就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで釣り堀へ行ってみよう!気になるマナーとオススメな場所

子連れで釣り堀へ行ってみよう!気になるマナーとオススメな場所

最近はアウトドアブームもあり、「釣り」を楽しむ人が増えています。釣りというと大人の娯楽のイメージも強いですが、そんなことありません。とくに「釣り堀」は子連れでも手軽で安全に釣りを体験できる場所です。今回は親子で楽しむための釣りマナーや注意点、お勧めの釣り堀スポットなどご紹介したいと思います。

子連れで釣り堀に行くときのマナー

道具の使い方をしっかり教えよう

子どもと釣りを始めるときは、まず第一に道具の使い方を教えましょう。特に糸の先に付いている針はとても危険です。細い針で刺さりやすいこと、注射針と一緒で刺さると痛いことなど危険性について伝えましょう。

次は実際に、竿を魚のいる堀に入れて動かしてみましょう。子どもは興味を持つとどうしても先さき行動を移したがります。親は子どもの行動を先回りして、上手にコントロールしましょう。竿先の糸をねらい通りに動かすことは難しく、根気がいります。きつく指導しすぎて、子どものやる気をなくさないよう気を付けましょうね。

魚も生きている!いのちの大切さ

魚がかかると、子どもは魚の力の強さに驚くことでしょう。引き上げた後も勢いよく飛び跳ね、さっきまで水の中で元気に泳いでいた魚のいのちが、今子どもの手の中にあるのです。釣れた喜びだけで終わらせるのではなく、魚にも自分と同じいのちがあることを伝えてみましょう。

釣りには狙った獲物をとる獲得感、魚の動きを感じるダイナミック感など魅力が多くあります。しかしむやみやたらに釣るのではなく、節度を持って釣りをするように心がけたいものです。釣りを通して子どもにいのちの大切さも伝われば、親として嬉しいですよね。

周りへの気配り上手を目指そう

釣り堀は、釣りを楽しみたい多くの人が集まる場所です。マナーを守って気持ちよく利用したいですよね。まずはマナーの基本、挨拶から始めましょう。次に、静かに魚を待つことを教えましょう。子どもは楽しいと興奮して騒いでしまうことがあるものです。騒ぐと魚も逃げてしまいますし、ゆっくり釣りを楽しみたい人に迷惑をかけてしまいます。

最後に切れた釣り糸や取れたり曲がったりした釣り針は、必ず施設担当の人に確認して破棄してもらうか、自身で捨てるようにしましょう。魚や鳥が誤食してしまい命に関わる危険性があります。

ポイ捨てをしないと約束しよう

釣り堀だけに限らず、ポイ捨ては厳禁です。自分の出したゴミや切れた釣り糸や釣り針なども同様です。近年ではゴミの誤食などにより、多くの生き物が死んでいます。ゴミをポイ捨てすることはその先に、地球全体を汚してしまうこと、生き物を危険にさらしてしまうことなど具体的に伝えてみましょう。

釣りをこれからも楽しみたいなら、自然を大切にすることも必要なのです。必ずポイ捨てしないと約束しましょう。またできることなら、自分のゴミだけでなく周りに落ちているゴミもあわせて拾えるようになると素敵ですね。

危険もある!大人が注意したいこと

親が子どもの手本になろう

子どもと一緒になってなにかする時間は、親にとっても楽しいひとときです。この時間は、子どもに教えておきたいことを伝えるよいタイミングかもしれません。

釣りの方法から魚の扱い方、周りへの気配りなど、子どもにしてほしいと思う行動をまずは親が手本となって行いましょう。言葉で伝えるよりも行動を見せることの方が、効果がある場合があります。

子どもは釣りを教えてくれる親のことを、普段以上に注目して見ていることでしょう。そして真似をしようとするかもしれません。こんなときこそ、手本になる行動をとるように心がけたいものですね。子どもは、親の背中をみて育つとよくいいます。子どもが尊敬できる、素敵なパパママを目指しましょう!

大人が夢中になりすぎない

子どもが「釣りがしたい」というから連れてきた釣り堀なのに、気がつけば「親のほうが楽しんでいた」なんてことあるかもしれません。もともと釣りが好きなパパママだけでなく今回初挑戦でも、釣りの面白さに夢中になるのではないでしょうか。

しかし夢中になり過ぎて、子どものことはお構いなしになっていませんか?子どもは楽しいことがあると、周りが見えなくなってしまいます。釣り堀は足元に深い水があるのです。転落の危険性もないわけではありません。

また針がついた釣竿を振り回したり、走り回ったりしていませんか?釣り堀には、注意しなければいけない場所や行動がたくさんあります。必ず子どもから目を離さず、その上で大人も楽しむようにしましょう。

針が刺さった時の対処方法

注意していても、子どもに針が刺さってしまうことがあるかもしれません。痛がる子どもに、親は焦ってしまいますよね。適切な対応が取れるように、針が刺さったときの対処法を頭に入れておくと安心ですよ。

まず刺さったからといって、無理に引き抜いてはいけません。針の形状で「かえし」と呼ばれるものがあります。かえし付きの針はかかった魚を抜けにくくするために、針先にもう一本下に向かって小さな針が付いています。

それを無理に抜くことは大変危険です。必ず病院に行き、適切な処置を受けるようにしましょう。最近は子どもの釣り針での事故が多くあるそうです。子どもと一緒に釣りをするときは「かえし」のない針をを使うようにしましょう。

家族みんなで楽しめるオススメの釣り堀

30 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版