就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

リフォームで我が家をもっと快適に!必要な費用や知っておきたいこと

リフォームで我が家をもっと快適に!必要な費用や知っておきたいこと

子どもの誕生や成長がきっかけで、家が不便だと感じたことはありませんか?今住んでいる家に愛着はあるけれど、もっと快適な家に住みたいというときはリフォームを検討してはいかがでしょうか。今回は家族が快適に暮らせる家を作るリフォームの費用や、リフォームをするときに注意したいポイントなどを紹介します。

リフォームとは?メリットやデメリット

リフォームとリノベーションの違い

雑誌やインターネットを使ってリフォームについて調べていると、「リノベーション」という言葉を見かけることがあります。

実は、リフォームもリノベーションも法的な定義づけはされていません。どちらも「古い家に手を加える」ことを指しており、基本的にどちらも同じといえます。

ただし、施工業者や雑誌などのメディアは「修繕や不具合への対処」を目的としているときは「リフォーム」、「機能や価値の再生」を目的にしている場合は「リノベーション」と呼んでいることが多いようです。

また、リフォームは「洗面台の交換」など部分的な改修を指すことが多いのに対し、リノベーションは「間取り変更」など大規模な改修を指すことも多いようです。

建て替えるより費用が抑えられる

大規模なリフォームで間取りまで変更するような場合、リフォームではなく建て替えを選ぶこともできます。建て替えは家を一から作ることになるため、間取りの自由度が高く満足感を得ることができます。

しかし、建て替えを行うためには現在の家を取り壊す必要があるため、家の建築費用のほかに家の解体費用がかかってしまいます。工事中は別の場所に住まなくてはならないなど、費用がかさむのがデメリットです。

既存の柱や壁を活用しながら改装するリフォームでは家を取り壊す必要がないため、建て替えのような多額の解体費用が発生しません。

また、範囲や規模によっては工事中も家に住み続けることができます。工事期間も短いため、建て替えるより費用を抑えることができます。

家の強度に不安が残ることがある

現在の日本で使われている住宅工法には、大きく分けて「柱と梁で支える工法」と「壁で支える工法」の2種類があります。

例えば、壁で区切られたリビングとキッチンを一つに繋げて広いダイニングキッチンにリフォームする場合、柱と梁で支えている家であれば壁を取り外しても強度はあまり変化しません。

しかし、壁で支えている家の場合、壁を取り外すと家の強度が大きく損なわれることがあります。開口部を付けるだけでも強度が変わるため、間取りを大きく変更するリフォームの場合は特に不安が残りますね。

また、2階部分にベランダを増設した場合などは1階部分に耐震補強や柱の追加工事が必要になることもあります。リフォームを行う前に耐震診断や建物診断を受けておくとよいでしょう。

子育て世代にとって不安が大きいお金のこと

リフォーム費用はどのくらいかかる?

子どもと快適に暮らせる家を作るためにリフォームしようと思っても、リフォーム費用が高額だと生活に支障が出てしまいます。リフォームにはどの程度費用がかかるのでしょうか?

リフォームにかかる費用は工事内容によって異なります。洗面台の入れ替えのようなリフォームであれば数万円から数十万円程度、浴室の全面リフォームなら百万円程度が目安です。

間取り変更などの大規模リフォーム、耐震補強とリフォームをセットにする場合は数百万円から一千万円以上かかることもあります。大規模なリフォームの場合、建て替えの方が安くつくかもしれませんね。

家の大きさや築年数などによって必要な工事内容も変化し、費用も変わります。具体的な費用を知りたいときは見積もりを取るとよいでしょう。

見積もりにのらない費用に注意しよう

例えば、キッチンをリフォームしてシンクを入れ替える場合、見積もりのなかには水道管の工事や壁紙、床の貼り替え、新しいシンクの代金と古いシンクの撤去費用などが含まれます。

しかし、新しいキッチンに合わせたサイズの冷蔵庫や食器棚といった家電や家具の費用は含まれていません。

見積もりで知ることができる費用は基本的に「工事費用」だけです。家具などの購入費用、リフォーム中の仮住まい費用、仮住まいからの通勤・通園費用など、見積もりにのらない費用もあります。

また、工事請負契約の印紙代やローンを組むための諸経費も見落としがちです。工事費以外に予想できる出費はあらかじめリストアップしておき、余裕をもって準備しておきましょう。

国の補助金制度が利用できる場合も

一般的にリフォームはすべて自費で行わなくてはなりません。しかし、リフォームの内容が「長期優良住宅化リフォーム」に当てはまる場合、国の補助金制度を利用できることがあります。

「長期優良住宅」とは、耐久性や省エネ性に優れ、維持管理がしやすい家のことです。リフォームによって「長期優良住宅化」すると、最大で300万円の補助を受けることができます。

ただし、「長期優良住宅化リフォーム」として認められるには、リフォームの前に建物調査を行う必要があります。補助金制度を利用したい場合は、契約する前に業者に相談しておくとよいでしょう。

なお、補助金制度の内容は年度によって変わることがあります。施工期間が年度をまたぐときは注意してください。

どちらを選ぶ?リフォームvs建て替え

工期や費用を抑えたいなら「リフォーム」

建て替え工事を行う場合、現在の家を一度解体し、家を新たに作り直すことになります。いうなれば家を新築するのと同じですので、工事期間が長く費用も高くなってしまいます。

一方、現在の家を壊さず手を加えながら活用するリフォームは、解体するのも一部だけにとどまるため工事期間や費用を抑えることができます。

間取りも一新する大規模なリフォームは、建て替え工事と同じくらいの期間がかかることもあります。しかし、再利用できる部分は再利用するため、建て替えよりも費用が抑えられるケースがほとんどです。

また、小規模のリフォームであれば現在の家に住んだまま工事を受けられるため、仮住まいを用意する手間や費用もかかりません。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC