就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

予定日を計算して出産するには?家計や育児の負担から考える家族計画

予定日を計算して出産するには?家計や育児の負担から考える家族計画

赤ちゃんは授かりものですが、後々のことを考えると生まれる月や兄弟姉妹の年齢差を考えて出産したいというママもいるのではないでしょうか。家計や育児の負担を考える家族計画をしたいと思っているママに、予定日の計算方法や得になる生まれ月、育てやすい季節、兄弟姉妹の年齢差の特徴などをまとめて紹介します。

出産の時期を計算して妊娠する方法とは

出産予定日までの月数や日数の数え方

計画的に出産をしたいと考えているのであれば、出産予定日までの数え方を知っていると計画しやすいですよ。出産予定日は最終月経開始日から数えて280日目、40週とされています。

これは月経周期が28日の場合を基準にしていますから、周期が違う場合は計算がずれていきますので注意してください。詳細な出産予定日は、妊婦健診で最終月経開始日と胎児の成長をみながら産科医が教えてくれます。

妊娠中は7日間で週数を区切り、妊娠0~6日を妊娠0週、妊娠7~13日を妊娠1週と数えます。妊娠月数は28日間を1カ月とします。妊娠何カ月なのか、妊娠何週なのかでみられる特徴を説明している情報が多いですから、数え方を知っているとわかりやすいですね。

ネーゲルの計算方法を使って逆算する

妊娠予定日を計算する方法として、ネーゲルの概算法があります。最終月経日から計算をする方法です。

まず、最終月経の月から3を引きます。3をひけないときは9を足してください。これが出産予定月になります。出産予定日は、最終月経の日に7を足すのです。

例えば、最終月経が12月26日とします。出産予定月は12-3=9月です。出産予定日は26+7=33日ですが、33日はありませんので、9月は30日までですから、33-30=3日。よって、出産予定日は10月3日ということになります。

計算だけで出産予定日がわかりますから、便利ですよね。ただ、この計算方法も月経周期が28日の場合ですから、それ以外の周期の人はズレが生じてしまいます。

家族計画アプリを使って簡単にチェック

出産予定日を計算するのも面倒というママには、家族計画アプリを使ってみませんか。簡単にわかりますよ。

「子作りチェッカー」というアプリは、子作りをした日を入力すると出産予定日が出てきます。産みたい日を入れるだけで、いつ頃子作りをしたらよいかもわかります。

「産みたい日チェッカー」も同じように出産予定日や安定期がいつからかもわかりますから、安定期にいろいろと体験したいと考えているママは、安定期がわかるのも便利ですよね。1人目との年齢差もわかるようになっていますし、妊娠や出産にかかる費用についても教えてくれます。

出産予定日の目安がわかるだけでも便利ですよね。ママのやりやすい方法で出産予定日を計算して妊娠を目指してみましょう。

児童手当や税金面でお得な生まれ月は?

児童手当の総支給額が高いのは4月生まれ

児童手当は年に3回、国から支払われている給付金です。子どもの年齢や兄弟の人数によって支給額が決まっています。

子どもが生まれてから14日以内に申請して手続きしたら、翌月分から支給され、中学校を卒業する年の3月まで支給されます。支給が終わるときは一律で決まっていますが、支給が始まる月はそれぞれで異なるわけですから、支給される期間の長さが変わってきてしまうのです。

1人目の子の場合、4月で生まれた子どもは一番長い期間もらえ、総額は209万円になります。一方で、3月生まれの子どもでは総額198万円になり、4月生まれの子どもと11万円も差があるのです。

児童手当の総支給額は、4月生まれが一番多くのお金をもらうことができるわけですね。

扶養控除で有利な4月2日~1月1日生まれ

子どもがいる家庭では、子どもを扶養しているとして税金が控除されます。0~15歳までは児童手当が支給されていますので、児童手当が支給されておらず教育費もかかるであろう16歳以上の子どもがいる家庭が控除の対象になります。

子どもが控除の対象年齢にあたるかを判断するのは、12月31日時点の年齢になります。こうした判断のしかたでは、1月2日~4月1日に生まれた早生まれの子どもは、12月31日の時点で16歳ではありませんからその年の控除の対象外になってしまいます。

同じ学年でも1月1日に生まれた子どもは控除の対象になりますから、4月2日~1月1日の遅生まれとして生まれた子どものママやパパは扶養控除で有利になるのです。

11月~12月生まれは医療費控除でお得に

医療費控除とは、1月1日~12月31日までの1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、一定額の税金が戻ってくる制度のことをいいます。病気だけでなく出産でかかった費用も控除の対象になりますので、出産したママにも関係のある控除になります。

妊娠や出産にかかったお金は、妊婦健診は市町村から補助券が出てほぼ無料でできますし、出産育児一時金もありますので、出産で実際に支払うお金も少なくなってきています。そのため、出産にかかる費用はできるだけまとめて申請をすれば、控除される金額が増えるのです。

そう考えると、11~12月生まれの子どもは、妊娠がわかってから出産にともなう費用を1年間分まとめて申告ができるため有利といえるのです。

生まれ月で不利になることってあるの?

10~3月生まれは成長が遅く感じることも

子どもが小学校にいくまでの期間は、すごいスピードで成長しますので、成長のスピードを周囲と比較しがちです。同じ歳のお友だちが話し始めたのに、自分の子どもがなかなか話さなかったら気になりますよね。

4月2日生まれと3月31日生まれの子では、同じ学年でも生まれた日がほぼ1年違いますから、できることにも差が生じます。ですから、10~3月生まれの子どもの場合、4~9月の子どもと比較して成長が遅く感じることもあるでしょう。

できないことがあったり、何事にも時間がかかったりすると、ママも心配することが多くなるかもしれません。小学生になれば生まれ月は気にならなくなると思いますが、それまでは10~3月生まれは不利に思うこともあるでしょう。

医療費無料期間が一番短いのは3月生まれ

住んでいる自治体で違ってくると思いますが、おおよその自治体で子どもの医療費は無料や一部のみ負担になっていると思います。「3歳までは医療費無料」「小学校にいくまで医療費無料」などがありますよね。

医療費無料期間はある歳になる年度末までと決まっているところがほとんどですから、3月生まれは規定の年齢になったらすぐに無料化が終了することになります。例えば3歳まで医療費無料であれば、4月生まれの子は3歳11カ月まで適用されますが、3月生まれの子は3歳になったらすぐに年度末を迎えますから、無料化がすぐに終わってしまいます。

4月生まれと比較すると、補助を受けられる期間が約1年も違ってくるのです。ママとしては医療費無料期間が長いとうれしいですよね。

10~3月生まれは保育所探しが大変に

働いているママにとって、保育所探しは妊娠する前から準備が必要な重要なことになります。保育所に預けられなくては、仕事復帰も難しくなりますから必死ですよね。

保育所には認可園と認可外の園があります。認可園は子どもを預ける年齢が決まっており、産休明けの生後57日以降に預けられるところが多いと思いますが、早生まれの子どもの場合、4月の時点で預けられる年齢に達していない場合が多くなります。

おおよその自治体で11~1月に保育所の申し込みをするところが多いですから、その時点で生まれていない場合は、申し込みすらできません。認可外の保育園は預けられる年齢が早いところもありますが、料金が高いですし、預けるか迷うところですね。

出産する季節で育児の負担はどう変わる?

過ごしやすい気温の春と秋生まれ

子どもに関するお金のことを考えるのではなく、子どもを育てやすい時期に産みたいと考えているママもいると思います。日本には四季があり、生まれた季節で過ごしやすさも違ってきます。

過ごしやすい気温の季節は春と秋ですよね。夏のように暑ければ、脱水状態にならないか、日焼けやあせもが心配になるかもしれませんし、冬のように寒ければ風邪をひかないか不安になるでしょう。

子どもが生まれてママの体も本調子ではないですから、過ごしやすい気温で心配することが少なく育児に集中できるのは楽ですよね。お世話で大変な入浴や夜間の授乳もしやすいですよ。

それぞれの季節で特徴があり、ママも赤ちゃんも過ごしやすい春と秋生まれは人気があるのかもしれませんね。

着替えやお洗濯が楽になる夏生まれ

夏は暑い日が続きますので、冷房をうまく使って赤ちゃんにとって適温の部屋で過ごす必要があります。汗をかきやすい赤ちゃんですから、脱水状態になるのも気をつけたいですね。

赤ちゃんは汗をよくかきますし、よだれや飲みこぼれ、おしっこ漏れなどで服を汚すことも多く、着替えも多くなります。夏は赤ちゃんが着る服も枚数が少ないですし、洗濯するものが増えたとしてもほかの季節よりも少ない量ですし、洗ったものを干したらすぐに乾くのも助かります。

入浴しても風邪をひかせないようにと気にすることも少なくて済みます。あせもができないように保湿をして、外に出るときは日焼け止めを塗って日よけしましょう。夏生まれもメリットとデメリットがあるわけですね。

寒くて体調管理が難しい冬生まれ

冬は寒くなりますので、赤ちゃんが体調を崩さないように部屋の温度も適温に保ち、湿度も保ちながら環境を設定することが必要になります。服は重ね着をすることで保温性を高め、体温調節ができない赤ちゃんに代わって、ママが温度調節することも大切ですよ。

入浴も湯冷めしないように、便利グッズを使うことや部屋を暖めるなどして工夫しましょう。ママも湯冷めして風邪をひいたら大変ですから、バスローブを使うなどして素早く対応する必要がありますね。

冬は風邪やインフルエンザも流行します。人込みにいくと病気がうつるかもしれませんから、人込みに行かないように行動範囲を気にする必要があります。

出産する季節によって気にかけることや育児の負担が違ってきますね。

兄弟の年齢差で家計や育児の負担は?

年齢が近いと育児の負担が集中する

子どもを2~3人は欲しいと考えているママやパパは、兄弟の年齢差をどうしようか考えることもあると思います。願っているとおりになるとは限りませんが、各家庭の事情によって考えてみるとよいかもしれません。

まず、年齢が近い兄弟の場合、子どもに手のかかる時期が短期間で済みます。兄弟も年齢が近いと興味をもつことも似てきますし、一緒に遊んでくれるので育児の負担は軽くなるでしょう。

ただし、高校や大学入学の時期が近くなりお金のかかる時期が重なりますから、その時期の経済的負担は大きくなります。育児の負担を集中させることで、その後はママが仕事に集中して経済的負担に対応することもできます。どのようなライフプランを立てるかで考えてもよいでしょう。

年齢が離れていると家計の負担を分散できる

兄弟の年齢が4歳以上離れていると、1人目の育児が一段落したところで、次の子が生まれてくるわけです。1人目の子も、ある程度状況が理解できる年齢になっていますから、2人目の面倒をみてくれるかもしれません。

兄弟の興味や関心も違ってきますから、ケンカになることも少ないかもしれません。4歳以上年齢が離れていると学校の入学や卒業が重なりませんから、お金がかかる時期が重ならず経済的な負担を分散することができます。

ただし、ママは育児をする期間が長く続くことになりますから、長期間負担がかかるかもしれませんね。1人目の育児中と比較して、ママやパパも歳をとり体力も落ちているでしょうから、体力的にもしんどくなるでしょう。

1人目との学年差を計算する方法

ママやパパがどのような兄弟関係を築いてほしいかで、理想的な学年差がわかります。どの年齢差もメリットとデメリットがありますから、何を一番大切にしたいかで考えてみるとよいですね。

理想的な学年差を決めたら、希望どおりの学年差にするために、いつ子作りをしたらよいかを計算してみましょう。

例えば、2歳の学年差を希望している場合、1人目が4~7月上旬生まれとすると、1歳の7月中旬~2歳の7月上旬の間に2人目を妊娠できるようにします。7月下旬~3月生まれだった場合は、0歳の7月中旬~1歳の7月上旬までに妊娠するのがよいということになります。

1人目が4~6月生まれで、ママがすぐに2人目を妊娠したら同学年になってしまうこともありますから、注意してくださいね。

年が近い1~3歳差のメリットとデメリット

お下がりや兄弟割引が使えて経済的

兄弟の年齢差が近い場合のメリットとしては、子育ての時期が重なりますから1人目に使った育児用品や服などは2人目にも使えるということがあります。改めて購入するとなると経済的にも大変ですし、収納スペースにも困るでしょう。一定の期間で必要なものを継続して使えるわけですから、ママやパパも楽ですね。

また、保育園や幼稚園の中には、兄弟で同じ時期に在園する場合、2人目の入園金が半額になったり、無料になったりと割引制度があります。園の中には、兄弟で同時在園すると年度末に一部のお金を返金してくれるところもあります。

経済的に楽になる分、その時期に貯蓄をして子どもが成長してからかかってくる教育費に回すことを考えてもよいですね。

手のかかる時期が重なって育児負担が大きい

子どもの歳が近いと育児が一段落する前に、また同じことを繰り返して育児をすることになりますから、育児の負担が一時期に集中することになります。

もし年子であれば、2人目を妊娠して体調が不安定なときに、1人目を抱っこすることや育児をすることになりますし、2人目が生まれてからは1人目をおんぶして2人目は抱っこ、などということもあるかもしれません。

2歳差になると、1人目がイヤイヤ期にさしかかります。つわりで体調が思わしくないときにイヤイヤ期の子どもの相手をするのも大変です。2人目が生まれることで1人目が赤ちゃん返りをして、一度できていたことができなくなるということも珍しくはないので、ママもゆっくりする時間はないかもしれません。

お祝い行事や進学などが連続で資金面が大変

子どもが生まれるとお宮参り、七五三、入園式、卒園式、入学式などとお祝い行事が節目にあります。そのたびにいろいろと準備することがありますので、ママやパパは資金も時間も大変ですね。

お金もかかりますから、1人目の行事が終わった途端にすぐに2人目の行事が巡ってくることになり、常に資金を工面する必要があります。子どもが小さいうちはかかるお金もそれほど多くはありませんが、高校や大学に進学するとなるとかかる教育費は桁が違ってきますね。

子どもの教育費の資金を工面する期間が短いですから、かなり計画的に資金を貯める必要がありそうです。ライフプランを立てて、いつどのくらいの資金が必要になるのか、早めに貯蓄していくようにしましょう・

4歳以上離れたときのメリットとデメリット

行事が重ならず教育費が準備しやすい

今度は歳の離れている兄弟の場合を考えてみましょう。4歳以上年齢が離れていると、行事が重なることはほとんどありません。高校入学や大学入学で1人目に教育費が必要になったとしても、2人目の資金を用意するまでに時間がありますから、その間に貯蓄すればよいので安心です。

教育費はママやパパもお金をかけてあげたいと思うでしょうから、計画的に子どもが小さいうちから貯蓄しておきたいですね。兄弟の年齢が離れていることで、1人目に教育費をかけすぎて、2人目には我慢してもらったなどということが起きにくいのも安心です。

子どもにかかる出費が分散されることで、1人ずつにきちんとお金をかけられますね。子どもにはできるだけ平等に対応したいものです。

喧嘩も少なく2人目のお世話が楽に

兄弟で年齢の差があると、興味のあるものが違ってきます。年齢が近くて興味のあることが同じだとおもちゃを取り合ってけんかすることもあるでしょうが、年齢差があれば興味のあるものが違いますからケンカにもなりにくいのです。

また、1人目は2人目を小さい子だと認識して対応してくれますから、面倒をみてくれるようになるでしょう。5歳以上の年齢差があれば、1人目は単純に2人目が可愛いと思ってくれるでしょうから、安心です。

ママも1人目に手がかからなくなる分、兄弟はいても2人目に手厚く集中して子育てができそうです。歳が離れれば離れるほど1人っ子が2人いるという感覚になり、2人目のお世話が楽になってく
るといえるでしょう。

子ども用品の買い替えが必要で出費がかさむ

子どもの年齢が近いと使っている育児用品も、そのまま継続して使うことができますが、年々変化している育児用品は4年以上経つと機能が悪かったり、形が古かったりで使うことができないかもしれません。服に関しても古臭さを感じれば着せたくなくなるでしょう。

ママが恥ずかしくないように、楽に育児ができるようにと買い替えをすることにしたら、出費がかさみますね。また、1人目のときはよいといわれていたものが、2人目ではやめた方がよいといわれるようになることもありますから、そのときどきで必要で揃えるものが違ってくることもあります。

歳が離れていれば離れているほど、1人っ子のようにそのときどきで必要なものを用意することになったら経済的にも大変ですね。

出産日を予測計算するうえでの注意点

出産予定日がずれることも考えておこう

妊婦健診を初めて受けたときに出産予定日を教えてもらい、その予定日を中心にして出産の準備を始めているママがほとんどだと思います。産科医にいわれた出産予定日に生まれると信じて過ごしているママも多くいるでしょう。

しかし、予定日はあくまでも予定日ですから生まれてくる日がずれることもあります。初めての出産では予定日より遅くなるといわれ、二度目以降の出産では予定日よりも早くなるともいわれています。

予定日どおりに生まれてくる子どもは、全体の2%程というデータもあるようですから、妊娠37週目以降から41週までの正期産の時期に生まれるだろうと思っておくぐらいがちょうどよいかもしれませんね。予定日はあくまでも目安としておきましょう。

1人目が帝王切開なら妊娠時期は相談して

ママの体に負担がかかるといわれている帝王切開。ママのお腹と子宮を切って赤ちゃんを取り出すのですから、大変なことですよね。

帝王切開で切った部分は子宮が薄くなりますから、再び妊娠したときに胎児が大きくなると子宮破裂の危険性があります。リスクを考えると、ある程度子宮が回復してから、次の妊娠をしないとママの体も心配ですよね。

帝王切開をした後は、6カ月~2年間は妊娠をしない方がよいといわれていますから、赤ちゃんの年齢差を考えるだけでなく、ママの体の回復をきちんと確認してから妊娠する方がよさそうですね。

ママの体を考えたら1~2年は妊娠せずに過ごしましょう。1人目を出産後に産科医に次の子を妊娠する時期を相談しておくと安心です。

ママの体調も考えてパパと話し合おう

赤ちゃんを生むことはママだけの問題ではなく、家族みんなの問題です。ママとパパでいつ頃次の子どもを作るのか、子どもは1人だけにするのか、などきちんと話し合いをしましょう。

出産も大変なことですが、育児はもっと長い期間続きますし大変なことも多いのです。ママの体調の回復も順調にいけばよいですが、睡眠不足や育児疲れなどからなかなか回復しないことも考えられます。

ママの体調がよくなければ家族みんなに負担が増えますから、ママの体調が回復することを最優先して次の子どものことを考えましょう。

子どもが増えた分、パパの協力も必然になります。パパに協力する覚悟をしてもらってから妊娠を考える方が、ママも安心して妊娠、出産、育児に挑戦できますね。

まとめ

家族計画は経済的な面や育児の負担面などいろいろな側面から考えることが必要になります。ママとパパがどのような家族を作りたいのか、どのような形で育児をしていきたいのかなども考えて、兄弟の年齢差や出産時期の目標を決めるとよいですね。

目標を立てても、妊娠や出産は計画どおりにはいかないでしょうから、臨機応変に対応するつもりでいるとよいですね。子どもを授かることは奇跡に近いことですから、小さな奇跡の積み重ねを大切に、そして楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR