就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

リフォームで我が家をもっと快適に!必要な費用や知っておきたいこと

リフォームで我が家をもっと快適に!必要な費用や知っておきたいこと

子どもの誕生や成長がきっかけで、家が不便だと感じたことはありませんか?今住んでいる家に愛着はあるけれど、もっと快適な家に住みたいというときはリフォームを検討してはいかがでしょうか。今回は家族が快適に暮らせる家を作るリフォームの費用や、リフォームをするときに注意したいポイントなどを紹介します。

リフォームとは?メリットやデメリット

リフォームとリノベーションの違い

雑誌やインターネットを使ってリフォームについて調べていると、「リノベーション」という言葉を見かけることがあります。

実は、リフォームもリノベーションも法的な定義づけはされていません。どちらも「古い家に手を加える」ことを指しており、基本的にどちらも同じといえます。

ただし、施工業者や雑誌などのメディアは「修繕や不具合への対処」を目的としているときは「リフォーム」、「機能や価値の再生」を目的にしている場合は「リノベーション」と呼んでいることが多いようです。

また、リフォームは「洗面台の交換」など部分的な改修を指すことが多いのに対し、リノベーションは「間取り変更」など大規模な改修を指すことも多いようです。

建て替えるより費用が抑えられる

大規模なリフォームで間取りまで変更するような場合、リフォームではなく建て替えを選ぶこともできます。建て替えは家を一から作ることになるため、間取りの自由度が高く満足感を得ることができます。

しかし、建て替えを行うためには現在の家を取り壊す必要があるため、家の建築費用のほかに家の解体費用がかかってしまいます。工事中は別の場所に住まなくてはならないなど、費用がかさむのがデメリットです。

既存の柱や壁を活用しながら改装するリフォームでは家を取り壊す必要がないため、建て替えのような多額の解体費用が発生しません。

また、範囲や規模によっては工事中も家に住み続けることができます。工事期間も短いため、建て替えるより費用を抑えることができます。

家の強度に不安が残ることがある

現在の日本で使われている住宅工法には、大きく分けて「柱と梁で支える工法」と「壁で支える工法」の2種類があります。

例えば、壁で区切られたリビングとキッチンを一つに繋げて広いダイニングキッチンにリフォームする場合、柱と梁で支えている家であれば壁を取り外しても強度はあまり変化しません。

しかし、壁で支えている家の場合、壁を取り外すと家の強度が大きく損なわれることがあります。開口部を付けるだけでも強度が変わるため、間取りを大きく変更するリフォームの場合は特に不安が残りますね。

また、2階部分にベランダを増設した場合などは1階部分に耐震補強や柱の追加工事が必要になることもあります。リフォームを行う前に耐震診断や建物診断を受けておくとよいでしょう。

子育て世代にとって不安が大きいお金のこと

リフォーム費用はどのくらいかかる?

子どもと快適に暮らせる家を作るためにリフォームしようと思っても、リフォーム費用が高額だと生活に支障が出てしまいます。リフォームにはどの程度費用がかかるのでしょうか?

リフォームにかかる費用は工事内容によって異なります。洗面台の入れ替えのようなリフォームであれば数万円から数十万円程度、浴室の全面リフォームなら百万円程度が目安です。

間取り変更などの大規模リフォーム、耐震補強とリフォームをセットにする場合は数百万円から一千万円以上かかることもあります。大規模なリフォームの場合、建て替えの方が安くつくかもしれませんね。

家の大きさや築年数などによって必要な工事内容も変化し、費用も変わります。具体的な費用を知りたいときは見積もりを取るとよいでしょう。

見積もりにのらない費用に注意しよう

例えば、キッチンをリフォームしてシンクを入れ替える場合、見積もりのなかには水道管の工事や壁紙、床の貼り替え、新しいシンクの代金と古いシンクの撤去費用などが含まれます。

しかし、新しいキッチンに合わせたサイズの冷蔵庫や食器棚といった家電や家具の費用は含まれていません。

見積もりで知ることができる費用は基本的に「工事費用」だけです。家具などの購入費用、リフォーム中の仮住まい費用、仮住まいからの通勤・通園費用など、見積もりにのらない費用もあります。

また、工事請負契約の印紙代やローンを組むための諸経費も見落としがちです。工事費以外に予想できる出費はあらかじめリストアップしておき、余裕をもって準備しておきましょう。

国の補助金制度が利用できる場合も

一般的にリフォームはすべて自費で行わなくてはなりません。しかし、リフォームの内容が「長期優良住宅化リフォーム」に当てはまる場合、国の補助金制度を利用できることがあります。

「長期優良住宅」とは、耐久性や省エネ性に優れ、維持管理がしやすい家のことです。リフォームによって「長期優良住宅化」すると、最大で300万円の補助を受けることができます。

ただし、「長期優良住宅化リフォーム」として認められるには、リフォームの前に建物調査を行う必要があります。補助金制度を利用したい場合は、契約する前に業者に相談しておくとよいでしょう。

なお、補助金制度の内容は年度によって変わることがあります。施工期間が年度をまたぐときは注意してください。

どちらを選ぶ?リフォームvs建て替え

工期や費用を抑えたいなら「リフォーム」

建て替え工事を行う場合、現在の家を一度解体し、家を新たに作り直すことになります。いうなれば家を新築するのと同じですので、工事期間が長く費用も高くなってしまいます。

一方、現在の家を壊さず手を加えながら活用するリフォームは、解体するのも一部だけにとどまるため工事期間や費用を抑えることができます。

間取りも一新する大規模なリフォームは、建て替え工事と同じくらいの期間がかかることもあります。しかし、再利用できる部分は再利用するため、建て替えよりも費用が抑えられるケースがほとんどです。

また、小規模のリフォームであれば現在の家に住んだまま工事を受けられるため、仮住まいを用意する手間や費用もかかりません。

子どもに引き継ぎたいなら「建て替え」

柱や壁をそのまま利用できるリフォームは、建て替えに比べて費用を抑えることができるというメリットがあります。一方、現在あるものをそのまま使うことでデメリットになるケースもあります。

例えば、築5年程度の家であれば柱や壁の傷みも少ないため、リフォーム後10年以内にトラブルが起こる可能性は低いといえます。しかし、築30年の家であればどうでしょうか。

リフォームで壁紙や床をきれいに貼り替え、新築同様の見た目に変わったとしても、柱のなかや壁の内側は傷んでいるかもしれません。リフォームで補修をしてもすぐに新たなトラブルが起こる可能性もあります。

築年数が経っているときや、家を長持ちさせて子どもに引き継ぎたいときはリフォームよりも建て替えがおすすめです。

今の家をどう変えたいのかを明確にしよう

リフォームや建て替えをしたいと考えるのは、現在住んでいる家に何らかの不満を感じているときです。工事方法や内容を決定する前に、今の家をどのように変えたいのかを明確にしておきましょう。

例えば、「洗面所をリフォームしたい」という場合でも、「洗面所の収納を増やしたい」「脱衣所と洗面所を分けたい」「洗面所を明るくしたい」など理由はさまざまです。

収納を増やしたいと考えているのに、リフォーム内容が壁紙と床の張り替えだけであれば不満を解消することができません。

また、リフォームや建て替えをするときは、現在の不満だけではなく子どもが成長したときや両親と同居したときなど、将来のライフステージを見すえて計画を立てるとよいでしょう。

リフォームローンについて知っておこう

リフォームローンと住宅ローンの違い

銀行などの金融機関が提供するローンサービスのなかには、リフォーム資金に使うことができる「リフォームローン」というものもあります。

住宅に関するローンといえば「住宅ローン」が有名ですが、リフォームローンは住宅ローンとは異なり「無担保」で借りることができます。ローンの審査期間も短くすぐに借り入れ可能なのも大きな特徴です。

また、リフォームローンは住宅ローンのように複雑な手続きや保証料などの初期費用も必要ありません。できるだけ早くリフォームしたいときに便利ですね。

ただし、住宅ローンと比べると金利が高く借り入れ期限も短めです。借り入れ金額が大きいと経済的な負担が大きくなるため、利用するときは返済計画をしっかり立てておきましょう。

リフォームでも住宅ローンを利用できる

従来、リフォームの費用をローンで支払う場合はリフォームローンを組む必要がありました。しかし、住宅ローンを払っている状態でリフォームローンを組むと「二重ローン」となってしまいます。

このような状況を避けるために登場したのが、リフォーム費用も合わせて借りることができる「一体型住宅ローン」です。リフォームローンに比べて低い金利で借り入れができる、長期で返済できるというメリットがあります。

ただし、住宅ローンの残額とリフォーム費用を足した金額で住宅ローンを借り換える形になるため、保証金などの費用が新たに発生します。

また、住宅ローンの金利が大きく変わることもあるため、リフォーム費用の額によってはかえって損をすることがあります。

ローンを組んだら確定申告を忘れずに

年末調整や確定申告のとき、住宅ローンを組んだことを申請すると「住宅ローン減税」を受けることができます。納めた所得税の一部が返ってくるため、毎年欠かさず申請しているというママも多いのではないでしょうか。

リフォームの場合も、工事内容によっては「バリアフリーリフォームローン型減税」や「省エネリフォームローン型減税」といった減税制度を受けることができます。

どちらも、工事額50万円以上・5年以上のローンという制限があります。控除されるのはリフォーム後に居住を始めてから5年間で、住宅ローン減税よりも期間が短めです。

なお、住宅ローン減税とローン型減税は重複して受けることができます。減税対象に当てはまる場合は確定申告を忘れずに行いましょう。

リフォームを失敗しないためにできること

数社から見積もりを取り慎重に業者を選ぼう

リフォーム工事は新築に比べると費用は低くなりますが、決して「安い」金額ではありません。金額と品質が見合っているか、サービスに満足できるかは非常に重要な問題となります。

新築でもリフォームでも、住宅関連の工事は業者によって価格にばらつきがあり、工事の規模によっては100万円以上差がつくこともあります。数社から見積もりを取り、予算に合う業者をいくつか選んでおきましょう。

また、業者によって「女性目線での設計が得意」「バリアフリーリフォームの実績が豊富」などの特色があります。見積もり額だけではなく「得意分野」にも注目してくださいね。

担当者が信頼できるかどうかも重要です。工事費が安くても「信用できない」と感じる業者は避けたほうがよいでしょう。

納得がいくまで遠慮せず希望を伝えよう

例えば、小柄なママにとってキッチンの吊戸棚は手が届きにくく使いづらいものです。もし、パパがメインで打ち合わせをしているとしたら、パパは「吊戸棚が高い」ということに気づくことができるでしょうか。

ママが希望を伝えず、パパが吊戸棚の高さに気づかないままリフォームをすると、ママは不満を感じることになります。キッチンを毎日使うママが不満を感じるリフォームは「成功」とはいえません。

予算などの都合によって妥協しなくてはならないこともありますが、「これだけは叶えてほしい」というポイントは必ず伝えておきましょう。

快適な我が家を作るためのリフォームです。遠慮せず希望を伝え、納得ができるまで打ち合わせをしてくださいね。

業者との約束はすべて書面に残しておこう

リフォームの範囲や規模が大きければ大きいほど、打ち合わせの回数が多くなります。打ち合わせをするのは人間同士ですので、ときには「思い違い」や「記憶違い」をすることがあります。

例えば、双子用ベビーカーを持ち込むことができる玄関を作るため、玄関ドアを開き戸から引き戸に変更し、入口の幅を75cmから80cmに広げたいと要望を伝えたとします。

もし、業者が「入口の幅」を「ドア枠の端から端までの距離」と考えていたらどうなるでしょうか。実際の開口部は80cmより狭くなり、ベビーカーを入れることができないかもしれません。

要望がきちんと伝わっているかを確認し、後のトラブルを防ぐためにも打ち合わせで決めたことや約束したことはすべて書面に残しておきましょう。

まとめ

リフォームには数時間程度で終わる簡単なリフォームもあれば、数日から数週間かけて行う大規模なリフォームもあります。いずれの場合も多額の費用がかかりますので、ライフプランを見すえた計画を立ててくださいね。

また、リフォームに関する補助金制度や減税制度もあります。さまざまな制度を活用して経済的な負担を減らしましょう。

リフォームには手間と時間がかかるかもしれませんが、家族が快適に暮らせる我が家を作るためです。納得できるまで打ち合わせを重ね、理想の家を手に入れてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR