就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママに嬉しい作り置きおかずダイエットって?やり方と美味しいレシピ

ママに嬉しい作り置きおかずダイエットって?やり方と美味しいレシピ

出産をしてママになって、体重が気になりだしていませんか?ジムに行ったり、走りに行ったりするのは子育てをするママには難しいと思います。毎日の料理で楽に美味しくダイエットできる、作り置きおかずダイエットでバランスよく、健康的にダイエットしてみませんか。

作り置きおかずダイエットの嬉しいメリット

栄養バランスがよくレシピも簡単

作り置きダイエットという言葉を聞いたことありますか?低糖質の簡単なおかずをまとめて作り、それを電子レンジでチンして食べるだけというダイエットです。

このダイエットは、作り方も簡単で、量を食べても痩せやすいということです。その秘密は低糖質なおかずは血糖値の上昇が緩やかになることで、脂肪が付きにくくなるからです。

また、フライパンなどを使用すると油をどうしても多く使ってしまいますが、このダイエットではなるべく電子レンジを使うことで、油を使用せず低カロリーにしていることです。

カロリー制限ダイエットよりも、量を食べることができるため、持続しやすいのもポイントです。基礎代謝も落ちにくいのでリバウンドもしにくい所も嬉しいです。

作り置きなので節約になり継続しやすい

ママにとって、時間はいくらあっても足りないでしょう。あっという間に1日が終わってしまいますよね。

そして、子どもが生まれると、何かと出費も増えます。作り置きダイエットはあらかじめレシピを考えて作ることで、節約することができます。

レシピに従って必要な食材のみ買うことで、無駄買いを減らすことができますし、余分な食材が余ってしまうことも少なくなります。そして冷蔵庫の中もすっきり整理することもでき、冷蔵庫の中身を把握しやすいので、同じものを買ってしまうなんてことも減らすことができますよ。

また小さい子どものいるママにとって、買い物も一苦労ですよね。まとめて作る作り置きは買い物へ行く手間も省くことができます。

1週間分のおかずを作るので時短になる

赤ちゃんや小さい子どものいるお家では、「忙しくしていると気づかないうちにパパの帰る時間になってしまっていた」そんな経験はありませんか?作り置きダイエットは、まとめておかずを作るので忙しいママにとって、時短になりますし、そんなときでも温めるだけと簡単です。

作り置きダイエットのレシピは1週間分のおかずを作ることから始まります。そのため1週間に1度だけ、子どもが寝た後に頑張ってメイン料理を作りましょう。そうすれば後はお味噌汁などを作れば立派な食卓になります。

作り置くことで、毎日のメニューに頭を悩ますこともなくなりますし、時間も有効に使えるので心にゆとりも出てきます。子どもと毎日笑顔で過ごすためにも、作り置きダイエットはとてもおすすめです。

作り置きおかずダイエットの方法

1週間分のおかずを1日で一気に作る

ここからは、具体的なダイエット方法を紹介していきたいと思います。まず最初にも書いたとおり、作り置きダイエットは1週間分のおかずを1日で一気に作ることから始まります。

レシピ本を参考にすることをおすすめしますが、1週間分のおかず14品(絶対的な決まりはありません)を1日でまとめて作り、作ったおかずは、1品ごとにタッパーなどに分けて冷蔵庫に保管します。

このダイエットを提唱された方は、慣れれば1時間で作ることができるとおっしゃっていました。料理の得意不得意もありますが、レシピを見ることで慣れない方でも、2時間ぐらいで作ることができます。

このぐらいの時間であれば、忙しいママでも作れるのではないでしょうか?

1日3食好きなおかずを組み合わせて食べる

次は作ったおかずの食べ方ですが、これはとっても簡単です。1食に作り置きしたおかずを2品から4品ぐらいを組み合わせて食べるだけです。食べるときは電子レンジでチンしてくださいね。

食べ方はこれだけです。とても簡単ですよね?できたらそれを朝昼晩食べられると理想的です。お仕事をしているママはお弁当を持っていけるのなら、朝パパッとお弁当箱に詰めて、出勤すれば節約にもなりますし、健康にもよいのでおすすめです。

14品と種類も豊富なので、ダイエットにありがちな毎日同じ食べ物にならないので、飽きずに長く続けることができます。そして栄養バランスも考えられているので、健康的な食生活を送れるのもとても魅力的ですよね。

効果を高めるために気を付けたいこと

作り置きダイエットだけでも十分に効果は確認されていますが、どうせならもう少し効果を高めたいなと思いますよね。そのために気をつけたいことを、少しご紹介していきます。

まず、ダイエットではよく耳にすると思いますが、血糖値を急上昇させる働きがある、炭水化物は控えめにすることです。すこしだけ意識をして、お茶碗を小さくしてみたり、いつもより少しのご飯をよく噛むなどすると、効果を高めることができますよ。

そして次は、バランスのよい食事を心がけることです。野菜はもちろんたくさん食べるとよいと知っているママも多いと思いますが、肉や魚もバランスよく食べることで、筋肉が落ちずリバウンドしにくい体を作ることができます。

作り置きおかずダイエットおすすめレシピ

おからパウダーを使ったお好み焼き

ここからは実際におすすめレシピを紹介していきます。まずは炭水化物が多いイメージのお好み焼きです。このレシピはおからパウダーを使用することで、糖質を減らすことができます。

ダイエットとはいえ、卵も肉も同じように使用しているので、ダイエットをしていても満足感を得られますし、栄養バランスもとてもよいです。作り方は普通のお好み焼きと同じでとても簡単です。

分量は適当で大丈夫です。まずキャベツはざく切りにしておきます。次に卵とおからパウダーをボウルに入れ、よく混ぜたら、塩・コショウを加えて混ぜます。

あとは、オリーブオイルをひいたフライパンに、生地を流し入れて、豚肉を広げ、塩・コショウを振って焼くだけです。お好みのソースで食べてくださいね。

糖質カットの柳澤流肉団子

次は子どもも大好きな肉団子です。肉団子と聞くとダイエット中に食べていいの?と疑問に思いますよね。この柳澤流肉団子は片栗粉を使わない分、糖質を85%カットできます。

まず、さやいんげん8本のヘタを取り、耐熱保存容器に敷き詰めます。豚しゃぶ肉250gをバットなどに広げ、塩コショウを振り、肉団子状にギュッと丸め、さやいんげんの上に並べます。

あとはフタをして600Wの電子レンジで6分ほど加熱します。加熱したらフタを開け、酢・醤油・みりんを加えてフタをして再びレンジで1分加熱したら完成です。

油も火も使わず調理が簡単ですし、通常ミンチで作ると片栗粉を使ったり、油で揚げたりとカロリーも心配ですが、このレシピはとてもヘルシーです。

油揚げを使った美味しいピザ

次にご紹介するのは、ダイエットなのに大丈夫なのと思われがちなピザです。ママも子どもも大好きなメニューですよね。今回ご紹介するのは小麦粉の代わりに油揚げを使った美味しいピザです。

なんといっても嬉しいのが、小麦粉のピザ生地だと100gあたり糖質が73.4gもありますが、油揚げならたったの1.4gです。そしてピザ生地を作る必要もないのでとても簡単です。

まず、トースターの天板にアルミホイルを敷きます。次にアルミホイルの上に油揚げ4枚を斜めに切って三角形にしたものをのせ、その上に食べやすいサイズに切ったミニトマト、さやいんげん、ウインナーをのせ、ピザ用チーズをトッピングします。あとは、オーブントースターで5分焼けば完成です。

まとめ

ママになって体型を気にしている人も多いと思います。毎日の家事や子育てで忙しくて「ダイエットなんてできない」そう思っているママも一度、この作り置きダイエットを試してみませんか?

栄養バランスもよくなり、健康でいることは子どもにとってもよいことですし、作り置くことで毎日の食事を作る時間を短縮できるので、今までより多く、子どもとの時間を作れます。

そうすれば、きっとママと子どもとの関係もよりよいものになると思いますよ。毎日頑張るママにぜひ試してほしいと思います。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR