就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由は?寝かしつけるときのポイント

赤ちゃんが寝る前に暴れる理由は?寝かしつけるときのポイント

赤ちゃんを寝かしつけしようと色々としてみても、泣いたり、暴れたりして、なかなか眠ってくれないと困りますよね。そんなときはどうしていますか?眠る前に暴れたり泣いたりする理由や、赤ちゃんをうまく寝かしつけためのポイントをまとめました。ママも疲れがたまらないように寝かしつけられるとよいですね。

赤ちゃんが暴れてしまう理由を学ぼう

寝る前に暴れたり泣いたりする「寝ぐずり」

赤ちゃんは話をすることができないので、泣くことで色々なことを教えてくれます。眠る前に手足をバタバタさせたり、のけぞるようにしたり、泣いたりしているのは何を伝えようとしているのでしょうか。

これは、寝ぐずりといわれていて、眠る前に起こる現象です。眠っているときに大泣きする夜泣きとはまた違います。眠りたいのに眠ることができない不快なことがあるため、暴れたり泣いたりしているようなのです。

矛盾するようですが、眠りたくないと抵抗して泣いたり暴れたりすることもあるようです。まだ起きていたい、遊びたいとママに知らせているということでしょうか。

どのような原因にしても、ママが大変なことには変わりありませんね。

寝ぐずりしてしまう原因を知ろう

寝ぐずりの原因は明らかにはされていませんが、いくつかの原因が考えられています。

ママは赤ちゃんを眠らせる前に、授乳しておむつを替えて、ママが考えられる不快な状態を取り除いていると思います。それでも、泣くのですからママも困りますよね。

赤ちゃんにとって暑かったり寒かったりしてもぐずります。赤ちゃんの顔色や汗をかいていないかなどを確認してみましょう。

体調が悪くはないか、熱はないか、下痢はしていないかなども調べてみましょう。そのほかにも、遊びたい、眠るためのアピールをしている、眠るのが怖い、お腹が張る、光や音で興奮したなどの説もあります。

原因がはっきりしないのは、赤ちゃんによって原因が違うからかもしれませんね。

寝ぐずりはママの負担になってしまうことも

赤ちゃんが寝ぐずりをすると、ママも眠ることができませんね。赤ちゃんの泣いている声を聞いていると自分が責められるような気もして、ママもイライラとしてしまうでしょう。

ママがイライラすると、赤ちゃんにもそれが伝わり、さらに寝ぐずりがひどくなることもあります。育児中のママは赤ちゃんのお世話と家事、自分の体調管理と色々としなくてはいけないことがあって疲れますよね。

そんなときだからこそ、イライラするなといっても難しいでしょう。しばらく赤ちゃんを泣かせておいて、ママは別の部屋に行くなどして気持ちを切り替えることも大事ですよ。

赤ちゃんを無視しているのではなく、赤ちゃんに少し余裕を持って対応するために必要なことだと思えば気持ちが楽ですよ。

赤ちゃんを上手に寝かしつけてみよう

赤ちゃんを寝かせるために大事なポイント

赤ちゃんが寝ぐずりで泣いたり暴れたりしていても、なんとか赤ちゃんを眠らせたいですよね。焦って眠らせようとしても赤ちゃんに伝わってしまいますから、「今は寝ぐずりしているときなんだ」と思って焦らずに対応できるとよいですね。

まずは、赤ちゃんを抱っこしてスキンシップで安心させましょう。子守歌を歌ったり、トントンしたり、揺らしてみたりしましょう。

ママの声は安心しますし、適度な揺れは眠りを誘います。少し落ち着いたら、ママの胸の上に乗せて、ママの心臓の音を聞かせてみましょう。きっとリラックスしてくれますよ。

赤ちゃんをおくるみで巻くと、ママのお腹の中を思い出して安心してくれるでしょう。赤ちゃんが安心することをするのがポイントなのです。

寝かしつける時間の目安

生後1~2カ月頃は赤ちゃんも眠ったり起きたりを繰り返していますから、まだまとまって眠ることは難しい時期です。3~4カ月頃から少しずつ夜にまとまって眠るようになってきますから、生活のリズムを整える準備をはじめてみましょう。

