就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで楽しむ和歌山旅行!思い出づくりにぴったりな観光スポット

子連れで楽しむ和歌山旅行!思い出づくりにぴったりな観光スポット

海に隣接し、自然が多い和歌山には、乳児・幼児連れでものんびりと楽しめる観光スポットがたくさんあります。この記事では、子どもに大人気の動物園・遊園地、雨でも安心して過ごせる博物館などの施設や、無料で思いっきり体を動かせる公園を厳選してご紹介します。和歌山旅行の参考にしてみてくださいね。

親子で1日楽める和歌山のレジャーランド

楽しさいっぱい「アドベンチャーワールド」

「アドベンチャーワールド」は、広大な敷地に動物園と遊園地が併設されています。

動物園エリアでは、イルカショーやペンギン、ライオンなども人気ですが、一番の見どころは、日本国内では3カ所しかないパンダの飼育展示です。イルカにタッチできたり、パンダを間近で見られたりするオプショナルツアーもいくつもあり、貴重な体験ができますよ。

遊園地エリアには、コーヒーカップや大型ジャングルジムなど、大きなドームの中にあるアトラクションも多く、雨の日でも楽しめます。公式ホームページからダウンロード可能な「バリアフリーガイド」には、ベビーカーや子連れで入りやすいレストラン、広いトイレの位置、アトラクションの対象年齢などが詳しく載っていて、当日の計画に一役買ってくれますよ。

地中海をテーマにした「ポルトヨーロッパ」

「ポルトヨーロッパ」は、和歌浦湾の人工島にある入園無料のテーマパークです。観覧車やメリーゴーランドなどのアトラクションのほか、石畳やレンガ造りの建物の中にレストランや雑貨店が並びます。ヨーロッパの街並みを見事に再現した美しい風景は、非日常を感じさせてくれ、歩いているだけで楽しいですよ。

「アドベンチャーキッズランド」のコーナーでは、屋内で大型ボールプールやジャングルジム、ゲームなどで遊ぶことができ、悪天候でも充分楽しめると好評です。

また、地元や日本各地の海産物が揃う「黒潮市場」や地元産の野菜や果物が並ぶ「紀ノ国フルーツ村」も併設されており、マグロの解体ショーを見学したり、果物を使ったスイーツを食べたりすることができますよ。

海が目の前に広がる水族館「串本海中公園」

南紀・串本町は、青く澄んだ海にサンゴが並び、カラフルな魚たちが集まることで知られる、本州屈指のダイビングスポットです。串本町の海沿いにある「串本海中公園」は、水族館や海中展望台、海中観光船が楽しめます。

水族館では、串本の海を再現した水槽や大型のサメやエイが泳ぎ回る水中トンネルが、目を楽しませてくれます。ウミガメの赤ちゃんの観察や餌やりも体験できますよ。海の中に建てられた海中展望台は、まるでダイビングをしているかのような視点で海中を観察できます。急な螺旋階段があり、ベビーカーは持ち込めないので注意しましょう。

公式HPから事前に申し込むと、入場料が割引になる「早割」やレストランやお土産で使える「クーポン付き割引券」が使え、お得に入場できますよ。

雨の日でも安心な屋内にある観光施設

遊びながら学ぶ「和歌山市立こども科学館」

「和歌山市立こども科学館」は、科学の仕組みを遊びながら体験できる4階建ての科学館です。ロボットと話せるコーナーや光が変化する展示など「科学とは何か」がまだわからなくても遊び感覚で体験できる展示が多くありますよ。1階にある、アスレチックのような体験装置も子どもたちに人気です。

2019年にリニューアルしたプラネタリウムは、アニメキャラクターが登場する上映回もあり、子どもが親しみやすい構成になっています。また、科学あそびや親子工作、おもしろ実験など、親子で楽しめる各教室も定期的に開講されているので、公式HPをチェックしてみてくださいね。

入園料・プラネタリウム観覧料ともに大人は300円、未就園児はどちらも無料なので、お財布にもやさしいですね。

「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」

洞窟探検が楽しめる「小原洞窟恐竜ランド&極楽洞」は、探検好き、恐竜好きの子どもに人気の施設です。洞窟のあちこちで待ち構えている恐竜の大型模型は、大声で吠えたり、ダイナミックに動いたりするため、迫力満点ですよ。山の中にあるため、都心ではなかなか味わえない大自然を体感できるのも魅力ですね。

洞窟の中は、夏は約13℃とひんやり涼しく、冬は約12℃と暖かく、暑さ・寒さにも左右されずに楽しめます。恐竜模型のほかに、滝や珍しい光る鉱物なども見られますよ。

ぬかるんだ箇所もあるため、靴やサンダルのほかに長靴を持っていくことをおすすめします。夏場は一枚羽織りがあるとよいでしょう。また、道中は階段もあるため、ベビーカーではなく抱っこ紐を用意するとよいでしょう。

自然が身近になる「和歌山県立自然博物館」

35 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事