就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家族で埼玉のアウトドアを満喫!自然と触れ合えるスポットを紹介

家族で埼玉のアウトドアを満喫!自然と触れ合えるスポットを紹介

近年では、安心して外遊びできる場所が減少傾向にあります。しかしパパやママとしては、子どもには自然の中からいろいろと学びとってほしいと思うこともありますよね。東京からのアクセス抜群の埼玉県で、自然と触れ合えるアウトドアスポットを紹介していきます。

週末に家族で行きたい埼玉のキャンプ場

温泉に入ろう「ロハスガルテンキャンプ場」

子どもができたらいつかはキャンプがしてみたい…というパパやママは多いですよね。しかし、いざキャンプをしようとなったら、何を準備したらよいのか、お風呂や食事はどうしたらよいのか、初心者には敷居が高いイメージもあります。

そんなキャンプ初心者家族でも安心して利用できるのが、埼玉県北西部、群馬県との県境にある「ロハスガルテンキャンプ場」です。ここのキャンプ場には温泉施設が併設されており、キャンプ宿泊利用者は無料で利用できるのが嬉しい点です。

キャンプというと、「狭くてお湯の出が悪いシャワー室なのでは…」という不安を持つママもいると思いますが、こちらなら広い温泉でゆっくりと体を温めることができるので、子連れでも安心ですよ。

原生林に癒される「フォレストサンズ長瀞」

秩父・長瀞(ながとろ)といえば、埼玉県を代表する観光スポットですね。手つかずの豊かな自然の中にある「フォレストサンズ長瀞」は、周りを原生林に囲まれたキャンプ場です。

今話題の贅沢なキャンプスタイル「グランピング」が楽しめる、初心者にも訪れやすい宿泊施設になっています。特徴的なのは、アメリカ直輸入という「トレーラーハウス」があるところです。

上級者にも人気のキャンプ場ですが、宿泊料金にはBBQコンロがセットになっており、食材も販売されているので手ぶらで訪れることも可能です。また、本格的なマウンテンバイクのレンタルもあるので(有料)、四季折々の長瀞の自然を感じながらサイクリングをするのもおすすめですよ。

施設充実「満願ビレッジオートキャンプ場」

長瀞から車で15分、同じく秩父にある「満願ビレッジオートキャンプ場」は場内施設が充実しているため、希望のタイプの宿泊施設が見つかるでしょう。

〈宿泊・施設タイプ〉
・アメリカントレーラーハウス…三つのグレードがあり、贅沢にグランピングが楽しめる
・木製コテージ…おしゃれで清潔感のある6タイプのコテージ
・テントキャンプサイト…高台に位置するので眺めが抜群
・デイキャンプ(日帰り)

また、満願ビレッジオートキャンプ場に宿泊すると、隣接している「秩父温泉満願の湯」という温泉施設を無料で利用することができます(1回まで)。着替えと歯ブラシセットだけ持って行けば、あとは現地で調達することができる初心者にも安心のキャンプ場です。

埼玉の大自然を満喫できるアウトドア

テントを張って川遊び「かわせみ河原」

都会に住んでいると、自然を感じながら遊ぶというのはなかなか難しいですよね。埼玉県は都心からのアクセスが抜群ながら、大自然を満喫できるアウトドアスポットがたくさんあります。

中でも埼玉県北西部、寄居町にある「かわせみ河原」は、BBQやキャンプ、カヌー、釣りなどが楽しめる、家族連れに大人気の無料キャンプ場です。広い河川敷の中まで車の乗り入れが可能なので、荷物を運ぶ手間が省けますし、小さな子どもと一緒でも安心ですね。

このキャンプ場は設備が整っているわけではないので、テントやタープなどを持参して設営する必要があります。キャンプ慣れしてきたら、ぜひ水着や釣り竿など川遊び道具を持って訪れたいキャンプ場です。

小さな子どもも一緒に「長瀞ラインくだり」

先ほど長瀞のキャンプ場を紹介しましたが、長瀞に行ったらぜひ体験したいのが「長瀞ラインくだり」です。長瀞の美しい自然風景を船から眺めるという、贅沢なアクティビティです。船はエンジンではなく、船頭さんが長い竹の棒で川底や岩を押しながら流れに沿って下っていきます。

夏には深緑の木々、秋には美しい紅葉を見ることができますよ。また、長瀞ラインくだりでは、カメやゾウやカエルに見える奇岩を間近に見られるのが特徴です。見どころを説明してくれる船頭さんの話に耳を傾けるのも楽しいですよ。

水面近くからの景色は絶景です。急に流れが速くなったり、岩にぶつかりそうになったりするスリルもありますが、小さな子どもでも一緒に楽しむことができますよ。

ハイキングには「国営武蔵丘陵森林公園」

35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事