就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子の春夏はビタミンカラーでハッピーに!自然に取り入れるコツ

女の子の春夏はビタミンカラーでハッピーに!自然に取り入れるコツ

「ビタミンカラーを取り入れたコーデをしたいけれど、派手になりすぎないかな」「春夏にぴったりのカラーを知りたい」などと考えるママもいますよね。春夏にはビタミンカラーを取り入れたコーデがおすすめですよ。ここでは、ビタミンカラーを自然に取り入れるコツについて紹介します。

ビタミンカラーを上手に取り入れるコツ

ビタミンカラーは明るいビビッドな色の総称

春夏の定番カラーといえば、淡いピンクやベージュなどのパステルカラーを思い浮かべるママも多いですよね。春夏のカラッとした空には、元気が出るビタミンカラーのコーデもおすすめですよ。

ビタミンカラーとは明るいビビッドな色の総称を指し、代表的な色にはオレンジやイエロー、グリーンなどが挙げられます。柑橘系の果物のような鮮やかな色をイメージしていただくと分かりやすいかもしれませんね。

なぜ、これらの色がビタミンカラーと呼ばれるようになったのかをご存知でしょうか。もともと柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれていますので、そのビタミンが由来となりビビッドな色のことをビタミンカラーと呼ぶようになったそうですよ。

あわせるのはシンプルでベーシックなものを

ビタミンカラーは明るくて鮮やかな色ですので、着こなすことが難しいのではと考えるママもいますよね。実際に全身をビタミンカラーで統一すると、かなり派手な印象になってしまいがちです。ビタミンカラーを自然に取り入れるには、シンプルでベーシックなものをあわせるとよいでしょう。

例えばイエローのボトムスを着る場合は、あわせるトップスや小物は白や黒などシンプルな色を選ぶとよいでしょう。トップスもビタミンカラーにしてもよいのですが、お互いが主張しすぎてまとまりのないコーデになってしまいがちですので気をつけてくださいね。

またビタミンカラーのアイテムは存在感があるので、あわせるものは奇抜なデザインでないベーシックなものがおすすめですよ。

小物やプリントで差し色として使う

「春夏の暑い日差しにはビタミンカラーが映えると分かっているけれど、取り入れ方が難しい」「ビタミンカラーを取り入れたけれど、派手すぎる気がする」などと困っているママもいますよね。ビタミンカラーは主張の強いアイテムですが、コツを知れば簡単に取り入れることができますよ。

ビタミンカラーを取り入れたいけれど難しいと感じているならば、まずは小物やプリント柄に差し色として取り入れるとよいでしょう。差し色とは、コーデの基調である色に対して、同色系ではないアクセントとなる色を取り入れることを指します。

白や黒などシンプルな色を基調としたコーデに、ビタミンカラーの小物やプリント柄を差し色として使うとお洒落に見えるでしょう。

我が子の可愛さがさらに引立つコーデ12選

キッズコーデ:www.teniteowear.jp
鮮やかなイエローのニットベストにはゴールドの繊維が含まれていますので、着るだけで高級感が出るでしょう。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
イエローのワンピースにシンプルな白い帽子をあわせることで、お手本のようなビタミンカラーコーデが完成です。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ビタミンカラーのイエローとグリーンを引き立たせるために、柄のないシンプルなカーデとワンピースを組みあわせるのもおすすめです。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
グリーンを基調とした存在感のあるワンピースに、あえてリバティ柄のリュックをあわせるという上級者テクニックです。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
オレンジのゆったりとしたトップスには、春夏にぴったりなシルエットのスカートをあわせるとよいでしょう。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
切り返し部分のイエローがよいアクセントになっていて、このワンピースがあれば簡単にビタミンカラーコーデができますね。
35 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版