就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

東京でアウトドアを楽しもう!子連れで楽しむコツと人気スポット

東京でアウトドアを楽しもう!子連れで楽しむコツと人気スポット

「子どもと自然が溢れる場所でアウトドアを楽しみたい」と思っても、パパやママがキャンプに慣れていないとどのように楽しめばよいのか分からないですよね。ここでは、子ども連れでアウトドアを楽しむポイントや、東京でキャンプができるスポットなどをご紹介します。

子連れでアウトドアを楽しむコツとは

初めてのキャンプは場所選びが成功のコツ

子どもを連れてキャンプに行く計画をしているパパとママの中には「子どもがまだ小さいし、うまくできるか不安」という方もいますよね。子どもが小さいと手がかかって大変なので、キャンプは場所選びが大切ですよ。

たとえば、家から遠いキャンプ場を選ぶと、移動に時間がかかり子どもがストレスを感じてぐずる可能性があります。子どもに泣かれるとパパやママもキャンプ場に着く前から疲れてしまうので、自宅から2時間以内で到着できるところがよいでしょう。

移動時間が短いと子どもが飽きずに車に乗っていられますし、着いてからも十分な時間があるのでたっぷり楽しめそうですよね。初めてのキャンプは、パパやママの負担を軽くすることが楽しむポイントですよ。

道具はレンタルも上手に利用しよう

キャンプ場でバーベキューや宿泊をする場合、バーベキューセットやテーブル、イス、テント、寝袋など、たくさんの荷物が必要ですよね。しかし、一からすべてキャンプ道具をそろえようと思うとかなりのお金がかかるでしょう。

初めから道具をすべてそろえるのは大変なので、道具はレンタルの利用がおすすめです。キャンプ場によってはほとんどの道具をレンタルできるところもありますが、すべてレンタルしてしまうとレンタル料だけでも費用が高くなる場合があります。

ブランケットやお皿、コンロ、鍋、イスなど、家からすぐに持って行けそうな道具は持参するようにして、本当に必要なものだけをレンタルするように工夫すると節約になりますよ。

最初はデイキャンプや宿泊施設の利用もあり

子どもを連れての慣れないアウトドアは、思ったよりも体力を使ってパパやママが疲れてしまうかもしれませんね。最初から泊まりで行くと荷物が多くなって準備も大変なので、デイキャンプから始めるのがおすすめですよ。

日帰りだと着替えなどの荷物が少なく、道具も最小限用意するだけで大丈夫です。デイキャンプを何回かしていくとテントを張ったり、バーベキューの準備をしたりするのに慣れてくるので、慣れてから泊まりにチャレンジするとパパやママの負担が少なく楽しめるでしょう。

「せっかくだから泊まりたい」という方は、水道やトイレ、お風呂などの設備が整ったコテージで宿泊すると小さな子どもがいても安心して過ごせそうですね。

東京都内でキャンプが楽しめるスポット3選

海沿いキャンプ「江東区立若洲公園」

初めてキャンプにチャレンジしたいと思っても、「東京都内は都会だしキャンプ場なんてあるのかな?」というパパやママも多いでしょう。「江東区立若洲公園」は東京湾の海沿いにある公園で、バーベキューやテントを張って宿泊するなど、都内でもキャンプを楽しむことができますよ。

江東区立若洲公園は、東京駅から「都バス木11系統若洲キャンプ場行き」のバスに15分ほど乗ると到着します。キャンプ場入り口にある売店でキャンプやバーベキューで使用するテントや日用品、道具などをレンタルでき、食材も購入可能です。

東京湾から見る夕焼けや夜景がきれいなところも人気です。子どもが思いっきり遊べるようにアスレチックや芝生広場などもありますよ。

羽田空港対岸「城南島海浜公園キャンプ場」

東京都大田区にある「城南島海浜公園キャンプ場」は、羽田空港対岸にあり、離発着する飛行機を間近で見られる珍しいキャンプ場です。また、東京湾沿いにあるため、普段は見ることがない東京湾に出入りする大型船まで見られるので、飛行機や船が好きな子どもは大喜びしそうですね。

こちらはキャンプやバーベキューを楽しめるだけでなく、東京湾沿いの砂浜を散歩できたり砂遊びができたりします。スケボー広場も設置されているので、スケボーを持参して家族で楽しむのもよいでしょう。

こちらのキャンプ場は常設かまどがあるため、網や鉄板などがあれば気軽にバーベキューに挑戦できます。売店も充実していて様々なグッズのレンタルが可能なので、初心者でも安心して利用できますね。

デイキャンプができる「ワイルドマジック」

「デイキャンプから始めたい」という方は、ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩1分、東京メトロ豊洲駅北口から徒歩10分の場所にある「ワイルドマジック」に行ってみてはいかがでしょうか。こちらのキャンプ場は2017年にリニューアルしており、きれいでおしゃれなバーベキューを楽しむことができますよ。

こちらは完全予約制で道具や食材などもキャンプ場が用意してくれるため、初心者の方でも利用しやすいです。持ち込みもOKなので、子どもが好きな食材などを買って行くのもよいですね。

エリアが七つに分かれていて、子どもとゆったり過ごしたい方のための「ファミリーエリア」があります。ファミリーエリアにはハンモックがあるので、バーベキューの後にお昼寝すると心地よいですよ。

自然がいっぱい都下のキャンプスポット3選

32 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版