就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】触る!見る!聞く!感覚を刺激する「感覚ミュージアム」

【宮城】触る!見る!聞く!感覚を刺激する「感覚ミュージアム」

宮城県の北西部に位置し、温泉や自然が豊かな街、大崎市。ここに体験型美術館「感覚ミュージアム」があります。2000年にオープンした視覚・聴覚・嗅覚・触覚といった感覚をテーマにした日本で初めてのミュージアムで大人から子どもまで、世代を問わず楽しむことができます。

新しい発見がいっぱいの不思議な空間

感覚ミュージアムとは?

ミュージアム内には、実際に触れて体験するダイアローグゾーン(身体感覚空間)と光や音に耳を傾け瞑想の世界へ誘うモノローグゾーン(瞑想空間)、それぞれの空間を繋ぐトラバースゾーンの3つのゾーンで構成された美術館です。展示された作品はどれも個性的で実際に触れたりしながら、様々な発見を楽しむことができます。

他にも、軽食が取れる「カフェるぽ」や、感覚ミュージアムのオリジナルグッズなどを販売しているミュージアムショップもあります。また、屋外には風や水の流れを聞ける耳のオブジェなどが揃っている施設です。

美術館内は、ベビーカーの入館OKで、おむつ交換台もあります。惹きつけられてしまうトイレの内装写真は、おむつ交換台のある多目的トイレですが、男性用女性用も内装が凝っているので、利用する際は楽しみにしてみてください。

車で30分の距離には鳴子温泉郷

仙台市中心部からは約1時間の場所にある感覚ミュージアムへのアクセスは東北自動車道「古川IC」から車で15分、施設には無料駐車場も完備。電車でのアクセスも可能で、JR陸羽東線「岩出山駅」より徒歩7分で行くことができます。

また、感覚ミュージアムから車で30分の距離には鳴子温泉郷があり、温泉街でこけしの絵付け体験や足湯なども楽しむことができます。

子どもも楽しめる体験型ミュージアム

エントランスにある大きな円形

館内に入ると、ひときわ目立つ大きな円形の作品「サークル・ン・サークル」がお出迎え。直径3.2mの車輪を手足を使って動かすことで、壁にラクガキができる作品です。

この作品は、台の上に寝転がりペダルを足と手で回しながら動かしていきます。写真右側のペダルがチョークを上下させ、左側に写っているペダルを動かすと黒板に沿って敷かれているレールの上を車輪が進み壁に書かれていきます。

ペダル自体は、重くないですが仰向けの状態で手と足を使って動かすため150cm以下の子どもは、難しい作品。そんなときは、パパに挑戦してもらって子どもとママでパシャパシャインスタ映えする写真に挑戦してみるのもいいですね。

チョークで書かれたランダムな線が重なることで、みんなで作るチョークアートになります。
56 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND