就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが夢見る大きなツリーを作ろう!飾る場所を選ばない画用紙ツリーの魅力

子どもが夢見る大きなツリーを作ろう!飾る場所を選ばない画用紙ツリーの魅力

丸い画用紙で作るクリスマスツリー

スタンダードなモミの木のクリスマスツリーももちろんよいのですが、少し変わったデザインのツリーにするというのも楽しいですよね。丸く切った画用紙を並べて完成させるこのツリーは、作業する場所が狭くてもできるので、気軽に挑戦できます。

【材料】

・画用紙
・マスキングテープ
・シール など

【用意する物】
・セロハンテープ
・はさみ
・ペン
・コンパスまたは円を描ける丸いもの

【作り方】
1.画用紙を好みの大きさに丸くカットします

2.丸くカットした画用紙にシールやマスキングテープを貼ったり、ペンでイラストを描いたりします

3.三角形の木の形になるよう丸い画用紙を並べて貼り付け、下の部分に茶色の画用紙で木の幹や植木鉢をつけたら出来上がりです

丸の大きさを変えたり画用紙の色を変えたりするだけで、様々な印象のクリスマスツリーを作ることができますよ。

大きなクリスマスツリーは場所の確保が大変

クリスマスツリーを飾る際の問題点

息子が生まれて初めてのクリスマスに、我が家では90cmのクリスマスツリーを購入しました。本当は大きなツリーを飾りたかったのですが、早生まれの息子はちょうどつかまり立ちができるようになったばかりだったこともあり、安全面を考慮して息子の手が届かない棚の上に飾れる小ぶりなツリーを選択したのです。

翌年は、息子に手伝ってもらいながら一緒に飾りつけを楽しみました。完成したときには大喜びだった息子ですが、その後ショッピングモールや駅などに飾られている大きなツリーを見て、大きなツリーを欲しがるようになりました。

しかし、ツリーは昨年購入したばかりの新しいものですし、賃貸暮らしの我が家では物をできるだけ増やしたくないという思いもありました。また、大きなツリーの場合、倒れて子どもが怪我をする危険性もありますね。

ほかにも飾る場所の確保が難しい、収納場所に困る、予算が取れない、オーナメントの誤飲が心配というような理由で、私と同じように大きなツリーの購入を見送っているママも少なくないのではないでしょうか。

画用紙で作るクリスマスツリーの魅力

大きなツリーの購入は諦めましたが、息子の大きなツリーを飾りたいという願いは叶えたいと考えた結果、たどり着いたのが画用紙のクリスマスツリーでした。画用紙で作るツリーなら好みの大きさ・デザインで自由に作ることができます。

また、壁などに貼れるので比較的場所も確保しやすいというメリットもあります。大きなツリーを部屋の中に飾って床面積を狭くしてしまうと、子どもの遊び場が少なくなったり、掃除が面倒になったりしますが、壁に貼ってしまえばそのようなこともありません。

そして、ここ数年息子と一緒に画用紙のクリスマスツリーを作り続けていて、一番の魅力と感じたのが、ツリー作りをとおして息子の成長を感じられるということです。

2年前にまったくできなかったことが昨年はひとりでスムーズにできるようになり、今年は自分から「こうしたほうが可愛いかも」なんてアレンジまでしてくれるようになりました。

毎日一緒に過ごしていると、子どもの成長を実感できる機会は少ないですよね。しかし1年前と比べてみると、大きく成長していることを実感できるのです。

壁に直接貼れないときの対処法

築数十年の戸建て賃貸に住んでいる我が家は、部屋の仕切りに障子やふすまが多く使われていて壁が少ない昔ながらの造りになっています。同じように壁が少なかったり、賃貸物件のために直接壁に貼ることができなかったりして、画用紙で大きなクリスマスツリーを作ったとしても、貼る場所の確保が難しいこともあるかもしれませんね。

そのようなときには、模造紙に画用紙のツリーを貼り付けて突っ張り棒などに吊るしたり、コルクボードや大きなプラスチック版などを活用することで対処できますよ。

模造紙を使う場合、そのまま吊るすとすぐに破れてしまいますが、裏側の四隅に布テープを貼ることで強度を上げることができます。また、コルクボードやプラスチック版は、大きめのクリップで留めるだけで複数つなぎ合わせて好みの大きさにすることができます。

まとめ

画用紙のクリスマスツリーは、大きさもデザインも親子で自由に考えることができ、保管場所にも困らないというメリットがあります。また低予算で完成させることができるので、毎年新しく作り変えられるというのも嬉しいですね。

もし、大きな画用紙の木を何度も作成することが面倒であれば、木の部分にビニールテープを貼り付けてから飾り付けをおこなうことで、飾りの部分だけ綺麗に取り除き、翌年新たなデザインに仕上げることもできますよ。

ぜひ親子で楽しみながら、世界に一つだけのクリスマスツリーを完成させてくださいね。

あなたも記事を作ってみませんか?

teniteoではライターさんを募集しています!

「元保育士で工作に関する知識が豊富」「栄養士の資格を持っていて就業実績がある」など、ママたちの得意で好きなことを記事にしていただきます。資格がなくても「こんな企画があったら面白い!」「こんなテーマで記事を書いてみたい」というアイデアも大募集しております。

teniteoがみなさんの個人の活動を応援しますので、少しでも興味を持っていただけた方はこちらのフォームからご応募ください!
43 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND