就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れ移住で人生リセット!母子家庭ならではの快適な移住の方法

子連れ移住で人生リセット!母子家庭ならではの快適な移住の方法

母子家庭になる理由は人それぞれですが、これをきっかけに心機一転、新しい土地で子どもとやり直したいという気持ちになるママもいるのではないでしょうか。ただ、これまでの生活よりも暮らしやすくするためには、ポイントを押さえた移住が必要です。後悔しないための子連れ移住の準備方法をご紹介します。

母子家庭で移住する際のステップ

移住は仕事ありき!まずは就職先を探そう

「移住するならこんなところがよい」と理想があるママもいるとは思いますが、なによりもまずママが大黒柱として働かなければいけないことを忘れないようにしましょう。自分にはどんな仕事ができて、どんな職業が合っているのか、冷静に判断して子どもと一緒に生きていくためにはどれくらいの収入、どんな住環境が必要か考えてみましょう。

移住するということは、住み慣れない土地に足を踏み入れるということです。移住してから仕事を探そうと思っても、思ったような求人があるとは限りません。とくに地方に行く場合はしっかりとリサーチしておきましょう。

地方創生プロジェクトでは移住セミナーや地域おこしのための就職支援などを行っていますので、チェックしてみましょう。

シングル歓迎の土地を見つけよう

シングルマザーにとって、育児と仕事、家事の両立は死活問題です。どれか一つがうまくいかないだけで、生活がままならなくなってしまいます。

都会か田舎かという問題だけでなく、その土地でどのような子育て世代のための制度や移住者向けの支援があるかを知ることは、これから住む場所を決めるうえでの大きなポイントになります。また、シングルマザーのようなひとり親が歓迎される土地とそうでない土地があることも承知しておいた方がよいでしょう。

都会はいろいろな家族構成や生活スタイルがあることを容認してくれますが、田舎に行けば行くほどシングルマザーへの風当たりが強くなることも考えられます。どうせなら、シングルマザーも暖かく迎えてくれる土地に移住したいですね。

部屋を新たに借りる際のポイント

シングルマザーに対してウェルカムの姿勢で移住者を募集している地域であれば話は違うかもしれませんが、一般的にシングルマザーへの賃貸物件の入居審査は厳しいといわれています。それは物件のオーナーが、シングルマザーに収入の不安定さ、子ども1人で留守番する場合の事故や火災のリスク、離婚トラブルでの近隣への迷惑を連想するからです。

これらはあくまでイメージなので、実際にどうであるかはオーナー次第ということになります。物件オーナーに不安を抱かせないためには、連帯保証人や保証会社をみつけるのが有効です。

ただ、保証会社をつけるためには収入が安定していることが条件になるので、やはり就職先を決めるのは部屋を借りるためにも大切です。

田舎へ移住する場合のメリットとデメリット

子育て世帯への援助が手厚い自治体が多い

都会で人があふれる一方、田舎では若者や子ども世代の人口減少が著しく、どの自治体も子育て世代の移住者を増やそうとさまざまな支援や援助を打ち出しています。

たとえば、和歌山県高野町では町内すべての園児、児童、生徒の給食を無料化、北海道標津町では給食費に加え教材費を含む幼稚園費用が無料など、子どもを持つ世帯に嬉しい支援があります。

シングルマザーであっても、居住期間や子どもの年齢などの条件が合えば援助を受けることが可能です。こうした援助は市町村など、狭い範囲で対象になっていることが多いので、移住先の候補から居住地を絞り込むときの目安にしてみてもよいかもしれませんね。

こうした援助で子どもが増えているかのチェックもしておくと安心です。

保育園に入りやすく、子育て環境もよい

待機児童の問題が叫ばれる昨今、保育園に入ることはとても難しいことのように感じます。しかし、田舎の保育園ではむしろ定員割れしていることもあります。

待機児童はほぼゼロ、どうしてもという希望をとおさない限りは、どこかの保育園には入れるのが田舎の現状のようです。それでも、年々保育園に入りづらくなっているようですが、都会ほどではありません。

