就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の野菜に関する悩みを解決!摂取量の目安と野菜嫌いの対処法

幼児期の野菜に関する悩みを解決!摂取量の目安と野菜嫌いの対処法

子どもが野菜嫌いというのは、親にとって今も昔も変わらぬ悩みのひとつですよね。成長とともに味覚が変われば食べられるようになるとわかっていても、健康のためになんとか野菜を食べてもらいたいというのが親心です。幼児期の野菜嫌いの原因を知るとともに、野菜不足の対処法などもご紹介していきます。

野菜が嫌いで食べない!原因と対処法

子どもが野菜嫌いな原因は?

ママ自身も子どもの頃苦手だった野菜はありませんか?いつの間にか食べられるようになっていて、子どもの頃なぜ嫌いだったのか、自分でもわからなかったりしますよね。

子どもは味覚が非常に敏感です。危険を察知するために、苦味=「毒性があるもの」、酸味=「傷んでいるもの」と、本能的に判断するのだそうです。野菜はまさに苦味と酸味があるものが多いので、どうしても食べにくくなってしまうのでしょう。

また、味だけでなく「食感」や「匂い」や「見た目」で嫌いになることもあるようです。火を通したナスのような「ふにゃふにゃ」した食感、シソやフキなどの「青くさい」匂い、きのこ類や海藻類などの見た目は、子どもに不人気の傾向にあります。

甘みのある野菜から食べて野菜嫌い克服!

子どもに「野菜=嫌い」という思い込みを持たせてしまうと、克服するのがなかなか難しくなってきます。無理やり苦手な野菜を食べさせるのではなく、食べられる野菜から徐々に挑戦していくというやり方の方がよいでしょう。

各調査機関が発表している「子どもが好きな野菜ランキング」を見てみると

ミニトマト
かぼちゃ
じゃがいも
さつまいも
とうもろこし

など、甘味のある野菜が人気という結果になっています。

どんな種類の野菜でも、食べられたときには「野菜を食べてえらいね~!」「ママ嬉しいな!」と、たくさん褒めてあげてください。自分は野菜が好きなんだ、と思わせることで、幼児期に野菜への苦手意識を持たせないようにするのが大切です。

自分で作ったものなら食べられることもある

幼児期の子どもはママのまねっこやお手伝いが大好き。そこをうまく利用して一緒に料理を作ってみることで、苦手な野菜も食べられるようになるかもしれません。

小さな子どもでも、野菜を洗ったり、葉をちぎったりするなど簡単なことはできます。食材を混ぜる、器に盛り付けるといったことでもよいですね。そして完成した料理を「あなたが作ったからとってもおいしいよ!」と少し大げさに褒めてみてください。嬉しくなって「食べてみようかな」と思うかもしれません。

また、野菜を育てるところから一緒に体験してみるというのもよいでしょう。出された料理を食べるだけでなく、自分が関わることで「野菜」自体に興味がわくかもしれないのでおすすめです。

野菜不足が心配!摂取量や解消方法

子どもの1日の野菜摂取量の目安は?

「野菜不足」は大人でも多くの人にあり得ることです。体が小さいとはいえ、子どもにも推奨される野菜の摂取量があります。目安となる量は下記のとおりです。

【1~2歳】
緑黄色野菜…90g
いも類…40g
その他の野菜…120g

【3~5歳】
緑黄色野菜…90g
いも類…60g
その他の野菜…150g

少しわかりにくいかもしれませんが、摂取量の目安はだいたい大人の半分と思ってよいでしょう。ポイントは「バランス」です。好きだからといって「いも類」ばかり食べてしまって、葉物野菜や根菜類を取らないというのはよくありません。緑黄色野菜の中でも比較的食べやすいかぼちゃやにんじん、火を通すと甘味が出る玉ねぎなどをうまく取り入れながら、バランスよく食べさせたいですね。

野菜不足だとどうしてよくないの?

野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養素が含まれており、成長期の子どもには必要不可欠です。野菜が不足することで起こる体の不調にはどのようなものがあるか見てみましょう。

【便秘】
食物繊維の不足だけでなく、野菜に含まれる水分やビタミンが不足することも便秘の原因となり得るようです。
【自律神経の乱れ】
ビタミンやカルシウムが不足することで自律神経が乱れ、集中力が欠けたりイライラしやすくなったりします。
【免疫力の低下】
野菜に含まれるビタミンやミネラルには、免疫力を高めてくれる働きがあります。不足すると傷の治りが遅くなったり、体調を崩したりしがちです。

野菜不足は、心の発達にも、体の発達にも影響を与えてしまうようです。

野菜不足を解消する方法は?

野菜不足解消には、料理を作るママの努力も必要です。しかし忙しい朝や夕方など、凝った調理をするのはママにとってもストレスになってしまします。簡単にひと手間で食卓に出せる野菜の調理法を知っておくとよいですね。

おすすめなのは「電子レンジ調理」です。一口大に切って加熱するだけで、温野菜が完成します。子どもが好きなマヨネーズやケチャップなどを添えれば、より食べやすくなりますね。普段の献立に、野菜を一品追加するだけでよいので、ぜひ取り入れてみてください。

また、苦手な野菜を食べやすくするには、好きな食材と合わせて調理するのが効果的です。ハムやソーセージなどと一緒に炒めると、うまみが増して食べてくれることがあります。

野菜嫌いでも大丈夫?野菜を隠す作り方

野菜を細かくすりおろす

野菜の見た目や食感が嫌いという子どもには、細かくすりおろして調理する方法がおすすめです。すりおろすことで旨味や甘味が増して、子どもでも食べやすくなります。また、苦手な食感も隠すことができますね。

すりおろしに向いている野菜は
・だいこん
・じゃがいも
・山芋
・玉ねぎ
・れんこん
・にんじん
・かぶ
など。

合いびき肉と合わせてハンバーグにしたり、鶏ひき肉と合わせてつくねにしたりすると、より食べやすくなるでしょう。また、野菜はすりおろすことで、消化や代謝を高めるはたらきのある「酵素」が増えるといわれています。とくに皮の近くに栄養が多く含まれているので、皮をむかずに丸ごとすりおろすことをおすすめします。

下ごしらえで野菜の苦味を取り除く

子どもだけでなく大人でも苦手という人の多い、野菜の「苦み」を取り除く下ごしらえの方法をいくつかご紹介します。

【冷凍保存】
冷凍することで野菜の細胞が壊れて、独特の青くささや苦味が軽減します。調理しやすい大きさにカットしたら、さっと茹でて水気をしっかり拭きます。冷凍用の保存袋に入れて、2週間をめどに使い切ります。

【電子レンジで加熱する】
フライパンで焼いたり炒めたりする前に、電子レンジで軽く加熱しておくと、野菜がやわらかくなって甘味が増します。

【オーブントースターで焼く】
煮物や揚げ物にする場合、先にオーブンで焼いておくと、苦みが軽減します。その際少量の油をふりかけると、苦味をより緩和することができます。

子どもの好きな食べ物に混ぜる

嫌いな野菜の姿かたちが見えないように、好きな味付けの料理にこっそり混ぜ込むのもいい方法です。

【カレー・シチュー・ハヤシライス】
ルーの味がしっかりしているので、どんな野菜の味もうまく隠してくれます。具材を小さめにカットすれば、更に食べやすくなるでしょう。

【ハンバーグ】
みじん切りにした野菜をひき肉と一緒に混ぜ込むことで、嫌いな味はほとんどわからなくなります。

【お好み焼き】
ねぎ、ニラ、キャベツなど、子どもが苦手な野菜も、一緒に焼いてソースをかければ、大好きなメニューのひとつになりそうですね。

【ホットケーキ】
かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などをミキサーにかけ、ホットケーキ生地に混ぜ込むと、おやつ感覚で手軽に野菜を取ることができます。

まとめ

子どもの好き嫌いが多いと、毎日の献立を考えるのはほんとうに大変ですよね。しかしバランスのよい栄養のためと、嫌がる野菜を無理やり食べさせるなどすると、ますます苦手意識が強くなり、克服するのにかえって時間がかかってしまうこともあります。

まずは食事は楽しいものだと思わせることが大切です。そして苦手だった野菜が食べられたときには、ちょっと大げさなくらい褒めてあげてください。手間と時間がかかるのでママは大変ですが、気長に子どもの味覚の成長を見守っていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018