になったり、人と安定して関われなくなる可能性があるのです。スマホもほどほどにしないといけませんね。

赤ちゃんが喜ぶスキンシップの方法

赤ちゃんの好きな抱っこをする

赤ちゃんとのスキンシップといわれてすぐに思い出すのが抱っこではないですか?抱っこは大切なスキンシップの一つです。赤ちゃんは、ママが抱っこするとぬくもりを感じて安心して眠ってしまうほどです。

赤ちゃんを抱っこしているときに、ママが話しかけることも赤ちゃんにとっては心地よい刺激になりますね。お腹の中にいるときから聞いていたママの声をきくと安心するといいますから、さらに心地よくなりそうです。

抱っこしながら歩いてみたり、ゆらゆらと揺らしてみたり、トントンと背中を叩いてみたり、抱っこしながらでも、色々な刺激をしてスキンシップできそうです。赤ちゃんが喜ぶスキンシップとして、ママがたくさん抱っこしながら遊んでみましょう。

ベビーマッサージをしてみよう

生後間もない赤ちゃんでもできるスキンシップの方法として、ベビーマッサージがありますね。お風呂あがりやおむつ替えをするときなど、タイミングを決めてするとよいかもしれません。ただし、授乳後すぐや体調の悪そうなときはやめておきましょう。

ベビーマッサージは服の上からでも構いません。マッサージの流れとしては、うつ伏せにして背中をなでる、仰向けにして足を下から上になでる、手首から腕を上腕にむかってなでる、赤ちゃんの胸を中心から外に向かって円を描くようになでる、肩から手首にむかってなでる、手のひらをもみもみする、など赤ちゃんの全身をやさしくなでてマッサージをするのです。

ママがやさしく声をかけながらすると赤ちゃんも心地よくしてくれそうです。

手遊び歌や体をつかう親子遊び

赤ちゃんとスキンシップできる手遊び歌をしてみるのも楽しいですよ。ママが知っている歌を歌いながら赤ちゃんの手や足を持って歌に合わせて動かすのも立派な手遊び歌です。

ママが赤ちゃんと触れ合っていることが大事ですから、赤ちゃんの手や足をやさしく動かしながら、歌を歌ってみましょう。少し遅めのテンポの方が赤ちゃんとじっくり触れ合えますよ。

「お鼻はどこかな」と話しかけながら、赤ちゃんのお鼻をタッチして「お鼻あったね」などと体を触りながらでも遊べますね。ママが仰向けに寝て赤ちゃんをうつ伏せにして抱っこし、ゆっくりとママの体を揺らして一緒に揺れると全身を触れ合いながら遊べます。

月齢に合わせた遊びをとおして、親子で触れ合いましょう。

赤ちゃんを触るときに消毒や除菌は必要?

赤ちゃんに触る前は手を清潔にしよう

赤ちゃんは生まれたときに、ママの母乳を通じて免疫物質をもらっています。特に初めての母乳は免疫力が強く、初乳を飲んだ赤ちゃんは病気にかかりにくいそうです。

6カ月ほどすると母乳の免疫力も弱まり、赤ちゃんは自分で抗体を作るようになりますから、病気にかかりやすくなるといわれています。6カ月まででも病気にかかる可能性はありますので、油断をしてはいけませんね。

ですから、ママも赤ちゃんに病気をうつさないように注意をする必要があります。感染症などの予防のために、赤ちゃんに触れるときは手を洗い清潔にしましょう。

神経質になる必要はありませんが、外から帰ったときには手を清潔にしてから赤ちゃんに触ると安心です。

赤ちゃんが触るおもちゃの消毒や除菌方法

赤ちゃんがおもちゃで遊ぶようになると、おもちゃにばい菌がついているのか、消毒をしなくても大丈夫なのかが気になりますよね。特に口でなめたり噛んだりする時期には心配でしょう。

赤ちゃんは雑菌に触れながら免疫力を高めていきますから、きれいにしすぎてもよくありません。適度にきれいに保つ程度がよいのです。

一番簡単な除菌方法は除菌シートで拭くことです。赤ちゃんのことを考えてノンアルコールタイプがよいでしょう。ノンアルコールの除菌スプレーでも簡単ですね。

そのほかには、つけおき用消毒液につける、洗濯する、煮沸消毒するなどがあります。おもちゃにあった消毒の仕方をして適度な清潔を保ちましょう。水で洗う、日光消毒をするのもよい方法ですね。

消毒や除菌は神経質にならなくても大丈夫

赤ちゃんには清潔なものを与えたいと考えて、周囲を徹底的に消毒や除菌したくなるママもいるかもしれません。赤ちゃんは口でおもちゃを確認する際に、ばい菌が多少体の中に入ることで免疫力を高めています。

神経質になってきれいにしすぎることは、赤ちゃんの抵抗力を弱めてしまうことにもつながるのです。清潔に保つことは大切ですが、おもちゃが汚くなったら水洗いをするだけでも清潔に保つことができます。

しかし、ママやパパ、お友だちなどが感染する病気にかかっている状態でおもちゃなどに触れている場合は、赤ちゃんに感染症がうつらないために除菌をすることが必要になるでしょう。神経質に考えずに、ほどほどに清潔を保つ程度がよいのですね。

まとめ

赤ちゃんとママで触れ合ってスキンシップをすることで、赤ちゃんの肌が刺激されて脳の成長を促し、愛情ホルモンも多く分泌されます。赤ちゃんを抱っこしたり、ベビーマッサージや触れ合い遊びなどをしたりして、たくさんスキンシップをするとよいですね。

スキンシップの前には、手を清潔にしてからすると赤ちゃんの感染症の予防にもなります。神経質になる必要はありませんが、おもちゃも適度にきれいにしておくと安心です。

赤ちゃんとたくさんスキンシップをして、赤ちゃんが心身ともに成長できるよう見守りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018