就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで愛知県に遊びに行こう!親子で楽しめる愛知のスポットを紹介

子連れで愛知県に遊びに行こう!親子で楽しめる愛知のスポットを紹介

愛知県には、子どもと一緒に楽しめるスポットがたくさんあります。交通アクセスが便利な施設が多いので、車を所有していない方でも行きやすいところが多いですよ。ここでは、小さな子どもから楽しめる愛知県の旅行スポットや室内遊び場、大型公園などをご紹介します。

子連れで楽しめる愛知の旅行スポット3選

レゴのテーマパーク「レゴジャパン」

愛知県は、関東や関西に住んでいる方でも旅行に行きやすい場所ですよね。ここでは、愛知県に遊びに行きたい方に、子連れで楽しめるおすすめのスポットをご紹介します。

レゴは子どもに大人気のおもちゃで、パパやママが「子どもの頃に遊んでいた」という方も多いでしょう。愛知県は、幅広い世代の方が楽しめる日本初進出のレゴジャパンがあることでも有名です。七つのエリアに分かれていてアトラクションに乗ったり、レゴに触れて遊んだりできるので、1日中楽しむことができますよ。

入場料は13歳以上が6,900円、3~12歳までは5,300円(2019年1月現在)です。少し高いと感じる方もいるかもしれませんが、レゴの世界観を十分に体感できる施設なのでパパやママも楽しめるでしょう。

猿に餌やり体験「日本モンキーセンター」

日本モンキーセンターは、さまざまな種類の猿に会うことができる猿の動物園です。世界最多の約900頭の猿が飼育されており、間近で猿を観察できるので小さな子どもから楽しむことができるでしょう。

日本モンキーセンターでは、たくさんの種類の猿を見るだけでなく、餌やり体験をすることもできます。普通の動物園では猿に餌をあげることが難しいので、パパやママも可愛らしい猿に癒やされますよ。

入園料は大人が600円、小中学生が400円、幼児が300円とお手頃価格で猿たちに会えます。隣にはモンキーパークという猿のイメージキャラクターがいる遊園地もあるので、モンキーパークと合わせて1日中遊ぶことができてよいですね。

学びがたくさん「リニア鉄道館」

名古屋市の「金城ふ頭駅」から徒歩2分のところにあるリニア鉄道館は、東海道新幹線をメインに在来線や超電導リニアなど、さまざまな鉄道を展示している鉄道館です。本物の鉄道を身近で見ることができるので、鉄道好きの子どもが大喜びするでしょう。

鉄道館には模型が置かれていたり、運転手の気分を味わえるシミュレーターがあったりと、遊びながら鉄道の素晴らしさを体感できる場所です。シミュレーターは小さな子どもでもチャレンジできるので、パパやママと一緒に運転手に挑戦してみましょう。

こちらの施設では、鉄道の歴史やリニアの仕組みなどを学べるので、子どもの付き添いできたパパやママまでリニアのことが好きになりそうですね。

子連れで楽しめる愛知の室内遊び場3選

イベントが魅力「こども未来館ここにこ」

こども未来館ここにこは、愛知県豊橋市にある赤ちゃんから楽しめる施設です。施設内にはボールプールや遊具、路面電車、知育玩具など、さまざまなもので遊べるので子どもが飽きずに1日中楽しめるでしょう。

利用料金も幼児は無料で、大人も200円とお金をかけずに利用できます。駐車場は有料ですが施設を2時間以上利用すると無料になるので、車移動の方も時間を気にせずゆっくり過ごせるでしょう。

こちらの施設では、季節ごとにイベントが多く開催されています。どのイベントも小さな子どもから参加できるので、親子でイベントに参加するのもよいですね。遊び場は年齢別に遊べるようになっているので、赤ちゃんを連れて行っても安心して見守ることができますよ。

体験型博物館「トヨタ産業技術記念館」

愛知県には、モノづくりの楽しさや素晴らしさを体感できるトヨタ産業技術記念館があります。施設は、名古屋本線の栄生駅から徒歩3分で行ける場所にあるので、電車移動のママでも行きやすいですよね。

こちらの施設は、繊維機械館と自動車館の2館に分かれているので、さまざまなモノができていく工程や、トヨタ自動車の展示などを見学できるので丸1日楽しめるほど充実した施設になっていますよ。入場料は大人が500円、中高生が300円、小学生は200円、幼児は無料なので、少ない費用で楽しめるのも嬉しいですね。

館内にはレストランやミュージアムカフェがあるので、見学の間に食事をしながら休憩ができます。子どもが遊べる室内遊具もあるため、雨の日でも安心して利用できますよ。

話題のトランポリン「ミスタージャンプ」

お天気の悪い日でも「体を使って子どもと一緒に遊びたい」というママもいますよね。名古屋市にあるミスタージャンプは、今人気のトランポリンが楽しめる施設です。こちらの施設は子どもだけでなく大人も利用することができるので、パパやママも子どもの頃に戻った気分でトランポリンを楽しみましょう。

場内はフリージャンピングゾーンや貸し切りで楽しめるプライベートジャンピングゾーン、日本初上陸のビッグスライダーやトランポリンダンクなど、トランポリンを使ったさまざまな遊びを体感することができます。とっても人気の高い施設なので、予約しておくと待ち時間なく利用できますよ。

施設の利用料は使用するゾーンによって値段が違うので、あらかじめ確認してから遊びに行きましょう。

子連れで楽しめる愛知の大型公園3選

大型遊具が魅力「とだがわこどもランド」

名古屋市にあるとだがわこどもランドは、自然を感じながら体をたくさん使って遊べる大きな施設です。施設がとても広く、遊具で遊べる広場や小さな子どもが安全に遊べる芝生広場、お天気が悪いときでも安心の屋内施設など、幅広い年齢の子が楽しめる場所ですよ。

ともがわこどもランドにある大型複合遊具は、ターザンロープやローラーすべり台など、子どもが大興奮の遊具が揃っています。砂場などもあるので、遊具で遊ぶのには少し早い小さな子どもから楽しむことができますよ。

こちらの施設では、すべてのトイレにおむつ交換ができる台が設置されています。こどもトイレがあるところもあるので、赤ちゃん連れやトイトレをしている子を連れているママでも、安心して利用できるでしょう。

本格的なそり滑りがある「市民四季の森」

市民四季の森は、愛知県の小牧市にあります。とても広い敷地のなかにさまざまな施設があり、自然を楽しみながら子どもから大人まで、幅広い世代が満足できるような工夫がたくさんされている場所ですよ。

市民四季の森でも人気なのがそり滑りです。広いスペースで距離も長く本格的なそり滑りが楽しめるので、子どもだけでなくパパやママも子どもと一緒にスリルを味わえますよ。週末には親子でそり滑りにくる方も多いようです。

ほかにも、おとぎの国にきたような可愛いきのこの遊具がある場所や、ヤギやポニー、ミニブタと触れ合えるちびっこ動物村などがあります。さまざまなエリアがあるので、お天気のよい日はお弁当を持って行き、1日ゆっくりと過ごすのもよいですね。

大きな恐竜の滑り台がある「大高緑地」

大高緑地公園は名古屋市にある大きな公園です。公園のなかには、大若草山芝生広場を中心にして、野球場やテニスコート、ゴーカートに乗って楽しむことができる交通公園、小さな子どもが遊べるベビーゴルフ場など、エリアごとにさまざまなことが体感できます。

なかでも人気の高いエリアが、大高緑地恐竜広場です。2頭の大きな恐竜の滑り台やアスレチックがあるので、恐竜好きな子や外遊びが好きな子は喜ぶこと間違いなしでしょう。

水泳場やデイキャンプができるエリアもあるので、シーズンによって行く場所を変えてみてもよいかもしれませんね。お散歩するだけでも季節を感じられて気持ちがよいので、何回も行っても楽しめる場所ですよ。

まとめ

愛知県には世界でも有名なレゴランドがあるだけでなく、リニア鉄道館や日本モンキーセンターなど、子どもの好奇心をくすぐるような施設がたくさんあります。

室内施設や大型公園も充実しているので、天候や季節に合わせて施設を使い分けるとよいかもしれませんね。子ども向けの施設に行くと、同年齢の子どもたちがたくさん遊んでいます。子ども同士で遊ぶことも成長には大切なことなので、さまざまな遊び場にお出かけしてみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj