就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代で食欲旺盛になるのはなぜ?食欲旺盛の原因や対処法について

40代で食欲旺盛になるのはなぜ?食欲旺盛の原因や対処法について

急に食欲が旺盛になると「妊娠しているわけでもないのにどうしたんだろう?」と不思議に思うママもいるかもしれませんね。40代ママが食欲旺盛になる原因はストレスや更年期障害の可能性もあるようです。食べ過ぎを防ぐためのコツも紹介したいと思うので、ダイエット中のママも覗いてみてくださいね。

40代ママの食欲旺盛の原因とは?

自律神経の乱れからくる「ニセ食欲」

40歳以降に、「ニセの食欲」が出てくることをご存知ですか?ここでは、その原因と対策を紹介したいと思います。

アラフォー以降に「食べ盛り」を迎える人が増えているようです。代謝が下がる40代の体での食べ過ぎは、肥満につながります。この食欲の原因は、ホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れからくるようです。

自律神経の働きと、ホルモン分泌に関係しているのが、脳の視床下部という部位。視床下部は満腹中枢を管理していて、食欲や空腹感をコントロールする役目もあります。40代以降は、ホルモンも自律神経も乱れがちになり、その視床下部の働きが不安定になってしまうのです。その結果、空腹ではないのに「お腹が空いている」と錯覚するニセ食欲が発生します。

実は病気の初期症状や更年期障害の可能性も

異常な食欲は、糖尿病の初期症状や更年期障害の可能性もあります。

糖尿病になると血液中に糖が増えますが、糖尿病初期では、上がった血糖値を下げようとしてインスリンが過剰に分泌されます。すると今度は、必要以上に血糖値を下げてしまうことになり、低血糖が過食行動を引き起こしてしまうのです。

また、更年期に入ると、エストロゲンの減少やストレスによって、過食行動を起こすことがあります。1日3回、普通の量の食事をしていたのに、急に食欲が増えたり甘いものが欲しくなったりする…というような症状が現れた場合、糖尿病や更年期障害の可能性を考えてもよいかもしれませんね。いずれも、自分でコントロールするのが難しいので、病院に行くことをおすすめします。

子どもも食欲旺盛すぎると成人病の危険が

40代のママは、子どもが食欲旺盛で不安になることもあるでしょう。子どもの過度な食欲は、成人病につながる恐れがあるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

お子さんの年齢で成人病にあたるのは「小児生活習慣病」です。2型糖尿病、脂質異常症、高血圧などがあります。肥満症やメタボリックシンドロームから発展することが多い病気です。そのため、適正な体重を維持することが重要になります。

対策としては、以下のような方法があります。

・清涼飲料水やおやつを控える
・栄養バランスのよい食事を食べさせる
・運動や外遊びをよくする

しかし、成長期が終わるまでは、積極的に減量をしなくても、適正な体重を維持するだけで肥満が解消されてくようですよ。

子育てママの更年期障害との付き合い方とは

更年期障害が始まる40代ママの体の仕組み

一般的には45~55歳が更年期といわれます。更年期にはいろいろな症状が出てきますが、これには女性ホルモンのエストロゲンが関係しているようです。エストロゲンは8〜9歳頃から卵巣で分泌され、30代半ば頃にピークを迎えます。それ以降は、卵巣機能の低下とともにエストロゲン量も減っていきます。

そしてエストロゲンは、40代後半から急激に減少します。このような変化にともなって起こるのが更年期障害と呼ばれるさまざまな不調なのです。

エストロゲンの分泌量をコントロールしているのは、視床下部の下垂体です。しかし40代後半からは、下垂体が分泌を指示しても分泌されないので、脳が混乱を起こします。その混乱は自律神経にも伝わって、冷えなどの不調が起きるのです。

一般的な更年期障害で起こる症状

更年期には、ホルモンバランスの変化が、各種の不調を引き起こします。

具体的には、頭痛、めまい、ほてり、発汗、のぼせ、イライラ、肩こり、冷え、動悸、不眠、下痢、便秘などです。これらの症状は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」とも呼ばれています。 精神神経症状、運動器官の異常、泌尿器・生殖器系の異常、知覚障害など多種に渡りますが、症状には個人差があり、かなりつらい人もいれば、とくに症状が出ない人もいるようです。

「更年期=更年期障害」というわけではありません。実際は体の不調が強く、病院での治療が必要な状態を更年期障害と呼びます。ちなみに日本産婦人科雑誌によると、一番多い症状は肩こり、二番目が疲れやすい、三番目が頭痛です。

家族にも頼りながら自分の体と向き合おう

更年期障害は、1人で乗り切ろうとするとつらいものです。家族にも頼りながら、自分の体と向き合うことをおすすめします。旦那さんにも、自分の状態をきちんと説明し、助けてもらいましょう。

更年期障害のつらい時期には、自分の気持ちをコントロールすることは難しいものです。そんなときは、自分を許すような心持ちも大切でしょう。例えば、予定していたことができなかったときなども、自分を責めてはいけません。それは自分を苦しめることになります。自分に寛容でいることが、ひいては家族や他人に寛容になることにもつながるはずです。

家族や友人に理解してもらったり、趣味や好きなことに取り組んだりしてストレスをうまく解消しながら、乗り越えていきましょう。

40代ママの食欲を抑える対処法を知ろう

家族で健康を意識し、食事はよく噛む

過度な食欲を抑える第一歩は、まずは日々の食事から。難しいことはありません、まずは「よく噛む」という基本を守ってみてください。「30回噛むとよい」と聞いたことはありませんか? これは事実に基づいた話で、何かを噛むほど満腹中枢が刺激され「お腹がいっぱいだ」と感じやすくなる仕組みがあるのです。

「食べても食べても、満たされない…もっと食べたい…」、そんな人はじつは食事の量ではなく、食事のスピードが問題であることが多いのです。

食欲をなくすことはできません。でも、よく噛むことを徹底するだけで、食べる量が確実に減っていきますよ。よく噛むこと、そして食事に時間をかけることを、ぜひ意識してみてください。

食事前にコップ一杯の水や炭酸水を飲む

食事の前にできることもあります。それは、ご飯やお菓子などを食べる前にコップ1杯のお水を飲むことです。コップ1杯の水をお腹に入れることで、食事量の制限につながる効果があります。

もちろん、この方法で毎回食欲を止められたり、食事量が確実に減るわけではありません。それでも「何か食べたいな」ということが続いたときなど、コップ1杯のお水を飲めば「あ、じつはそんなに減ってなかったかも?」と思うことがあります。

水よりもおすすめなのは、炭酸水です。炭酸水を飲むと胃がふくれるので、お腹が空いたときに飲めば間食を予防できます。また、食前に飲めば食事の量を減らす効果も期待できます。ただし炭酸水は無糖のものにしてくださいね。

家族みんなで野菜から食べる習慣をつける

最後におすすめする対策は、ママだけではなく家族みんなで「野菜から食べる」習慣を身につけることです。

食事のとき、最初に炭水化物を食べてしまうと血糖値が急上昇します。すると、その反動で血糖値が急激に下るので、すぐお腹が空いてしまうことになります。ですが、野菜や食物繊維を摂った後に炭水化物を食べれば、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

野菜をはじめに食べれば、その後の主食の量を減らす効果も期待できますよね。血糖値の上昇を抑えることは、健康維持にも大切です。ママが1人で頑張るよりも、家族みんなで野菜から食べる習慣を作れば、家族の健康や幸せに繋がります。シンプルに試せる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

40代になると、食欲旺盛や更年期障害など、難しい問題に向き合うことも出てきます。自分でコントロールするのが難しいですし、だからこそ自分を責めないで、家族や周りの理解や助けを求めることも大切です。ストレスをうまく発散する方法も、ぜひ確保しておいてくださいね。

ストレス対策や更年期障害などの正しい知識を身につけて、予防や対策を知っておくと、いざ症状が出たときにも対処がしやすくなります。また、症状がひどい場合は、早めに病院を受診しましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018