就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

青森の屋内のお出かけスポットは?おすすめの屋内施設を厳選して紹介

青森の屋内のお出かけスポットは?おすすめの屋内施設を厳選して紹介

子どもと一緒に出かけようと思っても、雨や雪が降っている日は公園などの外遊びスポットを利用できません。家のなかで遊ぶのももう限界というときは、天候に関係なく利用できる屋内施設を利用してみてはいかがでしょうか。今回は、青森にある屋内施設を三つのテーマに分けてご紹介します。

雨の日でも遊べる!青森の子どもの遊び場

木のぬくもりを感じる「もくもく木育広場」

JR青森駅の駅ビルLOVINA(ラビナ)の5階にある「もくもく木育広場」は、その名のとおり木のおもちゃでたっぷり遊べる屋内施設です。

靴を脱いで入れる施設内は、木製ボールプールや木製のお城など体を使って遊べるおもちゃがそろっています。小さな子ども向けのカースロープや玉転がしなどもありますよ。

また、木製の家具やフェルトのおもちゃで遊べるままごとコーナーや、木のブロック、マグネットで木を貼りつけて遊ぶコーナーなどがあり、知育遊びが好きな子どもにも最適です。

授乳室、おむつ換え台、食事スペースがあるので赤ちゃん連れでも安心して利用できます。駅ビルの中なのでアクセスがしやすいだけではなく、チケットがあれば再入場可能なのも嬉しいですね。

楽しいイベントたくさん「こどもはっち」

「こどもはっち」は八戸市三日町にある「八戸ポータルミュージアム」の4階にある屋内施設です。0歳から未就学までの子どもを持つ親子が楽しめることで人気を集めています。

施設内は滑り台つきの木製ボールプールや木のままごとコーナー、子どもが隠れて遊べる秘密基地など、体を使って遊べるおもちゃが盛りだくさんです。大型絵本や昔ながらのおもちゃなど、様々なおもちゃに触れることができますよ。

また、絵本の読み聞かせや工作イベントのほか、餅つきなどの季節の行事やフリーマーケットも開催されます。

赤ちゃんや未就学児は利用料無料、小学生以上は100円なので気軽に利用できます。授乳室やおむつ交換台完備で赤ちゃん連れでも安心ですね。

生後6カ月から遊べる施設「すくすくーる」

五所川原市の商業施設ELMの2階にある「すくすくーる」は、「あそぶことは生きること」をコンセプトとするボーネルンドが提供する屋内施設です。

巨大ボールプールやフワフワのマットの上を走れるエアトラックのほか、絵本やままごとを楽しめるコーナーもあります。津軽ならではの豊かな自然をモチーフにした空間で、興味や発達に合わせた思い思いの遊びを楽しめますね。

また、施設は生後6カ月から12歳までが対象となっていますが、1歳半以下の子ども専用のベビーエリアがあるため、赤ちゃんも安全に遊ぶことができます。おむつ替え室や授乳室も用意されていますよ。

利用料はやや高めですが、平日はフリーパスを利用できます。時間を気にせず遊びたいママにおすすめです。

遊んで学べる青森のミュージアム3選

飛行機好きなら「青森県立三沢航空科学館」

「青森県立三沢航空科学館」は、三沢空港に隣接した「三沢市大空ひろば」にある施設です。施設の外に本物の航空機がずらりと並んでいるので、飛行機好きな子どもやパパも喜ぶのではないでしょうか。

1階は航空機などを紹介する「航空ゾーン」と、展示物を使って遊べる「科学ゾーン」があります。フライトシミュレーターや月の重力体験など、楽しいコーナーが盛りだくさんです。

2階は自然界の飛ぶものやエネルギーについて学べる「ディスカバリーランド」、3階は空港を離発着する飛行機を眺められる展望デッキになっています。

中学生以下は入場無料なので気軽に利用できますよ。小さな子ども向けの「こどもスクエア」や授乳室もあるので、きょうだいで遊びに行ってもよいですね。

大水槽の展示が人気「青森県営浅虫水族館」

青森市浅虫にある「青森県営浅虫水族館」は、海の中にいるような気分を味わえるトンネルつきの「海洋大水槽」が人気の水族館です。

水族館で人気のイルカショーは津軽三味線や笛の音色に合わせた青森らしいユニークな内容となっています。イルカのパフォーマンスと一緒にステージの後ろにあるスクリーンの映像も楽しむことができますよ。

また、飼育員の解説を聞きながらイルカやアザラシ、ペンギンの食事を見られる「お食事タイム」やウミガメのエサやり体験などの体験メニューも豊富です。イルカと握手したり、海の生き物にタッチしたりすることができます。

授乳室とおむつ交換台があるので赤ちゃん連れでも安心です。小学生未満の子どもは入館料無料なので気軽に利用できますね。

三内丸山遺跡にある施設「縄文時遊館」

35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND