就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとの海外旅行で知っておきたい!持ち物や注意点、おすすめの国

子どもとの海外旅行で知っておきたい!持ち物や注意点、おすすめの国

子どもと一緒に海外旅行に行くというのはなかなかハードルが高いものですが、いろいろな経験ができるので、ぜひ子ども時代に経験させてあげたいことの一つです。一人旅や夫婦での旅行とはまた違った注意点がありますので、家族旅行の計画前にしっかりチェックしておきましょう。

海外旅行の前に調べておきたいこと

航空会社ごとの子連れのルール

海に囲まれた日本の場合、海外旅行に行く際はほとんどが飛行機での旅になります。国内、海外にかかわらず、赤ちゃんや子どもと飛行機に初めて乗るのは緊張するものです。

海外となれば、0歳児であってもパスポートが必須。チケットは、航空会社によってはインファントといって大人1人につき、膝の上に座れる2歳未満の子どもは無料というところもあります。

対象年齢や子ども料金の設定も航空会社ごとに異なりますので、事前に調べておくことをおすすめします。また、最近はやりのLCCではドリンクなども有料になりますので、ミルク用のお湯を哺乳瓶に入れて持ち込むなど対策が必要です。

航空会社によってはおむつの用意や専用のベビーキットがあることもあります。

おむつなど最低限の現地のフレーズ

英語が得意というママも、それ以外の言語となるとさっぱりわからないこともあるのではないでしょうか。海外旅行の行き先は今や世界中に広がり、すべての場所で英語が通じるとは限りません。

アルファベットすら使わない国も多くありますので、必要最低限の現地の言葉やフレーズを用意しておきましょう。覚える必要はないので、メモ書きやガイドブックについている辞書にマークをつけるだけでも十分です。

英語であっても「おむつ」や「消毒薬」などの言葉はとっさに出ないものです。子どもと一緒ということを頭に入れて緊急事態に備えましょう。

いざというときにあせらないよう、旅行中はメモや辞書をいつでも携帯しておいてくださいね。

子どもを対象とした海外旅行保険

楽しい海外旅行にアクシデントはつきものですが、子どものけがや病気にはとくに注意が必要です。万が一、けがや病気になってしまった場合、現地の病院に行くことになりますが、ここで問題なのが医療費です。

旅行先にもよりますが、アメリカなどでは無保険での医療費は日本では考えられないくらい高額になります。アメリカではありませんが、友人家族は初めての海外旅行で子どもがはしゃいでホテルのベッドから落ち、額を縫って11万円ほどの出費になったと嘆いていました。

子どもとの旅行はとくに海外旅行保険に加入しておくほうが安心です。クレジットカード付帯の海外旅行保険もありますが、子どもの保障がない場合は子どものみ別の海外旅行保険に加入する方法もあります。

忘れずに持って行くべきものとは

飛行機対策に飲料やおもちゃ

子連れ海外旅行の最初の難関は飛行機の機内だといわれています。閉じられた空間では「あれを持ってくればよかった!」と思ってももう遅いので、事前にしっかり準備しておくことが大事です。

国際線では液体の持ち込みが制限されますが、赤ちゃん連れに限ってはミルク用のお湯や飲み物などを持ち込むことが許される場合があります。水筒を持っていれば、機内でお湯をもらうことも可能ですが、赤ちゃんの場合飛行機が上昇する際に耳が詰まって泣いてしまうことが多いので、できれば搭乗前に飲み物を用意しておいたほうが安心です。

フライト時間が長ければ、ぐずって泣いてしまったりじっとしていられなくなったりすることも考えられます。気分転換になるおもちゃなども忘れずに。

日焼け止めや薬などの衛生用品

海外でも医療品が買えないことはありませんが、服用方法や使用方法がわからない、効き目が強すぎるということがありますので、できるだけ日本から常備薬を持って行くようにします。子ども用の薬は特に海外にはない可能性もあるので注意しましょう。

また、現地の季節や気候に合わせて日焼け止めや虫よけスプレーなども準備しておきます。海外の蚊は子どもが刺されると赤く腫れあがるだけでなく伝染病の心配もありますので、熱帯の地域に行く場合は特に必需品です。

どこでどのような病気が流行っているかも事前にチェックできますので、厚生労働省の海外感染症発生情報などを参考にしましょう。必要に応じて、予防接種なども検討してください。

薄手の長袖やタオルなどの気温差対策

旅行先の気候は大体予想できても、季節外れの寒波など想定外のことに見舞われる場合もあります。暑い地域でも雨が降れば肌寒いこともありますし、ホテルやレストランの中が寒すぎると感じることもあるかもしれません。

大人は自分で着るもので体温を調整できますが、子どもの場合は大人が気を付けてあげないと風邪をひかせてしまうことも。まずは薄手の長袖や身体をくるめるようなタオルなど、かさばらなくて簡単に脱いだり着たりできるものを1枚用意しておきましょう。

予備の服をたくさん抱えて歩くことはありませんが、子どもはいつどこで服を汚したり、びしょぬれになったりするか予想がつきません。おむつが外れたばかりの子は特に必要最低限の着替えなど用意すると安心ですね。

子どもとの海外旅行におすすめの場所

ハワイやグアムなどのビーチ系

子どもも大人も楽しめる海外旅行先といえば、青い空と海が満喫できるビーチリゾートではないでしょうか。ハワイやグアムなら独身時代や新婚旅行で行ったことがあるというパパ、ママも多いはず。

子どもができたらぜひ一緒に行ってみたい!という希望もよく耳にしますので、毎年多くの家族連れが訪れているのも納得です。メジャーな観光地がおすすめなわけは、楽しいスポットが豊富なことだけでなく、日本語が通じるホテルや子連れファミリーにやさしい施設やサービスなどが充実しているということもあるからです。

ビーチでくつろいだり、お散歩をしたり、マリンスポーツなど様々なアクティビティがありますので、年齢問わずに楽しめます。

韓国や香港など日本に近い場所

子連れ海外旅行で一番頭を悩ませるのが長時間のフライトです。そこで、国内線と変わらない距離や時間で行ける気軽な海外旅行先として候補にあがるのが韓国や香港、台湾など日本に近いアジアです。

2、3時間で到着するので、うまくタイミングを合わせれば子どもがお昼寝をしている間に着くことも。このエリアはもともと日本人の観光客が多いので、場所によっては日本語が不自由なく通じるスポットも多くあります。

メインの街に行けば日本と同じくらい栄えているので、コンビニやスーパーなどで必要なものはほとんど揃えることができます。中華料理としてなじみのあるメニューも多いので、食を楽しむ旅としてもおすすめ。

ただし、子どもが楽しめるスポットは限られます。

治安のいいシンガポールやオーストラリア

子どもと一緒に安心して旅行を楽しむためには、治安のよしあしも大きなポイントになります。その点、シンガポールやオーストラリアは治安がよく、子どもにやさしい国民性なのでおすすめです。

どちらの国も、移住先や留学先としても人気があり、多くの邦人が滞在していることでも有名です。観光地としても充実した施設が整っているうえに、日本語が通じる病院があるなど万が一のことを考えても安全な場所です。

シンガポール、オーストラリアともに主要な都市への直行便が多くあり、フライト時間は8時間から10時間が目安です。子連れの場合は早朝便や深夜便を選び、寝ている間に現地に着くように調整するという技もあります。

とくにシンガポールは時差がなくおすすめです。

まとめ

子どもと一緒の海外旅行。最初は不安ですが、旅先では子連れならではのアクシデントがありつつも現地の人のやさしさに触れることができたり、いろいろな体験ができたりするので「行ってよかった」と感じる人が多いようです。

海外に行くことが特別ではなくなった現在、子連れが迷惑になるなんてことは考えなくても大丈夫です。海外の人は日本人以上に子どもにやさしいので、きっと感動してしまいますよ。

子どもはどんどん成長していきますので、今しかできない経験をたくさんしてもらいたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj