就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園のお弁当にサンドイッチを!子どもが食べやすい種類と作り方

保育園のお弁当にサンドイッチを!子どもが食べやすい種類と作り方

「お弁当にサンドイッチを入れてみたいけれど、どのように作ればよいのだろうか?」と悩んでしまうママは多いのではないでしょうか?今回は、お弁当にサンドイッチを入れることのメリット、またおすすめの作り方やサンドイッチの種類などについてご紹介していきたいと思います。

お弁当にサンドイッチを入れるメリット

子どもが持ってもこぼさずに食べやすい

ふだんは給食だけれど、遠足や運動会などの特別な日にはお弁当が必要だという保育園は多いことでしょう。そのような場合には、ハンバーグや唐揚げなどのおかずはもちろん、主食をおにぎりにするかサンドイッチにするかで悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

お子さんの好みや年齢にもよりますが、お弁当を食べ慣れていないお子さんの場合にはとくに、「こぼしにくくつかみやすいお弁当」を用意することが大切です。

おにぎりの場合には転がって落ちたり、米粒がポロポロと落ちて服に付いてしまったりする可能性がありますよね。サンドイッチであれば直接手に持って食べられますし、お箸に慣れていない小さいお子さんでもきれいにお弁当を食べきることができますよ。

バリエーションが増えて子どもが飽きない

たまごサンドやミックスサンド、ツナサンドなど、おにぎりと比べるとサンドイッチは種類が豊富で華やかな見ためのお弁当を作ることができますよね。サンドイッチだけでも十分お弁当の主役になるため、サンドイッチにプラスしておかずを数点つめるだけで、容量の少ない子ども用のお弁当を完成させることができます。

おにぎりと比べると手間暇がかかるため、サンドイッチ弁当を作るのをためらってしまうかもしれませんが、具材や包み方を変えるだけでさまざまなバリエーションのお弁当を作ることができるので、お子さんも飽きずに楽しんで食べてくれるでしょう。

お子さんに小麦アレルギーがないのであれば、サンドイッチをお弁当のメインに入れてみるのも一つの手ですよ。

いつもと違う見ためで食欲もアップ

子ども用のお弁当作りは栄養バランスもたしかに大切ですが、見ためにもこだわることが重要です。遠足や運動会といった特別な日の楽しみであるお弁当は、蓋を開けた瞬間に「かわいい!」と思えるものであると楽しみが増しますよね。

最近流行りの「キャラ弁」を作る自信はなくても、サンドイッチを使った彩り豊かなお弁当であれば作り手のハードルも低いのではないでしょうか?いつもと違う見ためのかわいらしいお弁当を目にすれば、たとえ遠足や運動会で疲れた後でもテンションが上がり、お弁当を完食してくれるかもしれませんよね。

保育園くらいの子どもの食欲は、少しの工夫で違ってくることが多々あります。お弁当の見ためにもこだわってみることも大切ですよ。

子どもが食べやすいサンドイッチの種類

片手でも持ちやすい棒状のロールサンド

サンドイッチは子どもに大人気のお弁当メニューですが、「ふつうのサンドイッチだと食べるときに中身がこぼれてしまわないか心配」という場合には、ラップやアルミホイルで食パンをくるくる巻いて作る「ロールサンド」がおすすめです。

サンドイッチ用の食パン、またはめん棒で薄く伸ばした食パンに、ハムやきゅうり、チーズ、ジャムなどのお子さんの好きな具材をのせて巻き、持ちやすいサイズにカットするだけで簡単に作ることができます。

小さなお子さんが片手でも食べやすい大きさや長さにすることが可能なため、運動会やピクニックのお弁当に最適ですね。くるくる巻くだけで簡単に作れるので、料理が苦手なママやお弁当作りに慣れていないママにも人気ですよ。

具材がはみ出しにくいポケットサンド

サンドイッチは小さなお子さんでも食べやすいメニューですが、中身がこぼれないように一工夫くわえたいのであれば「ポケットサンド」という作り方がおすすめです。

ポケットサンドはふつうのサンドイッチとは異なり、パンに具材を入れるポケットを作ってつめる、以下のような手順で作るサンドイッチのことを指します。

1、サンドイッチ用の薄い食パンではない、できる限り分厚いパンを用意し、食べやすいよう4つにカットする

2、パンの断面に切りこみを入れ、トースターで軽く焼く

3、具材をギュッギュッとつめこんだら完成

ふつうのサンドイッチであればかぶりついたときに反対側から具材がはみ出してしまいますが、ポケットサンドであればそのような心配もいりませんよ。

100均グッズでランチパック風サンド

お箸の使い方に慣れていない子どものために、片手でつかんで食べやすいサンドイッチを作りたい場合には、「ランチパック風のサンドイッチ」にするのもよいですよ。

スクランブルエッグのマヨネーズ和えやツナマヨネーズ、ポテトサラダ、ピーナッツバター、ジャムなどの好みの具材をサンドイッチ用の薄めの食パンにはさみ、周りをフォークで強めにプレスしたりお椀などで丸く型を抜いたりするだけで簡単に完成します。

最近では100均などでランチパック風にパンをプレスする便利な道具も販売されていますし、忙しい朝でも簡単に作ることができます。星型やハート型の型抜きを使って中身が見えるようにくり抜けば、見た目をかわいらしくアレンジすることも可能です。

食べやすいサンドイッチ作りのポイント

作りたい種類によってパンを変える

直接手に持って食べることができるため、小さな子どもが好んで食べてくれるサンドイッチ。サンドイッチ作りに慣れていないママには少しハードルが高いかもしれませんが、コツさえ押さえれば手早く仕上げることが可能です。

一つ目のポイントはパンの選び方。ふかふかの柔らかいパンは切るときにつぶれやすいので、目がしっかりつまった切りやすいパンを選びましょう。ロールサンドのようにくるくると巻く場合には、巻いている最中にパンにひびが入ってしまわないように、事前にめん棒でパンの両面をプレスすることも大切です。

はさみたい具材や作りたいサンドイッチの種類に合わせてパンの厚さを変えたり、ロールパンやドッグパンなど、パンの種類を変えてみたりするのもよいですよ。

マヨネーズやチーズで具材の水分を防ぐ

「お弁当にサンドイッチを入れたいけれど、野菜の水分でお昼にはパンがベチャッとしてしまうのではないだろうか」という心配もあるでしょう。

子どもに人気の具といえば卵やツナ、ハム、トマトなどですが、野菜や具材から出た水分がパンにしみ込んでしまうことはよくありますよね。

サンドイッチに水気は大敵です。卵は固ゆでにする、マヨネーズで和えるときは入れすぎないようにする、レタスをはさむときには洗ってからキッチンペーパーで水気を拭きとるなど、具材への工夫が大切です。ハムやスライスチーズを具材とパンの間にはさんだり、マヨネーズやバターなどの油分を事前にパンに塗ったりするなど、水分の浸透を防ぐ対策も大切です。

サンドイッチの具材は入れすぎないように

せっかくお弁当を用意するのであれば、「ママ!今日のお弁当、全部食べたよ!おいしかった!」という嬉しい報告を聞きたいものですよね。子ども用のお弁当作りをするときには衛生面への配慮はもちろん、「食べきれる量にすること」「こぼさずに食べられるよう形や大きさ、つめ方を工夫すること」がとても大切です。

サンドイッチ弁当の場合、具材をのせる位置にも注意しましょう。ロールサンドであれば巻きおわりの部分のスペースをあけて巻き、具材がパンからはみ出してしまわないよう工夫をするとよいですよ。

具材を入れすぎない、巻いたらラップにくるんで冷蔵庫で30分ほど冷やし、パンの巻きおわりがはがれないようにする、などの方法も有効です。

まとめ

「子どもによろこんでもらいたい!」と気合いが入ってしまいがちなお弁当作り。ふだんからお弁当を食べ慣れていないお子さんの場合にはとくに、食べやすいよう工夫を加えることが大切です。

サンドイッチは小さな子どもが大好きなお弁当の定番メニューですが、具材のつめ方や巻き方などを一工夫することで、華やかでありながらも食べやすいものに仕上げることが可能です。さまざまなバリエーションのものを作ることができますので、ぜひ記事を参考に、お子さんによろこんでもらえるサンドイッチ弁当を作ってみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj