就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】海に向かってすべるスライダー「大森ふるさとの浜辺公園」

【東京】海に向かってすべるスライダー「大森ふるさとの浜辺公園」

東京湾の入江に面した海の香りが漂う「大森ふるさとの浜辺公園」は都内初となる区立海浜公園。ここの目玉の一つは、なんと30mというロングすべり台!その長さは子どもだけではなく、大人でも驚きますね。期待に胸を膨らませて行ってきます!

「大森ふるさとの浜辺公園」までのアクセス

「大森駅」「平和島駅」から徒歩15分

公園までのアクセスは交通機関をご利用される場合は、京浜急行「大森駅」「平和島駅」から徒歩(徒歩15分)、JR「大森駅」「蒲田駅」からバス20分。

車でお越しの方は「公園併設の専用駐車場」あり、30分100円とお得な価格が財布に優しいです。近くに住まれている方は自転車で来ると気持ち良さそうですね。

今回は電車を利用して「大森駅」で下車。改札は一つだけで出口付近にMAPと公園までの距離が分かりますのでチェックください。

公園までの道のりを簡単に説明しますと、改札を出て左に真っ直ぐ(約10分)。

突き当りにゴルフの練習場があるので迂回をした裏側が公園になります。

途中、公園までの案内板がいくつかあるので、目印になりますよ。
バス移動はしなかったので分かりませんが、区のHPによるとJRの「大森駅」もしくは「蒲田駅」から「大森東五丁目」行きのバスにのって終点下車から徒歩4分とのこと。

通勤時間以外はほとんど1時間に2本なので事前に時間は確認しておきましょう。

車での移動が可能な場合は、専用駐車場が30分100円の低料金で利用できるのでおすすめです。駐車場からすべり台がある広場すぐ隣なのでとっても便利なんです。

車で向かう場合はナビで「大田区平和の森公園2-2」と入力。入り口付近は入り組んでいるので、目的地付近からは案内板を頼りにするのが良さそうです。

傾斜の緩やかな全長30mのコース

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

すべり台があるのは「ふるさとの広場」

到着!
川を挟んで「海辺の自然広場」と「ふるさとの広場」のエリアに分かれています。すべり台や遊具があるのは、ふるさいとの広場で駐車場もその隣にあります。

せっかくなので、まずは浜辺を散策。

芝生を抜けると、綺麗な白い砂浜が広がっています!屋根付きベンチも設置され、日光浴を楽しむおじさんや水際ではしゃぐ子どもたちなど満喫している様子。

それにしてもこの公園、かなり整備が行き届いているようで、砂浜はだけでなく芝生エリアを含めて全体がとくかく綺麗です。

羽田空港が近いため浜辺から飛行機を見ることができますよ。

ちなみに、遊泳や焚き火、花火などは禁止ですのでご注意を。

キッズスコーナーのあるレストハウス

浜辺エリアには、無料で利用できるレストハウスがあります。

48 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事