就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが家を汚して困る。掃除のコツや困った子連れママへの対応は?

子どもが家を汚して困る。掃除のコツや困った子連れママへの対応は?

子どもがいる家ではママの掃除もなかなか追いつきませんよね。もっと効率よくきれいにできるコツを知れば、ママの負担が今よりも少なくなるはずです。また家の中をきれいにしていても、遊びに来ては散らかしていく子連れママがいる場合には本当に困ってしまいますね。そんなときの対応の仕方も一緒に考えてみましょう。

子どもがいる家庭での掃除のコツ

「いつでも100%清潔」は捨てよう

「子どもがいれば家が汚れていくのは当たり前」と、頭では分かっていても家のどこかに汚れを見つけたときには、ため息が出てしまうことも多いですよね。

確かに家が汚れていると衛生面でも不安なことが増えてきますね。しかし子育てをしながら「いつでも100%清潔に保つ」ことは無理に等しいですし、また大人だけで生活している場合も、そうすることは難しいのではないでしょうか。

「いつでも」と「100%」とを分けて考えて、【一瞬だけ100%清潔】や【いつでも70%清潔】くらいを目標にすると、掃除のハードルも下がりやすくなるでしょう。ママがストレスを溜めずに済むように、少しだけ考え方を変えてみるとよいかもしれませんね。

使ったら元に戻すクセをつけよう

部屋が散らかる原因のひとつに、使った物を出しっぱなしにしているということがあります。また、その場合は使いたい物がなかなかみつからずに困ってしまうことも多いですよね。

まずは家族みんなで使ったものは元に戻すクセをつけるようにしましょう。そうすれば部屋が散らかりにくくなりますし、物がなくなったときにも探しやすくなるでしょう。

また子どもがおもちゃなどを自分で片付けるときには、片付けるというよりもおもちゃの場所を移動させているだけのことが多いものです。

遊んだ後のおもちゃもきちんと元の場所に戻すことを教えてあげれば、部屋もきれいになりますし、子ども自身も整理整頓することを覚えられるので一石二鳥ですね。

「子どもは家を汚す」のが大前提

子どもたちは毎日食べこぼしたり遊んで散らかしたりと、どんどんと家を汚していくので、ママの掃除にもなかなか止めどころがないでしょう。

「せっかく掃除したばっかりなのに〜」
「こぼして欲しくないところに限って、なんでこぼしちゃうの…」
「気がつけば、毎日延々と掃除ばかりをしている気がする…」

いろいろなところからママたちの心の声が聞こえてきそうですね。

こんなときには「子どもは家を汚すもの」と受け入れることと、自分の中で「ここまではきれいに掃除する」という最低限のラインを作っておくことが大切です。家をきれいに保つことも大切ですが、掃除はある程度のところで妥協して、ママがきちんと休息を取ること優先させましょう。

子どもがいる家庭での掃除のやり方

普段の掃除は汚れた場所を重点的に

家の中をきれいに掃除したいと思っていも、ママには子どもの世話もありますからなかなか集中して掃除をすることができないですよね。

そのため、日常的な掃除は短時間で済ませられるように工夫をすることが大切です。まずは普段から汚れやすい場所を把握して、掃除のやり方まである程度決めておきましょう。

また、キッチンや水周りの汚れは特に、そのままにしておくと上からさらに汚れが重なってしまい、時間が経つと取れにくくなってしまいます。日常的に掃除をする流れの中で、気がついた汚れをその都度こまめに掃除していくことが大事です。

気がついたときにすぐ掃除できるように、その場所専用の掃除用具を置いておくのもよいですね。

月1回の掃除は普段できない場所を

家の中では普段掃除することのできない、掃除に時間がかかるような細かい場所もありますね。そういった部分を掃除するときには、効率を上げるために子どもが眠っている間や、保育園・幼稚園に行っている間に集中してやるようにするとよいでしょう。

月に一回、時間のあるときにローテーションで一箇所ずつでも掃除することができれば、ずいぶんと家の中もきれいになってくるはずです。

例えば…

・照明器具の埃取り
・お風呂の排水溝掃除
・洗濯槽のカビ取り
・子どものおもちゃ箱の整理と点検
・靴箱掃除と靴磨き

普段なかなか掃除できなくて気になっている場所を、日頃からリストにまとめて書き出しておけば、忘れてしまうことを防止することもできますね。

年1回の大掃除は断捨離も一緒に

年に一回の大掃除も時期をお盆にずらしたり、毎月何箇所かずつに振り分けたりと、近頃はさまざまな掃除のやり方に変わってきているようです。

子どもがいる家庭での大掃除は物の量も膨大ですし、なによりママに気合が要りますよね。毎年の大掃除がママの負担になってしまう前に、大掃除ごとに断捨離も行うようにしてみましょう。

子どもが遊ばなくなったおもちゃや入らない子供服で状態のよいものは、誰かにお下がりであげるのもよいですし、自分たちが着なくなった服と一緒にリサイクルショップへ持って行くのもよいですね。

シーズンごとに不要になった物を処分していくことで、収納スペースも確保できてさらに掃除もしやすくなるでしょう。

子連れママの訪問にはどう対応する?

遊びに来る前には十分な対策をしよう

毎日ママが掃除を頑張って家をきれいにしていても、友人が子連れで遊びに来たときなどには、部屋も汚れてしまいがちですよね。そのときには子どもたちが散らかすことを想定して、前もって対策を立てておきましょう。

例えば…

・ラグやじゅうたんなど汚れて困るものはなるべく外してしまう。
・リビングや子ども部屋以外のところでは遊ばせない。
・触られたくないものはすべてほかの場所に移す。
・テーブルの上にウエットティッシュを常備しておく。
・ポロポロとこぼれやすいようなお茶菓子を出さない。
・子どもたちの飲み物はコップには注がずに、紙パックのものを出すようにする。

これくらいの対策を打っておけばヒヤヒヤすることも少なくなるかもしれません。

それとなくアピールして気づいてもらおう

遊びに来た際に子どもがいくら散らかしていても、注意せずに放置しているママ友も中にはいますよね。そのときには自分の子どもに言い聞かせるついでに、ママが汚れを気にしていることをママ友にアピールしておきましょう。

例えば…

・おやつなどを子どもが食べこぼしたときには…
「こぼしたままだと汚いからきれいにしようね」と伝えながら掃除する。
・子どもがおやつを持ったままウロウロしだしたら…
「持ったまま食べるとこぼれちゃうしお行儀が悪いよ〜」と、椅子に座って食べるようにうながす。

部屋の汚れの感じ方には人それぞれに違いがありますから、自分がきれい好きでまめに掃除していることを、ママ友にも気づいてもらうようにするとよいでしょう。

角を立てずにやんわり断る方法はある?

家が汚れないように事前に対策を講じたりアピールしたりしてみても、相手にまったく変化が見られないときには、そのママ友からの訪問を断るのも一つの方法といえるでしょう。

訪問を断る理由としては…

「近頃、近隣住民の間で子どもの騒ぎ声が問題になっているから…」
「子どもたちのことが気になって話に集中できないから、別の場所に行かない?」

あくまでもやんわりと理由を伝えることができれば、相手も気を悪くせずに済みますし子連れでの訪問も減るはずです。また、そのときに散らかされる心配のない、ママたち大人だけで会う約束に切り替えるのもよいかもしれませんね。角を立てずに断ることで、ママ友とも今までどおり交友関係を保つことができるでしょう。

まとめ

子どもがいれば家の汚れに泣かされることも多いですが、それ以上にたくさんの幸せを感じられることもまた確かだといえるでしょう。いずれは子どもも大きくなって、家の中をみずからきれいにしてくれることが増えてくるはずです。それまではママは本当に大変ですが、みんなが住む家をきれいに保てるように無理のない範囲で掃除を頑張っていきましょう。

また自分が子連れで友人宅を訪問する際にも、子どもが相手の家を汚してしまわないように、しっかりと目を配りながら友人との会話を楽しめるようになりたいものですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018