また、都会と違って自然が豊富で子どもがのびのびと生活できるのも田舎のメリットです。海や山から自然の厳しさや美しさを学び、子どもがたくましく育つのは理想的ですね。人口が少ない分、地域の人たちの繋がりも濃くなりますので、町全体、村全体で子育てしているという意識も感じることができるでしょう。

仕事の種類が少なく、賃金が安い

田舎は店舗や会社の数も少なくなるため、当然就職先も限られます。職場の近くに借りられる家がない場合もあります。通勤手段も電車だけでなく、バスや徒歩など30分以上かけて行くことも覚悟しておいた方がよさそうです。

さらに、都会に比べて物価が安く、家賃も低いのが田舎のメリットですが、その分賃金も安くなります。同じ仕事内容、同じ就業時間で働いても、都会で働くのに比べて月給に数万円の違いが出てくることも珍しくありません。そもそも、都会と同じ内容の仕事がない場合も多いのです。

都会での収入をベースに考えていると就職先が見つからないことも考えられます。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、就職活動は慎重に進めましょう。

都会へ移住する場合のメリットとデメリット

仕事の種類が多く、賃金も田舎より高い

田舎から都会へ移住する場合、気を付けたいのがとにかくお金がかかるということです。日々の暮らしや家賃、魅力的なものがいっぱいあるとつい散財してしまうかもしれません。その分、賃金が高く、求人の数も種類も田舎とは比べ物になりません。

しかし、ここでネックになるのがシングルマザーという部分です。都会であっても、シングルマザーになってから就職先を探すことは簡単ではありません。

残念なことではありますが、シングルマザーであることが採用のネックになってしまうこともあります。とくに、近くに頼れる親族がいない移住者は、子どもが急病のときなど休まれてしまうことが懸念され採用されにくいようです。

そのため、パートや派遣社員として働くママが多くなります。

将来子どもの進学先の幅が広い

田舎では学区一つに学校が一つだけ、進学する中学や高校も一つだけ、あるいは県外に行かなければ「ない」こともあります。その点、都会では希望に合わせて学校を選ぶことができます。

もちろん、希望の学校に行くためにはしっかり勉強してレベルが到達していることが必要ですが、ほかに進学する場所がない環境にいるよりは、目標をしっかり立てて挑戦する姿勢を身に付けた方がより高みを目指せるともいえます。

実際に、大学の進学率は大都市と田舎では大きな差があるようです。その原因は選択肢が少ないこともありますが、経済格差が大きな問題になっているといわれています。子どもを「能力があるのに進学できない」状況にしないために、都会で頑張って働くのも一つの方法です。

保育園に入りにくく、家賃が高い

都会で保育園を探すには生まれる前から情報収集することが必要だともいわれるくらい、待機児童の多い地域では保育園探しは難航します。保育園に子どもを預けるためにはいくつか条件があり、条件が少しでも悪いと入園は不可能とされるため、偽装離婚をする夫婦までいたようです。

シングルマザーが保育園を探す場合、それだけで保育が必要であると判断されるため、保育園入園のハードルは低くなります。それでも激戦区と呼ばれる地域では待機児童になってしまうことも考えられます。

子どもを預けられなければ働くこともできないため、高い家賃や生活費を払い続けるリスクも生まれてきます。都会での暮らしを視野に入れているママは、保育園事情についても調べておく必要がありそうです。

まとめ

子連れ移住は、よりよい子育て環境を目指す家族に人気があるようです。しかし、シングルマザーとなると、並大抵の覚悟ではうまくいかないかもしれません。

だれでも失敗を恐れず、挑戦する権利はあります。ただ、ママには子どもがいて「失敗した!」では済まされない部分があります。シングルマザーの子連れ移住を成功させるために、しっかりと情報収集をして、準備をしましょう。そして、この選択が最善だったと思えるような将来を手に入れてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR