就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

築年数の古い物件でもリフォームで快適に!メリットやポイントを解説

築年数の古い物件でもリフォームで快適に!メリットやポイントを解説

最近子育て世代にとても人気のある中古リフォーム。中古リフォームは、新築と比べて低価格、理想の間取りを実現しやすい…など、たくさんのメリットがあります。しかし、メリットばかりではありません。中古リフォームをする際に失敗しないためにも、購入時に気を付けることやポイントをみていきます。

築年数の古い家の購入で気を付けるポイント

建物情報はしっかりチェックすること

築年数の古い住宅は、必ず経年劣化による損耗や傷みがあり、製品の不具合などが起こっている場合もあります。

一般住宅の場合だと、外壁が弱くなったり、給湯器や水廻りの設備に不具合が出たり、床がきしんだり…と、大体10~20年程度で家のあちこちに不具合が出てくることが多いです。

また、壁の中にある断熱材の機能が低下したり、床下に問題がでたりなど、目には見えないところで不具合をおこしている場合もあります。

もしも今までどこにも不具合がなく、修理をしていないというお宅であれば、今後不具合が起き、住み始めてからお金がかかってしまう場合もあります。

そうならないために、過去~現在までの建物の情報は、専門の方を交えてしっかりと確認しておくことが大切です。

土地や地盤のチェックをすること

近年の地震により、多くの人が地盤を意識するようになりましたが、実際に地盤が弱い土地とはどのような土地なのでしょうか。

家の建っている所が埋め立て地や、盛り土で構成された土地であると、地盤が軟弱で、液状化などの心配があるといわれています。また、周りと比べて低い所にある土地は、大雨や洪水で浸水の被害を受ける場合もあるので、過去に浸水の被害などが起きていないかなども調べる必要があります。

こういった土地の情報は、ハザードマップなどでも調べることができるので確認してみてください。

また、たとえ地盤が弱い土地でも、しっかりと地盤改良を行うことで問題なく生活できる場合も多いので、住宅購入時にはそういった改良がなされているかもチェックしてみてください。

理想のリフォームが施工できるかどうか

住宅購入時に忘れてはいけないのが、家の構造のチェックです。

家の構造はとても複雑で、構造上家を支える大切な柱や壁は取り除くことができませんし、床や天井に充分な空間がない建物は、水廻りの場所を大きく変えることはできません。防火地域に建てられている建物はリフォームの際にもルールが厳しく、扱う商品に規定がなされていてコストが予想以上に掛かってしまう場合もあります。

建物を購入しいざリフォームをするときになって理想の間取りにできなかったり、大幅に予算をオーバーしてしまったりすることがないよう、建物を購入する前には、自分たちの欲しい間取りを決め、構造上それが可能かどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

子育て世代が中古リフォームを選ぶメリット

新築よりも安い価格で購入できる

中古リフォームを選ぶ一番のメリットは、やはり新築よりも安い価格で購入できることだと思います。中古物件には魅力的な物件も多く、購入後にリフォームやリノベーションを行った結果、新築を買うよりも広さや内装、価格に満足できたという声も多いです。

中古物件は、建物の立地や種類、築年数によっても変わってきますが、ほとんどの場合が新築で購入するよりも安く購入できます。ですから広さや立地などがよいと思う物件があれば、安く購入し、必要な所だけにお金をかける(リフォームする)という子育て世代が増えてきているのでしょう。

また、築年数が20年以上の家の場合は、ほぼ土地の金額のみで購入でき、土地の価格が購入時より下落することも考えにくいので、最近では人気のようです。

子どもを自由にのびのびさせられる

やんちゃ盛りの子どもをお持ちのご家庭にも、中古リフォームはとてもおすすめです。

新築物件だと、壁や床もピカピカです。ママやパパはこのきれいな状態をできるだけ保ちたいと思うと思いますが、子どもにとっては、中古も新築も何も変わらない家なのです。物を投げて傷を作ってしまったり、壁に落書きをしてしまったりすることもあります。

汚される、傷付けられることも、中古物件であれば新築物件と比べて気持ちが少し楽になるのではないでしょうか?

また、新築物件に比べて中古物件の場合は、同じ予算でも一部屋一部屋が大きな部屋に住むことも可能です。広い部屋で、自由にのびのびと暮らせるのは、子どもにとってはとてもよい環境ですよね。

リフォームで理想の間取りにできる

最近は、古いからリフォームするのではなく、理想の空間にしたいからリフォームするという子育て世代が増えてきているのも、中古リフォームが人気になっている理由の一つです。

中古住宅は、新築では実現しにくいこだわりの広さや間取り、設備のある家と出会うことがあります。また、そのこだわりがある家を新築よりもずっと低価格で購入できます。

もしも気に入った家を見つけ、かつ低予算で購入することができれば、残りの予算で部屋数を増やしたり、一部屋を大きくしたりと、さらに理想の間取りに近づけることができるのです。

家のつくりによっては、間取りを変更できない所もありますが、自分たちの工夫次第で理想の間取りに変更できるのはとても大きなメリットですよね。

リフォームをする前に確認するポイントとは

リフォーム費用も含めローンが可能かどうか

リフォームをする前に必ず確認しておくことが、リフォーム費用を含め住宅ローンを組めるかどうかということです。

ほとんどの方は、住宅を探してからリフォームを考えます。しかし、住宅を購入する際にすぐに住宅ローンの手続きが始まることが多いため、住宅を決めてからリフォーム会社を探すようだと最悪の場合リフォーム費用は現金での支払いになってしまう可能性があります。そうならないためにも、物件を探し始めたら同時にリフォーム会社も探しておくことがよいでしょう。

業者によっては、不動産会社でリフォーム業者を紹介してくれる所や、リフォーム会社が物件を一緒に探してくれる所などもあるので、そういった会社を選ぶのも一つの手段です。

住宅ローン控除やリフォーム減税の利用可否

住宅の購入、リフォームは決して安い金額ではありません。少しでも負担額を減らすためにも、国や行政で行っている減税制度や補助金制度を上手に活用することも大切です。

国で行っている制度では、10年間(2019年10月以降は13年間)、ローン残高の1%が所得税から控除される住宅ローン控除や、条件を満たしたリフォーム工事について還付を受けられるリフォーム減税などがあります。

このような制度は、ほとんどの場合が役所や確定申告などで自分で行わないと受けることができません。

また、購入した住宅の状態やリフォーム内容によっては補助金や控除の対象外になってしまう場合もあるので、購入する前には、条件や内容をきちんと下調べしておきましょう。

リフォーム業者は慎重に決めること

リフォームをする際はリフォーム業者選びも大切です。「口コミがよいから」「大きな会社だから」という理由で1社に決めてしまうことはあまりおすすめできません。

設備などのリフォームが主の会社、リノベーションなど設計も自社でできる会社、メーカーの下請けが主な会社…など、一口にリフォーム会社といっても業者の種類や得意分野は様々です。

業者の得意分野以外のリフォーム工事では、業者が外注に依頼をするため金額が上がってしまったり、施工不良がおきてしまったりなんてことも考えられます。また、金額だけでなくメンテナンスやアフターフォロー、保証内容なども業者によって様々です。

業者選びに失敗しないために、3社くらいには相見積をとって見極めることが大事ですね。

まとめ

中古リフォームには、新築リフォームにはないメリットがたくさんあります。物件探しやリフォーム会社、リフォーム内容を決めることは大変なことではありますが、ときには思いもよらない理想の物件に出会えることもありますし、自分たちの理想の空間に変わっていく家をみることはとてもワクワクした気持ちになると思います。

子ども成長に合わせて引っ越しを考えている方は、低予算で理想の間取りが実現しやすい中古リフォームを、検討してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR