就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦が美容院に行くときの注意点!産後を考慮したヘアケアをしよう

妊婦が美容院に行くときの注意点!産後を考慮したヘアケアをしよう

妊娠後期でもシャンプー台は大丈夫?

フラットタイプのシャンプー台は辛い

お腹が大きくなってくると仰向けになるのが辛いですよね。内臓も圧迫されて息苦しくなるため「妊娠中は横向きで寝てくださいね」と医師にアドバイスされることもあります。

美容院によってはイスがフルフラットになるタイプのシャンプー台のところもありますが、やや反り返りぎみの体勢になるので妊娠後期のママには辛いかもしれません。

ただ、シャンプー中は横を向くことができないので、何か工夫する必要がありますね。首の下にタオルを1枚敷いてもらうと少し楽になるかもしれません。また、少しお行儀が悪いですが膝を立てて仰向けに寝るとちょっとは楽になるというママもいます。妊婦の仰向けは絶対NGということはないので、少しでも楽な体勢を見つけましょう。

座るタイプのシャンプー台なら負担が少ない

シャンプー台には、イスに座った状態で首をやや後ろに傾ける程度で洗えるタイプもあります。妊娠後期になると多くのママが辛いと感じる仰向けの体勢になる必要がなく、楽だったというママもいるようです。

お店によって設置しているシャンプー台の種類は違いますので「仰向けになるのに自信がない」という妊婦さんは、お店に問い合わせをしてみるとよいでしょう。お店によっては2種類設置しているところもあります。「仰向けが辛い」ということを美容師さんに伝えると、座るタイプのシャンプー台でシャンプーしてもらうことも可能です。

また、どのシャンプー台でも首の下にタオルを1枚敷いてもらうことはできます。首が辛いときはお願いしてみるとよいですよ。

シャンプーを省略することも可能

工夫をしてもシャンプーしてもらうのがどうしても辛い場合は、シャンプーを省略することも可能です。もちろん施術内容によります。

カラーやパーマなど、髪に薬剤をつける施術は流す必要があるので、シャンプーするのが無理なら断られるかもしれません。ただ「流すだけの短時間なら耐えられそう」という場合は、美容師さんに相談してみましょう。


短時間でも耐えられそうにない場合でも、カラーやパーマのように薬剤を使用しないカットは髪が乾いた状態でできますよ。「シャンプーをするとしんどいので、シャンプーなしでカットしてもらうことはできますか?」と伝えましょう。美容師さんに嫌な顔をされることはないので、安心してくださいね。

出産を控えた妊婦に向いているスタイルとは

赤ちゃんのお世話のしやすさ重視のショート

お手入れも簡単で赤ちゃんのお世話をするときも邪魔にならないのがショートヘアですね。ゆっくりシャンプーする暇もないママは、ドライヤーの時間もないのが現実です。

その点、ショートであればドライヤーをかける暇がなくても、赤ちゃんのお世話をしているうちに乾いてしまうこともありますよね。ショートといってもベリーショートやショートボブなど色々なスタイルがあります。

頻繁にカットに行かないとシルエットが崩れてしまうのがショートの難点ですが、美容師さんと相談して多少伸びてもスタイルをキープできる髪型にしてもらうとよいかもしれませんね。アクティブなイメージもあるショートは、元気なママのイメージにぴったりです。

妊娠を機に、ショートにするママも多いようです。

産後もきれいを保ちやすい結べる長さ

ギリギリ結べる長さの髪は意外と邪魔にならず、アレンジ次第でフェミニンにもアクティブにも見える便利な長さです。何より、多少伸びてもシルエットの変化が少ないので頻繁にカットに行けないママに嬉しい髪型といえます。

ショートは確かにお手入れは楽ですが、中途半端に伸びてきた状態を放置してしまうと顔周りに髪が垂れてきてうっとうしくなることもありますよね。また、その髪を赤ちゃんが掴んで離さない、しゃぶるなど被害も出てきます。

きちんと髪をまとめることができると、そうした被害も受けずに済みますよ。自宅ではきっちりまとめて、外出時には自然に下ろして、簡単にイメージを変えられるのもママの支持を集める理由かもしれませんね。

アレンジを楽しむならロングもあり

妊娠前からロング派という妊婦さんは、妊娠したからといってその信念を変える必要はありませんよ。お気に入りの髪型や長さを諦めずに妊娠期間、産後を過ごすことも可能です。多少ドライヤーの時間などの調整が必要かもしれませんが、それさえ気にならなければ髪が長いことにもメリットがあります。

ミディアムと同じように結んでしまえば邪魔になりませんし、ヘアアレンジを楽しんで色々な髪型に挑戦してみるのも、産後の小さな楽しみになるかもしれません。ポニーテールやお団子ヘアにすれば見た目もスッキリしているので、家事に育児にと活動しやすいですね。

妊娠したらロングはNGと思っている妊婦さんも多いようですが、そんなことはないので自分の好きな髪型で赤ちゃんを迎えましょう。

まとめ

産後の忙しさで真っ先にないがしろになるのは、ママの美容や身だしなみにかける時間ではないでしょうか。特に髪の毛は自分で切ることが難しいため「早く美容院に行きたい」というもどかしい思いを抱えながら産後を過ごさなくてはいけなくなります。

やはり、産前のヘアケアが大事になってきますので、体調を考慮しながら余裕を持ったスケジュールで美容院を予約しましょう。産後、髪の毛のスタイリングにかける時間が少しでも短縮でき、美しい髪型を長くキープできるとよいですね。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版