就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

非常食を車に備蓄しておこう!車載用に最適な食料や注意点を紹介

非常食を車に備蓄しておこう!車載用に最適な食料や注意点を紹介

自然災害に巻き込まれたニュースを見て、いざというときのために非常食の準備をしているママも多いでしょう。非常食はどこに用意をしていますか?避難場所に移動することも考えて車にも非常食を準備しておくと安心です。どのようなものを蓄えておけばよいのか、どのような点に注意したらよいのかをご紹介します。

非常食を車に積んでおくことの必要性とは

事故や高速などで渋滞してしまった場合に

非常食とは、災害や遭難など食料や飲料水などを手に入れることが困難な場合に備えておく食料のことをいいます。こうした非常食を車に積んでおくことは多くのメリットがあります。

災害の場合もそうですが、高速の渋滞に巻き込まれたり、事故に遭い閉じ込められたりしたら車の外に出られない時間が長時間続く可能性がありますね。こうした事態に非常食が車の中にあれば、空腹を満たすことができます。

特に子どもが一緒の場合は、子どもは空腹を我慢することは難しいですから、非常食が食べられれば助かりますね。また、お腹が空いたらイライラしやすくなりますので、車の中の雰囲気が悪くならないためにも非常食を積んでおいて、いつでも食べられるようにしておくと安心です。

家族全員で長い距離を避難できる

もし、災害に遭ったらどのような手段で避難をしますか?公共交通機関は麻痺して動かないことが多いですし、子どもと荷物を抱えたまま移動するのは大変ですから、車で避難する場合が多くなるかもしれません。

車での移動は渋滞を招きますし、かえって身動きが取れなくなるという可能性もありますが、家族全員で長距離を避難できるのは車での移動になりますね。車であれば、移動することに疲れたらそのままどこかに車を停めて、避難場所として休むこともできますから便利でしょう。

車は家族が安全に移動する手段であるからこそ、非常食を常備しておけば避難するのも心強いのです。ガソリンは必要になりますから、車も燃料をできるだけ満タンにしておきましょう。

災害時には車中泊避難するケースが多い

災害のときの避難場所には、小学校や中学校、公民館など多くの人が集える場所になっていることが多いですよね。災害で不安なときに近くに人がいて、お互いに助け合いながら避難生活を乗り越えることができそうです。

その一方で、プライバシーを保ちにくいため避難所を嫌がる人もいます。そうしたときに、車の中であれば周りの目を気にする必要がなく、自分たち家族のペースで避難生活ができるため、車中泊避難をするケースも増えています。

プライバシーの確保という理由以外にも、避難場所に入れなかった、建物は崩れる危険性がありそうで不安、静かにするのが難しい子どもが周囲に迷惑をかけるなどといった理由から車中泊避難するケースも多いのです。そうしたときに、非常食が車にあれば安心ですね。

車に載せておくと助かる非常食三つ

生きていく上での必需品「水」

車に乗せておくと助かる非常食として、まずは「水」があります。人間の体のほとんどは水でできていますし、水を飲まないと1週間以内に死んでしまうといわれていますから水は大切です。

水分補給をする目的であればどのような飲み物でもよいですが、水であれば料理に使うこともできますし、洗顔や口をすすぐこともできます。使い道がたくさんありますから便利なのです。

未開封であれば1~5年は保存ができますから安心です。ジュースやお茶よりも賞味期限が長いのもうれしいですね。

大きなサイズのものをそろえておきたくなりますが、500mlのものの方がよいですよ。ペットボトルに口をつけて飲むことができ、少しずつ使いやすいでしょう。

水があれば食べられる「アルファ米」

非常事態の食料は、手軽に食べることができて、簡単に空腹を満たしてくれることが大切になってきます。その条件を満たしている食料に「アルファ米」があります。

アルファ米とは、ご飯を急速に乾燥させた非常食品のことです。アルファ米が入っているパウチに水を入れると元の状態に戻り、普段食べているようなご飯ができます。水だけあればできますから、電気やガスが止まっているときでも作ることができるのです。

お湯があればお湯を入れて作れば温かいご飯が食べられますし、白米だけでなくピラフや炊き込みご飯、赤飯などがありますから色々な味を楽しむこともできます。5年程度保存をすることもできますから非常食にぴったりなのです。

疲労回復や子どもにも最適な「お菓子類」

非常事態のときには子どももママもパパも、ストレスの多い環境になることがあるかもしれません。そのストレスを少しでも緩和させるためには、甘いお菓子を食べるのがよいですよ。

お菓子に含まれている糖分には、ストレスを緩和させる働きがあります。それに加えてお菓子は賞味期限が長いものが多く、かさばらないのにカロリーが高いですから、少量でもエネルギー補給ができて非常食にも向いているのです。

ただし、車に常備しておく場合は車内が高温になる可能性がありますから、チョコレートや飴などは溶けてしまうかもしれませんね。高温でも溶けずに5年程度保存ができる羊羹やビスケット、クッキー、クラッカーなどを車内に常備しておくとよいでしょう。

車載用非常食にまつわる注意点について

車載用非常食に適したものを選ぼう

車に積んでおく非常食を選ぶ際には、車の中がどのような環境かを理解しておくことが必要ですね。

車の中は暑い日には50℃を超える温度になります。夏に車に乗ろうとしてドアを開けたらすごい熱気でびっくりとしたことがあるでしょう。その暑い中に乗せておいても大丈夫なものでなくては安全を保てないのです。

非常食の多くは常温保存と書かれていますよね。食品衛生法では常温を15~25°Cと定義しており、夏場の車内は50℃を超えることもありますから、常温の範囲を超える車内では普通の非常食だと変質の可能性があります。

そのため、非常食を車に備蓄するなら「車載用」という車の環境を考えた非常食の保存食と飲料水が安心でしょう。変質した非常食を食べてお腹を壊したら大変です。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC