就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

滋賀県でおすすめのアウトドアは?親子で楽しめる場所をピックアップ

滋賀県でおすすめのアウトドアは?親子で楽しめる場所をピックアップ

雄大な琵琶湖や古くから信仰の対象とされてきた比叡山など自然があふれる滋賀県はアウトドアスポットが豊富で、レジャーを目的に大阪や京都から多くの人が訪れる地域です。親子で楽しめる場所も多く、子連れでアウトドアを楽しむこともできますよ。今回は、親子で楽しめる滋賀県のアウトドアスポットを紹介します。

遊具で遊べてキャンプもできる施設

「滋賀県立びわ湖こどもの国」は全面禁煙

琵琶湖の西側に位置する高島市安曇川町にある「滋賀県立びわ湖こどもの国」は、遊びと学びを楽しめる大型児童館です。

ターザンロープやローラー滑り台が設置された広大な「芝生広場」や、小学生以上を対象としたアスレチックがある「冒険ゾーン」のほか、芝ソリやおもしろ自転車など体を動かして遊べる設備がそろっています。

また、日帰りバーベキューはもちろん宿泊もできるキャンプ場や、薪を使った調理に挑戦できるかまどもあるので、本格的なアウトドアも楽しむことが可能です。ただし、レンタルできるのはテントのみなので注意してくださいね。

入場は無料ですが駐車場利用やおもしろ自転車など一部の遊具や施設は有料です。全面禁煙なので赤ちゃん連れでも安心して利用できますね。

温泉に入れる「グリーンパーク山東」

「グリーンパーク山東」は滋賀県の東北地域に位置する米原市にあるレジャー施設です。日本百名山の一つである伊吹山が一望できる豊かな自然のなかでアウトドアやスポーツを楽しむことができますよ。

全長100mのローラー滑り台「ドラゴンスライダー」や、未就学児向けのキッズエリアは無料で利用できるほか、森のなかを探検気分で楽しめる有料のアスレチックも完備されています。

また、フリーキャンプサイト、オートキャンプサイト、コテージなどを利用して宿泊も可能です。テントや寝袋、バーベキュー台をレンタルできるほか、周辺にあるスーパーで食材を買えるので気軽にキャンプが楽しめます。

日帰り入浴ができる温泉もあるので、遊び・温泉・キャンプを一度に楽しんでもよいですね。

イベントも楽しめる「グリム冒険の森」

名神高速道路「八日市I.C」から車で約30分のところにある「グリム冒険の森」は、広大な自然の中でアウトドアを満喫できる施設です。

コテージ、オートキャンプサイト、AC電源サイト、フリーオートキャンプサイトなどを備えた広大なキャンプ場で、四季折々の自然を感じながらゆったり過ごすことができます。ペットと一緒に泊まれるサイトがあるのも魅力です。

また、ヨーロッパ文化とグリム童話を調和したデザインが特徴的な遊具で遊べる「レオパーク」や、木製ブランコやモニュメントが楽しい「ブレーメンの森」、夏季限定の「じゃぶじゃぶ池」などを無料で利用できます。

ドラム缶風呂やバウムクーヘン作りなどのイベントも充実しているので1日中楽しむことができそうです。

家族で水辺のアウトドアを楽しめる施設

「休暇村近江八幡」でクルージングやカヌー

「休暇村近江八幡」は琵琶湖まで歩いて5分のキャンプ場で、琵琶湖や沖島、比良山系を眺めながら温泉に入ることができる国民休暇村です。

キャンプ場には常設テントがあり、調理器具や食材などがセットになったプランを利用すれば手ぶらキャンプを楽しむことができます。近江牛のバーベキューやダッチオーブンを使った本格的なアウトドアクッキングも可能です。

また、琵琶湖でカヌー体験をしたり、淡水湖の島では日本で唯一の有人島である「沖島」までクルージングしたりできます。ガイドと一緒に沖島を散策するコースや秋限定の「もみじ狩りクルーズ」が人気です。

さらに、冬はバードウォッチング、夏はプールなど、季節に合わせた楽しみ方ができますよ。

駐車場も無料「宮ケ浜湖水浴場」

「休暇村近江八幡」のすぐそばにある「宮ヶ浜湖水浴場」は、日本の水泳場88選に選ばれている水泳場です。水遊びだけではなく駐車場も無料で利用できますよ。

遊泳できる範囲はブイで囲まれており、プレジャーボートやジェットスキーは乗り入れできません。遠浅で波も少ないため小さな子どもも安心して遊ぶことができますね。

また、浜辺は砂浜ではなく水際まで芝生が広がっているため、日差しが強い日でも足の裏が熱くなりません。更衣室は無料ですが、ロッカーとシャワーは有料です。

利用できるのは7月中旬から9月までの期間限定ですが、無料なので気軽に利用できます。湖水浴のあとは休暇村近江八幡の日帰り温泉で温まるのもよいですね。

「いわなの里永源寺グリーンランド」

35 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事