就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の避難訓練の内容は?目的を知って家庭の防災に活用しよう

保育園の避難訓練の内容は?目的を知って家庭の防災に活用しよう

保育園ではさまざまな災害や異常事態に備え、定期的に避難訓練が行われます。子どもが災害や異常事態の際にどう行動するのかという訓練だけではなく、保育者がどのような行動を取るべきかの訓練も行われます。災害や異常事態にどのように備えればよいのか、保育園だけではなく家庭でも備えておくとよいですね。

保育園で行われる避難訓練の目的とは

指示に従えるようになるための子どもの訓練

保育園で渡される年間予定表を見ると、1カ月に1度は避難訓練を行う予定を立てていることが分かりますよね。保育園では、児童福祉法の規定で月1回の避難訓練が義務づけられています。予定表に記載がない場合でも、抜き打ちで月に1回は必ず避難訓練は行われているのです。

訓練を繰り返すことで、最初は怖がる様子に見える子どもでも徐々に訓練に慣れ、保育士の指示に冷静に従えるようになっていきます。これが避難訓練の目的です。

慣れてくると「いつもの訓練のように行動しようね」と声を掛けることで、非常時でも安心していつもと同じように行動できるようになります。避難訓練は、非常時でも子どもが落ち着いて保育者の指示に従えるようにするために大切なものなのです。

子どもだけじゃない保育者の訓練でもある

保育園での避難訓練は、子どもだけではなく保育者にとっても重要な訓練となります。子どもが安全に避難できるように導くためには、保育者も避難訓練を行い非常時に冷静に対応できるようにしておく必要があるのです。

やはり災害となれば、どんなに訓練をしても子どもはパニックに陥ったり、泣き出してしまったりします。ですが、保育者が冷静に対応し「いつもの訓練と同じだよ」と言えば、訓練を思い出して冷静さを取り戻せますよね。

災害には色々な種類があります。保育者は状況に応じて、避難や対処が的確にできるように訓練を繰り返します。また、避難訓練をとおして実際に動いてみなければ分からない状況を確認し、今後起こりえる災害に備えるという意味合いもあるのです。

適度な緊張感で異常事態に慣れる

避難訓練も繰り返し行うことで、慣れが出てきます。ママやパパも学生時代には学校で何度も避難訓練を経験していますし、働いている方なら職場でも避難訓練を行うことがありますよね。また、地域ごとに防災訓練や避難訓練は実施されています。

何度も繰り返される避難訓練は緊張感がなくなり、ついおしゃべりに花を咲かせてしまうこともあるでしょう。ですが、慣れは保育園の避難訓練ではある程度重要なのです。異常事態に慣れることで、幼い子どもでも怖がらずに避難できる可能性が高くなってきますよ。

完全に緊張感がなくなってしまっては意味がなくなりますが、適度な緊張感を保ったまま子どもが非常事態や異常事態に慣れるようにするのが、保育園での避難訓練の目的の一つです。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

色々な場面を想定した避難訓練がある

遭遇率が高い地震の場合

日本で遭遇する確率が高い災害としては地震があります。ここ近年では、震度6強を超える東日本大震災や熊本地震などの大きな地震も発生しています。実際に、地震を想定した避難訓練は多くの保育園で行われています。

揺れを感じたらまず机やテーブルの下に隠れ、乳児は布団やクッションを使用して落下物から身を守り、揺れが収まったら保育者は安全な避難経路を確保するために、窓やドアを全開にしましょう。

防災頭巾と履物を着用するように促したら避難の準備の指示を出し、火元やガスの元栓の閉栓、ブレーカーを落とすなどの避難準備を行います。その後、保育者が安全な避難経路や避難場所を確保したうえで避難を行います。避難後の人数確認や保護者への連絡方法の確認なども重要ですね。

火災、台風や竜巻などの自然災害

火災に対応する訓練は、火元から子どもをできるだけ早く遠ざけることや、煙を吸いこまないようにするための行動が必要となってきます。保育者が火元を確認し、火元の場所に応じた避難経路を考えなければなりませんね。

台風や竜巻などの自然災害では、外に避難するのではなく窓から遠い場所に避難をさせる必要があります。窓ガラスが割れてガラス片が飛んでくる危険性もあるため、毛布や布団、クッションなどを使い子どもの体を守る必要もでてきます。

地震と違い、火災や台風、竜巻といった災害に共通するのが、避難に際して窓ガラスやドアを閉めるというものがあります。火災の場合は火が広がらないように、台風や竜巻の場合には風雨から身を守るために、窓やドアを閉めるのですね。

不審者が来たときは放送や合言葉で知らせる

保育園では不審者対策の訓練も行われます。不審者を刺激しないように「不審者がきた」とは直達伝えず子どもを避難させるために、合言葉を使う保育園も多くあります。

・実際には存在しないクラスに移動させる内容
・実際にはいない保育者を職員室に呼び出す内容
・さすまたなど使って不審者を遠ざける施策
・子どもを不審者から見えない場所に避難させ存在を見せない

このような放送や訓練が保育園では行われています。

新入園児が多い4月などは、保育者が保護者の顔をまだ完全に覚えておらず、お迎えに来た保護者に紛れ不審者の侵入が起こるケースもあります。また規模の小さな園では十分なセキュリティが望めない場合もありますよね。日ごろから繰り返し訓練をすることが必要ですね。

子どもと保護者も防災の意識を持つために

絵本や劇で災害の怖さを学ぼう

災害に遭遇したことがない子どもは、訓練を繰り返しても怖さなどが伝わらないこともあります。また、周りに大人がいないときに災害にあってしまったら、自分で身を守る必要も出てきますよね。

子どもが災害の怖さを学ぶため、絵本や劇などを活用する方法もあります。実際に2011年に発生した東日本大震災で被災をした園児の姿を描いた「はなちゃんのはやあるきはやあるき」という絵本があります。同じ年代の女の子「はなちゃん」の目線で描かれているので子どもが共感しやすいです。

簡単な劇や紙芝居などで防災意識や避難の大切さを伝えることは、子どもに理解しやすい方法です。子どもに問いかけることで、子ども自身が災害や避難について考えるきっかけを作れますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事