就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

名古屋市内で子育てしやすいエリアはどこ?エリアごとの特徴をご紹介

名古屋市内で子育てしやすいエリアはどこ?エリアごとの特徴をご紹介

仕事や出産を機に名古屋への引っ越しを考えているママもいることでしょう。土地勘がないとどのエリアが子育てに向いているのかわからず悩んでしまいますよね。そこで今回は、名古屋市内で子育てに向いている治安のよい街についてまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね。

名古屋市で治安が良いエリアはどこ?

代表的なのは千種区、名東区、昭和区

名古屋市といっても市内は16区に分かれており、地区によって子育てするのに治安のよいエリアかどうかが変わってきます。名古屋市内で特に治安が良いとわれているのは千種区(ちくさく)、名東区(めいとうく)、昭和区です。

国の統計局が発表する犯罪率を見ても、100人あたりの犯罪者は千種区2.15%、名東区1.73%、昭和区1.83%という結果が出ており安心です。この3つは名古屋市内のほかの地区に比べ、家賃相場はやや高いものの、その分利便性も治安もよいことで定評のあるエリアになっています。

大切な我が子は、少しでも治安のよい環境で育てたいですよね。治安や交通、そして買い物の利便性も吟味して、まずはどの地区がよいのかパパと相談しましょう。

千種区と名東区は転勤族にも人気

千種区は全体的にこじんまりとした印象の地区で、賃貸マンションも数多くあり、転勤族が多いのでも知られています。名東区も千種区同様、転勤族が多いのでも知られており、学年の途中で子どもが編入してきたり、公園で会う母子がほかの土地出身だったりということも珍しくありません。

新しく引っ越してきた家族にとっては、比較的馴染みやすい雰囲気があります。また、名東区は学校数が多いので、子どもが離れた学校まで通う必要もなく、通学にも困りません。

転勤族としては、地元の結束が強い地域に引っ越してしまうと、ママも子どもも地元のコミュニティへ馴染むのに苦労してしまいがちですが、もともと転勤族の多い地区ならそんな心配も不要です。

千種区は女性の一人暮らしも安心

千種区エリアは、治安がよく夜遅くなっても照明の明るい地区が多いため、名古屋市内でも、女性の1人暮らしにも一番向いている地区だといわれています。中でも星ヶ丘あたりには女性向けのおしゃれなお店も多く、週末はもちろん、平日夜もたくさんの若い女性でにぎわっています。

子連れでも入れるレストランやカフェもあるので、たまには子どもと一緒にランチに出かけてみてもよいですね。区全体として清潔な印象が高く、例えばコンビニの前にたむろする人やが少なかったり、路上もきれいに保たれていたりなど、住人のマナーのよい地区といえます。

1人暮らしの女性に向いているほど治安のよいエリアなら、ママも安心して子育てすることができますね。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

アクセスが良くて子育てしやすいエリア

治安の良さと利便性に優れた「千種区」

女性の1人暮らしに向いている地区ということで、治安の良さには太鼓判のつく千種区ですが、生活面での利便性も高いことで知られています。転勤向けの家族向け賃貸マンションも多く、たくさんの物件の中から選ぶことができます。

公園もキレイに整備されている所が多いので、子どもとの外遊びにも困りません。飲食店も多いので、家族で週末の外食を気軽に楽しむこともできます。

子どもが小さいうちは急病で病院に行くことも多いと思いますが、千種区なら総合病院や小児科医院もたくさんあるので、万が一のときも安心です。病院を探しに遠くまで行く必要もないので便利です。

イオンやアピタなどの商業施設も多いので、ママの日常のお買い物も困りません。

閑静な住宅街と好アクセス「名東区」

名東区には閑静な住宅街が数多くあり、中でも社宅や賃貸マンションが多く、比較的地元色の薄い地区としても知られています。区の中央を通る市営地下鉄東山線にある上社駅、一社駅、本郷駅などの主要駅も名東区にあり、交通の便がとてもよい地区です。

若い世代が多く住んでいるため、若い客層を狙った明るくおしゃれなカフェやレストランが多いことでも有名です。名東区は子どもの教育に力を入れており、全体的に学校数が多く、中にはレベルの高い学校も多いため、子どもの勉強に力を入れたい家族に向いている地区です。

家賃も千種区よりはやや安いですし、同じ予算で少し広い部屋が探せるので、子育て世代にはぴったりのエリアともいえますね。

好アクセスと商業施設が充実「緑区」

緑区には、JR東海や名古屋鉄道、市営地下鉄などの路線や高速道路も多く通っているので、電車や車で出かける際にもとても便利な場所にあります。交通の便がよいと、週末の家族のおでかけも気軽に行けます。

緑区はイオンやヒルズウォーク徳重ガーデンズを始めとした数多くの商業施設があり、買い物にとても便利な地区です。さらに近年は緑区内でランチの美味しいオシャレカフェも次々とオープンし、カフェの激戦区としても知られています。

区外からもカフェ目当てに来る人も多いようです。新しくできたママ友達と一緒にカフェでお茶しても楽しいかもしれませんね。

ほかにも国から保存地区に指定されている昔ながらの町並みで有名な観光地「有松町」もあるので、家族で散策に出かけてみましょう。

落ち着いて子育てができるエリア

保育園や大学が多く治安も良い「昭和区」

昭和区は、千種区や名東区に比べると、昔ながらの名古屋市民が住んでいる地区になります。閑静な住宅街が多く、落ち着いた雰囲気を持つエリアです。

区内には国立名古屋工業大学などの大学も多く、全体的にアカデミックな雰囲気があり、保育園も多いので子どもを預けて再就職したいと考えているママにも便利です。昭和区は子育て支援団体の活動も活発で、定期的に「親子で楽しむミニコンサート」などのイベントも開催しているので、積極的に参加して親子で楽しんでみたいですね。

緑区などに比べると、商業施設は少ないものの、イオンなどはあるので日常の買い物には困りません。昭和区は、落ち着いて子育てをしたいママに向いているエリアといえるでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事