生活リズムを整えるのに起きる時間と眠る時間は大切です。寝かしつける時間は、20時頃を目安にして21時までには眠りたいですね。部屋を暗くして眠り、朝は朝日を浴びさせて起こすようにしましょう。

朝遅くまで眠っていると、夜もなかなか眠らなくなりますから、朝は早めに起こすことが大切です。睡眠のリズムが整ってくるのは6カ月頃からですし、個人差がありますから、焦らずに寝かしつけてみましょう。

赤ちゃんの個性を知ってあげることが大事

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別がついておらず、成長するにつれて睡眠リズムもできてきますが、眠り方にも個性があるようです。

まず、寝つきも寝起きもよい子がいます。ママも楽ですね。

寝つきはよいけれど、寝起きが悪い子は起きたらぐずります。ぐずっているときは、おっぱいをあげても、抱っこしてもダメなことが多いようです。赤ちゃんが泣き止むのを待つしかないのです。

寝つきが悪くて寝起きがよい子もいます。こうした子は好きな入眠儀式があると眠ってくれることが多いですから、どんなことをしたら眠ってくれるか色々と試してみましょう。

寝つきも寝起きも悪い子はママが一番困りますね。ママはあまり眠らせようと焦らないことが大事ですね。

赤ちゃんが暴れるときに気をつけたいこと

遠方へお出かけするときは前準備をしよう

赤ちゃんが眠るときに暴れたり泣いたりする時期に、遠出をしなくてはいけない場合は大変ですね。電車や飛行機は仕切られた空間ですから、周りの人に気を遣うでしょう。

遠出するときは前準備が必要です。電車や飛行機に乗る前は、授乳をすませおむつを替えておき、できるだけ赤ちゃんを起こしておきましょう。乗り物に乗ったときに眠ってもらうようにするためです。眠ってくれていたら静かですから。

お気に入りのおもちゃがあれば持っていきましょう。または、気に入りそうな新しいおもちゃを持っていってもよいかもしれません。

おっぱいを飲む子であれば、授乳ケープをかけて授乳していれば静かになるでしょう。できるだけ前準備をしてお出かけしたいですね。

激しい暴れ方をするときは専門家に相談

赤ちゃんがすごい勢いで泣いているとママも心配ですよね。赤ちゃんに何かあったのかと不安になります。眠っているときに大泣きしたり、激しい暴れ方をしていたりしても、寝ぐずりではないかもしれません。

眠っているときに泣いたり暴れたりする夜驚症という病気があります。子どもに話しかけ、電気をつけても無反応で、本人にそのときの記憶はありません。ひどい発作の場合、汗をかいて吐き戻してしまうこともあります。

原因ははっきりとしておらず、日中の過ごし方も影響があるかもしれないといわれています。大きくなれば自然に治るといわれていますが、ママが十分に眠れないこともあるかもしれませんし、ほかの病気であったら困りますので、専門家に相談してみましょう。

子育てママも自分の健康に注意しよう

赤ちゃんが泣いて暴れてなかなか眠ってくれないと、心身ともに参ってしまいますね。泣かせている自分を責めてしまったり、泣いている赤ちゃんを責めてしまったり、ほかのことができなくてイライラしたり、眠れなくて体も疲れきってしまったり…。

赤ちゃんのことを第一に考えるのは素敵なことですが、ママも自分の健康には注意し自分を大切にしてくださいね。ママが倒れては、家族みんなが困ってしまいますよ。

しんどいときは、周りの人にどんどん甘えましょう。気分転換もたくさんして、赤ちゃんと離れる時間を作るとよいですよ。

赤ちゃんは泣くのが仕事だと思って、泣かせないことに必死にならなくてもよいのです。泣かない赤ちゃんの方が心配ですから。

まとめ

赤ちゃんは眠る前に何か眠りにくい不快なことがあったり、眠りたくなかったりして、泣いたり暴れたりしているようです。そのようなときはなかなか眠ってくれず、泣き止んでもくれず、ママも大変だと思います。

赤ちゃんの個性を知って、赤ちゃんが眠りやすい寝かしつけ方を見つけてみましょう。うまく寝かしつけができるようになるとよいですね。

赤ちゃんが眠ってくれないと本当に大変な毎日になりますが、長い育児の中で一時的なものですから、あまり自分を責めず、がんばりすぎずに乗り越えましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018